コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想

2010-06-19 15:46:25 | Angel Beats!(2010春)

 今回は戦線メンバーの影との総力戦。戦う面々の姿がカッコよかったです。黒幕は一体誰なんでしょうか。今回は見せ場が多くて観ていて飽きませんでした。やっぱり仲間はいいですね…。


 今回もOPなしで本編スタート。影の効果音がグロくて怖かったです…。深夜見ていると更に。影に立ち向かう奏がとてもカッコよかったです。なんか別作品のよう。奏に影をひきつけてもらっている間に、音無達は戦線メンバーに会いに行く事にします。

 そうして前半が始まってから早速成仏タイムの始まり。まずは残されたガルデモメンバーです。ガルデモメンバーは音無達を待っていて、自分達はもう満足した、岩沢とユイ以外にボーカルはもういないと、満足して消えることを決めたと伝えます。皆この世界にずっと留まり続けるわけにはいかないと分かっていました。
 そうして音無に思いを託し、一足早く皆で消えて行きます――。最後まであっさりした扱いのガルデモのメンバー達でした。自分達で満足して消えることができるというのにびっくりでした…。直井はこういう時も相変わらずでした。気付けば日向と直井がデコボココンビに。

 その後音無達は外にいる影を倒そうとしますが、影が多すぎてピンチに…。ですがここで野田、大山、藤巻、TKと続々と戦線メンバーが加勢!松下五段もここぞというタイミングで帰って来ました!この音楽がなんだか懐かしい…。山ごもりでやせすぎていて驚きました。変わる意味はよく分からなかったですが…。音無さり気に反応良すぎ。
 でも男子メンバーが終結して戦う姿はとてもカッコよかったです~。特に野田。最後までゆり一筋というのがさすがです。藤巻は自分が消えていても分からないだろうと、自分がどう思われているかちゃんと分かっていたんですね…。なんか泣けてきます。TKに持っていかれてしまいましたが…。
 皆無事に消えようと誓い合い、影に向かっていきます。

「よし、突破するぞ!」

 ほとんどの戦線メンバーは音無の話を理解し、受け入れていました。その後椎名も加勢に。それで日向とついでに直井を連れ、音無は地下へと向かいます。

 ゆりはギルドへの道を進んでいきます。その中でギルドの長に遭遇。ギルドの長も戦いが終わると聞き満足して、ゆりに銃を託し去っていきます…。この人の扱いもあっけなかったような…。ギルドが黒幕だったということはなさそうです。
 そんな中ゆりは奏ちゃんと仲良くなれたかもと、もしもの可能性に思いをはせます。でも思い出すのは生前兄弟を守れなかったという過去…。この話中の皆勢ぞろいの図はここで出すのが惜しいくらいクオリティが高かったです。最終回のエンドカードに出してもいいくらい…。
 そんなふうに考えている間にも影の襲撃が…。ゆりはひたすら消えろを連呼し、攻撃を続けます。ですがそんな中ゆりにある異常が…。


 後半。気付けばゆりは学校で普通に授業を受けていました。普通に女友達・ひとみもいて、気になる相手もいたりとゆりにとっては理想の学園生活だったんじゃないかと思います。先行カットで出てきたいた女の子はこの世界の子だったんですね。大事なキャラだったのか、そうでないのか…。ゆりは中村と呼ばれていましたが、これがゆりの苗字なんでしょうか。トイレのシーンが妙にリアル…。
 そんな中、ゆりはこの世界が幻だとなんとなく気付きます。そしてゆりは授業中にさされた時、自分の思いを皆に向けて語ります。作品のテーマの人生という言葉がまた印象に残りました。そしてゆりはこの世界に別れを。

「だってそんな人生、
 一生受け入れられないから!」

 気付けば教室の人は消え、音無に手を引かれ現実に戻ってきます。そこには日向と直井も。奏がここまで連れてきてくれました。奏がかわいい…。音無もゆりと戦うことに。日向もゆりを心配。服の乱れで照れるゆり良かったです~。

 ですが行く先にはやっぱり影の群れが…。でも奏の力で殲滅。奏やっぱり最強。音無達もここで奏達と影を食い止めることに。ゆりは一人で先へ向かいます――。


 第2コンピューター室。その部屋にはパソコンがたくさん積まれていました。その先にいたのは一人の男子学生の姿をしたNPCでした。

「よくたどり着けましたね」

 やっぱり黒幕は新キャラでした…。キャラがよさげなのでそこまで嫌な感じはしませんでしたが。声が石田さんと重要なキャラっぽいですが、名前はないようで名前表記も謎の青年でした。キャラデザがクールでカッコいいだけに、今回で出番終了だとしたら惜しいキャラだったと思います。クライストのポジションで今まで出ていたら面白くなったのになーとか思ったり。今回クライスト、一体どこにいたのか謎です…。

 話はまず「ANGEL PLAYER」の話に。今までも奏の武器などを生み出すソフトとして作中に何度か出ていましたが、このソフトはこの世界の仕組みを変えることもできるようで、今回の影が出てきたのも謎の青年がこのソフトを使ったからのようですが、謎の青年はNPCでしかなく、プログラミングで動くだけの存在。プログラムを仕込んだのはそのANGEL PLAYERの製作者のようです。

 で、後半はほとんどがそのゆりと謎の青年の会話で占められていました。この死後の世界の成り立ちに関わる話なのですが、この話が結構どういうことか分からず感想を書く時苦労しました…。
 整理してみると、ここで明かされた事実はこんな感じ。2chで出ていた意見を元に自分なりに整理していました。自分でも整理しきれないのでおかしいところもあると思いますが、ご容赦下さい。AngelPlayerの製作者がなんだかかわいそう…。


・生前に満足できず死んだ若者が成仏する前に来る世界がある
・中には例外的に未練なく死んだ人が
 記憶喪失になって迷い込んでくることも(音無)

・この世界で愛が芽生えるというバグが起きると、ここは永遠の楽園に変わる。
・でもそうなってはいけない、ここは卒業するべき場所だと考えた人物がいた。
・それがANGEL PLAYERの製作者。

・記憶喪失者が来ると愛が芽生えるというバグが起きる。(ユイ回が関連?)
・影を発生させることでNPC化させリセットすることもできる。
・そうなったただ一人の人物が、ANGEL PLAYERの製作者。

・AngelPlayerの製作者はこの世界である女性と愛を知った。
・それで女性は愛を知り消えたが、
 AngelPlayerの製作者は消えることができなかった(バグだから?)

・AngelPlayerの製作者は、
 消えた女性にもう一度会いたいと思い、待ち続けようとしたものの、
 待つ時間があまりにも長すぎて、自ら発狂しNPC化してしまった。

・自分と同じ悲劇が起こらないように、AngelPlayerの製作者は
 愛が芽生えないようにバグを修正するプログラムを仕込んでいた
(影のシステム)


 話の後、謎の青年はゆりなら世界を変えることができるかもしれないと、神のような存在になれと促してきます。それでゆりも最初は不気味な笑みを浮かべ歓喜します――。神になれると大喜びするゆりには本当にゾッとしました…。なんかヤンデレっぽくて妙な怖さが…。
 でもその後ゆりはすぐに冷静に。結局ゆりの演技だったということで安心しましたが、天使のことを奏と呼んでいなければ本当に疑っていたと思います。ゆりが神になる展開もある意味面白いと思いますが、安直な気がするので、そうならなくてよかったです。

 そんなふうに思いを語るうちにゆりから愛の力が…。ゆりはみんなのため、仲間のために戦おうとします。仲間はやっぱりいいですね~。時間は永遠にたっぷりあるとゆりの覚悟を鈍らせようとする謎の青年ですが、今のゆりには通用せず。


「あのね…教えてあげる。
 人間っていうものは、たったの10分だって
 我慢してくれないものなのよ!!」


 そうしてゆりは覚悟を決め、パソコンを次々と破壊していきます――。そして最後に謎の青年を撃ち、その存在を消します。このシーンを見て、ゆりももう一人の主人公だったのかもしれないなと思いました。

 そうしてプログラムも破壊され、残ったのはパソコンの残骸。なんかパソコンの残骸って妙に絵になるなーとか思ったり。その残骸の中でゆりは座り込んでしまいます…。ここのED曲は反則でした…。ゆりの画も綺麗でよかったです~。ゆりの思いが切ない…。
 遠のくゆりの意識。そんな中ゆりが見たのは弟と妹の三人。三人はゆりに暖かい言葉をかけます。


「ありがとう。もう十分だよ」

「もうおねえちゃんだけ苦しまなくてもいいよ」
「長い間、おつかれさま、お姉ちゃん!」


 その言葉にゆりも救われ、涙を流します……。ゆりの長い戦いが終わった瞬間だったのかもしれません。ゆりの表情がじんわりきました…。正直どうしてこうなったとか分からないことだらけですが、このシーンには謎な感動がありました…。
 そしてここでいつものEDに!見納めなのか、皆勢ぞろいです。日向とユイが~。TKと同じポーズと取る松下五段に笑。

 そうしてゆりはそうして満足し、消えていきました――

 …と思いきゃ。ゆりはまだ消えず、保健室に運ばれていました。そしてその傍らには音無・日向・直井・奏がいて…。音無達もまだ消えていなかったようですね。そんな状況に戸惑うゆり…。もう少し話は続くようです。今回が実質最終回だと、どこかで見ましたが納得しました。


 次回は「Graduation」泣いても笑っても次回がAB最終回です。予告は音無のセリフのみ。

 みんなと過ごせて…本当によかったです。
 ありがとうございました。
 卒業生代表、音無結弦。

 いつもより短めで、ああ次回が最終回なんだな…と改めて感じました。こうなるとやっぱり皆で卒業して消えていくんでしょうか。その時音無と奏がどうなるのか見守っていきたいと思います。AngelPlayerの製作者の話的に音無が消えるのは難しそうですが、とりあえず奏の過去だけはどうにか明かして欲しいです…。

 今回も意味不明な部分は多かったですが、最初から最後まで観ていて飽きませんでした。きっとキャラが生き生きとしていたからだと思います。でもなんかエヴァっぽかったと思ったのは私だけなんでしょうか…。今回でまた謎が増えて収拾つくのか心配。AngelPlayerの製作者にも何らかの救済があったらいいのですが…。謎の青年以上の黒幕はもういないんでしょうか。
 ABは終盤になるほど面白くなってきたと思います。これで中盤までのキャラの掘り下げがわざとらしくなかったらよかったんですが…。とりあえず話はおいておいて、今回みたいな謎な感動が最終回でもまた感じられるといいなと思います。本当にABは最初から最後まで謎な作品でした。

 ではまた次回に!


コメント (8)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
« おおきく振りかぶって~夏の... | トップ | GIANT KILLING(ジャイアント... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第12話観ました。 (ひらがなでことみ)
2010-06-19 19:58:08
こんばんわ、ソウキさん。
なにか最後のゆりと弟と妹2人の会話でEDに持って行くシーンは最終回みたいな感じでしたね。

>でもなんかエヴァっぽかったと思ったのは私だけなんでしょうか…。
いえいえ私も謎の青年、声が石田さんでしたので、話し方もカヲル君っぽいなぁと、エヴァだなぁと思いました。
EDも日向とユイのじゃれあってるカットがあったので微笑ましく感じました。
さて次週で最終回どうなふうに終わらすのか楽しみにしてます。

ではでは。
神の手のひらの上ということかな (そうか★こうすけ)
2010-06-19 20:38:21
ゆりの笑いですけど、神を憎んで、この世界を認ずに戦っていた彼女にとって、その戦いの当初の目的、ゴールがここにあった、自分の望んでいたものが、いつの間にか自分の手の中にあった、それに気がついた瞬間の驚きと自嘲だったと思います。「これが!」という。

けど、次の瞬間に即答でプログラムの停止を求める。彼女にとっていつの間にか、当初の戦いの目的より、「仲間を助ける」ということのほうが遥かに重い意味をもっていた。ということだと思います。その瞬間、この世界にかつてない大きな「愛」というバグが発生したことが検知される。

「10分だって待ってくれないのよ!」という絶叫は、彼女の妹たちが10分おきに殺された記憶とかぶったものでしょう。その絶叫とともに、自分が求め続けてはずのものを自分の手で破壊していく。仲間を助けるために。

結局、最もこの世界と神を否定していたはずの彼女の行動によって、この世界は神が意図した通りの正しい姿に戻っていったわけですよね。そしてそのことによって、ゆりっぺ自身も憎む心を捨てて救われた。
神様は直接に手をくだしたり、自分の存在を示すようなことは何もしない。いかにも神様がやりそうな手口だと思いました(笑
解放されたゆりっぺ (ライブラ)
2010-06-20 15:52:30
1話で、戦線の目標を「この世界を手に入れる」ことと言い、また屋上での会話シーンで、神についての音無の質問に、「私は神が存在すると思いたい」と語っていたゆりっぺ。

人にとって、欲しいものと、本当にその人にとって必要なものは異なっていることが多いですよね。
望んだものが手に入らずがっかりすることがあっても、後から思い返せば、じつはその時の自分にとって必要(大事)なものは、自分の手の届くとこにあったんだなということは、実生活でもよくあることです。
そして、何かをきっかけにして、今の自分にとって真に必要なものが、そのまま今、自分の望むものであると気づき、思えるなら、人は、自分の人生に幾重にも巡らせられた人智を超えた配慮に感謝し、とても幸せな気持ちになれるものです。

長い間、とらわれていても辛いだけで仕方のない思いや感情で、自身の心に硬いものを持ち続けていたゆりっぺ。
最後のゆりっぺと弟や妹たちとの会話は、そんなゆりっぺに、解放され、癒された彼女自身の心が見させた夢のようなものなんでしょうね。
いろいろ考えさせられる・・・。 (つき)
2010-06-21 00:59:01
12話見ました。一回見ただけではわからない事も多く何回も見ました。今回でいろいろ謎が多くなって次回で終われるのか・・そしてどんな結末が待っているのか、気になってしかたありません。音無が消える事ができないかもということですが、そこまで気づくなんてさすがですよね。私が鈍いだけか(笑)
Unknown (ガイル)
2010-06-21 10:07:45
OPで戦う奏はホントかっこよかったですね、KHのハートレスや終末少女幻想のレムナントみたいな影はたくさんいて気持ち悪かったです。

ゆりが自分が神になれるとか言って笑い出した時は、怖かったですね。デスノのライトみたいでした。
色々謎が解けたりして良かったとは思いますが、気になる所もありました

ガルデモメンバーの扱いがあっさりしすぎ、ユイ以外ほとんど空気でした。ギルド長も同様!ゆりの扱いが悪いとか言われてきたけど彼女達に比べれば遥かにマシ!
突然出てきたひとみちゃんも一体何だったのか?


緑川さんはリトバスネタだったのでまだいいとは思いますが、先週の柴田さんといい今回の石田さんといい、重要キャラでもない突然登場のちょいキャラをやらせるのは正直どうなんでしょう

と、以上の事が気になってしまいました。
Unknown (花月(かづき))
2010-06-21 22:24:36
個人的には本当の黒幕は死後の世界そのものだと思います。
理由は今回の一件のプログラムを作った張本人は
恋人が自分より先に成仏して自分はそれが未練となり
成仏出来なくなって同じ過ちが起きないように
エンジェルプレイヤーを制作したという事です。
この事から管理人さんの言う黒幕は
そのプログラムを忠実にこなしていただけの存在、
すでにNPC化している彼を作ったプログラマーが
黒幕と言って言いです。
しかし事の発端は死後の世界の元からある役割から
引き起こり、それが連鎖する形で今回の一件と繋がっています。
つまり真の黒幕は死後の世界自体と思います。
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-06-22 03:22:46
>ひらがなでことみさん

 ひらがなでことみさんコメントありがとうございました~。
 今回は最終回前ということもあって、ゆりの話多めでしたねー。全体の流れは別にして、弟・妹の会話にはじんわりきました。

 ひらがなでことみさんもエヴァっぽいと思われていたようで何か安心しました。直井と謎の青年の声を別にしても、なんか世界の終わりっぽい雰囲気とか似ていた気がしていたので…。謎の青年は話し方的にもやっぱりカヲル君を意識しているんでしょうか。1話限りの出番というのがまたもったいなく感じます…。
 EDの日向・ユイはよかったですよね~。まさか最後まで変えてくるとは思いませんでした。これでなんか救われた気がしました。
 そんなABも次回で最終回なんですよねー。一体どんなラストを迎えるのかとても気になります!

 ではでは~。



>そうか★こうすけさん

 そうか★こうすけさんコメントありがとうございました~。
 ゆりに関するコメントはその通りだな~と思い読ませて頂きました。感想で私が書けなかった部分を補完してくださったような気がします。色々納得しました。
 ゆりのあのパソコンを破壊するシーンで絶叫するシーンでは、あの瞬間ゆりは過去弟・妹が殺された時の記憶を思い出していたんでしょうね…。ゆりのその時の思いを考えてみると深いものがあります。
 最後まで神様に関するしがらみがあるのがまたゆりらしいかもと思いました。今回のABのメインはやっぱりゆりだったと改めて思いました。
 ではでは~。



>ライブラさん

 ライブラさんコメントありがとうございました~。
 ゆりに関する伏線は今思うと1話から張られていたんですね。ライブラさんのコメントを読んで青い鳥を思い出しました。私も幸せはやっぱり近くにあるんじゃないかと思うのですが、それに気付くまでが時間かかったり、大変だったりするのかもしれませんね…。今回のABはゆりがそのことに気付くまでの話だったのかもしれません。
 今回の話はゆりメインだったんだなと改めて感じました。ゆりも最後の最後でちゃんと救われてよかったと思います。悪役とかにならなくて本当によかったです…。
 ではでは~。

コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-06-22 03:38:00

>つきさん

 つきさんコメントありがとうございました~。
 今回のABは本当何度見返してもなかなか掴めないことが多かったですね…。私もこうして感想を書いたり、感想巡りをしても分からないことだらけです…。でもABはそういう作品でいいのかもしれないなーと最近思うようになりました。
 Angel Playerや音無の話に関しては2回ぐらい見て、ネットの意見を参考にまとめたりして色々考えて見たんですが、麻枝さんの作品なのであてになるかどうか不明です…。何事もなく音無が消えたらすいません。
 次回の最終回もどうなるか気になりますよね。結末がさっぱり予想できません…。希望のある最終回になるといいなーと思います。
 ではでは~。



>ガイルさん

 ガイルさんコメントありがとうございました~。
 あの影、やっぱりKHのハートレスに似ていますよねー。効果音とかグロくて怖かったですが、それだけに奏の戦う姿にシビれました。
 ゆりのあの笑い出すシーンは一瞬本当にラスボスになるのかとヒヤヒヤしながら見ていました。デスノのライトと確かに似た狂気を感じました…。
 今回は残されたガルデモメンバー、ギルドの長と、次々成仏したり、新キャラが出てきたりしましたが、やっぱり扱いがひどかったですよね…。2クールあればまた違っていたのかもしれませんが、なんだかかわいそうでした…。
 やっぱり色々1クールでまとめきるのは難しかったんでしょうか。せめて最終回で少しでもその辺挽回してくれればいいのですが…。何だかんだで最終回楽しみです。
 ではでは~。



>花月さん

 花月さんコメントありがとうございました~。
 今回で謎の青年からAngel Playerの製作者がNPCになったとか色々明らかになって、謎の青年も消えた以上、もう黒幕っぽい存在はいなくなったのかなと考えたりしたのですが、それ以上の存在もいておかしくなさそうですね…。死後の世界が黒幕だったという可能性もありえそうな気がします。また最終回まで色々考えてみようと思います!
 ではでは~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

73 トラックバック

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (物理的領域の因果的閉包性)
静寂の世界 - A Rush of Blood to the Head -
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (空色きゃんでぃ)
影との戦い!そして、ゆりの卒業! ラスボスはとっても美形! 松下五段も実は美形?(*゜д゜*) 影を生み出したラスボスの正体は、愛を失った...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (ムメイサの隠れ家)
?????⒦??ゃ?障?с??????宴??????????㊧??<?????c?冴???? ????≪???<????????????????祉????❼???査????綵?????????????⒢?????⒮??遺????㍾...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想 (wendyの旅路)
愛は勝つ―
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」感想 (サラリーマン オタク日記 )
人間とは かくも素晴らしい存在なのか? 妹たちの言葉に号泣です。 さて 今回は奏ちゃんが翼を広げて空を翔けるシーンから 始まりました、一体何を想いあの場所に佇んでいたのでしょうか。 奏ちゃんの影との戦いでの決めポーズが良かったです。 Y、ハイ出来ました♪とい...
Angel Beats!・第12話 (新・たこの感想文)
「Knock’n on heven’s door」 大量に現れる「影」たち。必死に抗う音無たち。そして、ギルドへ向かうゆり…… な...
Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door (つれづれ)
 ひさびさの松下がちょっと格好良くなっていて驚きました。
アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想 (とっくりん)
アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 一番の謎であった”この世界”...
Angel Beats ! Episode 12.『Knockin' on heaven's door』(感想) (アニメ-スキ日記)
消え無かったんだねw ゆりはみんなを守れ満足して成仏したのかと思った! 次回、卒
Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第12話 感想「Knockin' on heaven's door」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ヴォーカルを失ったガルデモの他のメンバーも消えることになります。音無が立会いますが、直井は「下々のお見送りご苦労様です」と言い、日向と口論します。音無たちが大量の影と闘うなか、ゆりっぺはギルドを探索中です。(以下...
Angel Beats! #12 Knockin' on heaven's door (HISASHI'S ver1.34)
ガルデモは心を潤してくれる。 リリンの生み出した文化の極みだよ Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細...
「AngelBeats!」第12話 (日々“是”精進!)
  EPISODE.12Knockin'onheaven'sdoorそれは、愛。奏は影退治。ガルデモのメンバーは“踏ん切り”がついたと音無に告げる「じゃあな、新人!」大量の影が襲って来て、野田、大山、藤巻、TK...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (よう来なさった!)
山場のエピソードのはずなのに、ビックリするくらい感情が揺れ動かない。心電図で例えるならば終始平坦な状態? ただボーと目の前で起きている事象を見詰めているだけでしたね。つまりもうどうでもいいアニメと言うことなのかな。
Angel Beats!第12話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#12「Knockin’on heaven's door」 ゆりっぺって、「ナカ
Angel Beats! 第12話  (刹那的虹色世界)
Angel Beats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 ≪あらすじ≫ 理不尽に奪われた弟妹たちの命。だからこそ、ゆりは彼らの為だけに生き、そんな奪...
Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」感想 キャプチャ (偏食腐男子)
この記事は”Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」”の感想を書いてます。 キャプチャしてありますのでネタバレ注意でお願いします。 なるほ...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 (シュガーライト)
天使ちゃんマジ神々しい。 音無の言葉に納得したガルデモメンバーは成仏することに。 「酷い歌だったなぁ」とユイにゃんに苦笑すると...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 壱 (隠者のエピタフ)
全てを消し去ってやり直せる人生など存在しない。
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (ミナモノカガミ)
私の人生。
(感想)Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (aniパンダの部屋)
Angel Beats! 第12話  「Knockin' on heaven's door」 【キャスト】  ・音無   神谷浩史    ・椎名    斉藤楓子  ・ゆり   櫻井浩美...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想 (ひえんきゃく)
あたしも皆の後を追いかけて行きたくなっちゃたよ 長い間、お疲れ様。お姉ちゃん 今回がクライマックス!黒幕との対決!? ゆりの物語に...
[アニメ]Angel Beats!:第12話「Knockin'on heaven's door」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
過去の束縛からのようやくの解放。そして、切り拓く未来。
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (記憶のかけら*Next)
「ありがとう、もう十分だよ」
Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」 (破滅の闇日記)
My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】(2010/05/26)Lia多田葵商品詳細を見る ついにクライマックスに突入。カルガモのメンバーをはじめとする...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想、ついでに作品全体の感想 (モンド of the World)
 まだ最終回が残っていますが、今回の放送で評価は決定したかなって気がするんで簡単に感想でも。  この作品、ロケ地が母校って事でそれ...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (リリカルマジカルSS)
帰ってきた松下五段! って、激痩せしとるwww 意外にイケメンだったとは(つ∀`)
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」 (SERA@らくblog)
卒業していく場所で生まれたものは――。 ガルデモ解散や、松下5段山篭りダイエット完了とかはスルーで(ぉ) SSSは音無たちの戦いに加勢。 ...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」 (SERA@らくblog)
卒業していく場所で生まれたものは――。 ガルデモ解散や、松下5段山篭りダイエット完了とかはスルーで(ぉ) SSSは音無たちの戦いに加勢。 ...
Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」 (きまぐれ☆しろうさぎ)
Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」 感想です ゆりの苗字は中村さん!
Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」 (中濃甘口 Second Dining)
そして、最後に愛は勝つ!! かなり強引だけど力技でねじ伏せにかかった感じです! という事である意味最終回っぽくもあるAngel Beats!、第12...
『Angel Beats!』#12「Knockin' on heaven's door」 (ジャスタウェイの日記☆)
「私がここまでやってきたのは、 みんなを守るためなんだから!!」 突如現れた、第三勢力のものと思われる影。 その出現によって、SSS...
AngelBeats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 感想 (メルクマール)
書きたいことはたくさんあるのですが、他のブロガーさんも長文書くでしょうから、なるべくシンプルに2点に絞って書きます。「神について」...
AngelBeats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 感想 (メルクマール)
書きたいことはたくさんあるのですが、他のブロガーさんも長文書くでしょうから、なるべくシンプルに2点に絞って書きます。「神について」...
「Angel Beats!」12話 Knockin' on heaven's door (蒼碧白闇)
なんていうかいろいろツッコミを入れたくなるなぁ…。 でもツッコミを入れたら負けのようなそんな気もするし…。 だけどやっぱりちょっとだ...
Angel Beats! #12 (桜詩~SAKURAUTA~)
【Knockin' on heaven's door】 Angel Beats! 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:櫻井浩美販売元:アニプレックス発売日:2010-10-27おすすめ度:クチコミを見る ここから消えたらやり直せますかね? 
Angel Beats! 12話 「Knockin' on heaven's door」 (穹翔ける星)
愛の賛美歌
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (妄想詩人の手記)
ラスボスのキャストは、あまりにも当然すぎる配役で笑ったw ※ちょい批判的な記事ですので、ご注意ください。TBは返信のみで。
Angel Beats! 第12話感想 (アニメを考えるブログ)
 おっ、やべ・・・  毎回、今回はどうなるのかなって観る前にドキドキしてしまうんですが、  今回は観ながらおおすげえな、っていう感...
Angel Beats! 第12話 (何気ない一日)
Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」 です。 -キャスト- 音無:神谷浩史 ゆり:櫻井浩美 天使:花澤香菜 ユイ:喜多村英梨 日向:...
AngelBeats! 第12話「Knockin'onheaven'sdoor」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
新たな敵の出現--------------!!これが最終決戦となるのか。まずはガルデモのメンバーが音無の言葉を受け入れたよう。でも、自分たちが音無に説得されて消えたのではのではなく納得し...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (明善的な見方)
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]愛が世界を変える ついに、最終回直前ということで世界の成り立ちも明かされました!
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (ひびレビ)
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」露伴先生の家ですね、分かります。 冒頭で「次もバンドやるよ!」と言い残して去っていったガルデモメンバー。結局ボーカル以外のメンバーが喋ったのってここ最近だけのような・・・(涙。 数多くの影を相手にする音無...
■Angel Beats!【EPISODE.12】Knockin' on Heaven's door (此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-)
Angel Beats! #12の視聴感想です。 守護天使。 ガルデモ。 一途な恋。 幻想世界。 新世界の神。 長い間お疲れ様、お姉ちゃん。 ↑さぁポチッとな
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (*桜日和のお茶会*)
今週も「Angel Beats!」始まりました! 今回は何だかすごい話でした。 正直見終わった今では何が何だか分からない・・・ とりあえず今...
Angel Beats! EPISODE.12 前半 (本隆侍照久の館)
Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』前半
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (ゆる本 blog)
新たな脅威に対抗してまだまだ抗う者、心の充足を受け入れる者。「Angel Beats!」の第12話。 ネタ「格闘中」を追加。 数を増す影をひたすら撃...
『Angel Beats!』第12話 感想 (シュミとニチジョウ)
【あらすじ】 音無の説得に心動かされた者、 好きな人のために動く者…。 理由は様々ではあるが、影に向かって 立ち上がる戦線メンバー。 ...
Angel Beats! EPISODE.12 後半-1 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-1”
Angel Beats! EPISODE.12 後半-2 (本隆侍照久の館)
“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-2”
Angel Beats! 第12話 (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.angelbeats.jp/EPISODE.12 Knockin' on heaven's doorいよいよクライマックスこの状況からどう終わらせるのか見物ですまずはガルデモひさ子達今までガルデモメンバーとしてやっ...
Angel Beats! 第12話「Knockin’on herven's door」 (全て遠き理想郷?なブログ)
「下々共のお見送りお疲れさまです」 お前の一言で色々と台無しだwww まさかガルデモがこんなあっさり成仏してしまうとは…3人にどん...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 (せーにんの冒険記)
『愛』が生まれた日。 ためらわない事さ Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細を見る
Angel Beats!  第12話 「Knockin' on heaven's door」 (光速アニメ感想記)
「愛」を知った者達の、戦い。
AngelBeats! 第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想と解説 (イチゴ☆とチョコと☆デザートイーグル!!)
AngelBeats! 第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想       えーっと・・・・なんだって??   一回見ただけじゃ理解できねーwwww ...
Angel Beats! #12「Knockin' on heaven's door」感想 (群青パレット)
ゆりっぺ・・・消えるのか? 最後はみんなの力を合わせてラスボスを倒す。定番ですねw Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/06/23)神谷...
【石田彰】Angel Beats! 第12話 「knockin' on heaven's door」【感想】 (失われた何か)
サブタイトルはボブディランの曲から拝借のネタバレ回。 新キャラ(名前知らんのでとりあえず石田彰)の世界についての説明で わかる所とわか...
Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」 (無限回廊幻想記譚 別宅)
学園に押し寄せる影の軍団。橘奏はこれをただ一人で対処する。 その間、音無結弦は日
Angel Beats! 第12話 感想 (荒野の出来事)
 Angel Beats!   第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想  次のページへ
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 (黄昏温泉旅館)
この世界は、愛を知るための世界。 分かるような分からないような、そもそも大して説明にもなっていなかったような気がしますが、 一応...
AngelBeats! 第12話 Knockin'onheaven'sdoor (極上生徒街-Anamorfosi-)
天使ちゃんカッコイイw TKが美味しいところをw 松下5段が痩せたw TKのポジションが昇格してないか?w  ゴーグルの奴はおっさんじゃないのか?w  ゆりが&nbs...
Angel Beats!12話 (アニメ徒然草)
ラスボスはカヲル君でした。というわけで、「Angel Beats!」12話ゆりっぺ補完計画の巻。 すっかり戦闘要員に落ち着いてしまった奏ちゃん。 羽はゼロカスだけど、ハンドソニックver.5はナ...
Angel Beats! 第12話 (ニコパクブログ7号館)
第12話『Knockin' on heaven's door』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・この世界のことが明らかに?
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想 (サボテンロボット)
★★★★★☆☆☆☆☆(5.5) 「人生は、私にとってたった一度なのよ。 それはここに、たった一つしか無いの。」 影を生み出している犯人...
Angel Beats! 第十二話 (ぶろーくん・こんぱす)
 ゆりが頑張っている内にSSSの皆を卒業させようとする音無の前にガルデモメンバーが現れる。
【Angel Beats! 第12話-Knockin' on heaven's door】 (AQUA COMPANY)
愛がなければ見えないモノ。
『Angel Beate!』 第12話 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
あの世界の改変を狙っているのはいったい誰なのか? 影はデータ改変でできたものらしい。ならば、データを改変した奴が居るってことで、その改変をした奴が居るのはパソコン室から繋がる地下通路の先、ギルドに居る筈。 と、言うことでゆりは単身ギルドへ向かった...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on Heaven's Door」ゆりっぺ・・・消えるのか・・・? (なんだかんだで漫画好き)
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 見ましたよ~ってことで、いつもの如く感想をば 今回とうとうガルデモメンバー(+その他)が...
Angel Beats!第12話「Knockin' on heaven's door」感想 (星屑の流星群)
死後の世界に突如現れた影の大群、 戦線メンバーを守る為に奏がその圧倒的な力を持って影を蹴散らし その間に音無達は戦線メンバー全員に会...
Angel Beats! 第12話「Knockin\' on heaven\'s door」の感想 (萌えよ日本人!)
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想 12話はOP無しのアバンからスタートって感じですねぇ。 夕日?朝日?に照れされながら学校の屋上から天使(かなで)は羽を羽ばたかせながら大量の影に向かって行きます。 羽の名前...
Angel Beats! 第11話「Change the World」 今更感想のような画像貼り付けのような (ゲームプログラマにちゃんねら)
今日はいよいよ最終話。という事で、今更ながら11話の感想のようなものを。ここにきてやっぱりドタバタ感が感じられるAB。やっぱり、1クールでやるにしては登場人物多すぎだったような。特に今回、おざないでNPC化されちゃった奴なんか、話の説明の為の犠牲のような位置...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 今更感想のような画像貼り付けのような (ゲームプログラマにちゃんねら)
今日はいよいよ最終話。という事で、今更ながら12話の感想のようなものを。いよいよ大詰め、成仏ラッシュwガルデモ消滅は、なんとなく時期的にしょうがないんだがあまりにもおざなりすぎないか?何より前回居た沢山の戦線メンバーモブの方々。ガルデモは多少強引でも複線...
Angel Beats! 第12話 感想 (ともくんのアニゲー日記)
#12 「Knockin' on heaven's door」 音無の話を聞いて吹っ切れた人達。 ゆりっぺ単独でギルドへ向かいます。 今回は核心に近づくストーリー上、ギャグ...
Angel Beats! #12 (Shooting Star☆彡)
第12話『Knockin' on heaven's door』  お前もとことん一途な奴だな! 影の正体とは―  全員が一体となって敵に立ち向かった結果・・・