コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GIANT KILLING(ジャイアントキリング)#380 感想(祝・DモーニングPC版開始!)

2015-08-02 20:31:52 | GIANT KILLING (原作感想)

 今週のジャイキリ。日本対ウルグアイ戦・後半。攻め上がる日本、このままゴールまでいくんでしょうか…?

 今週はDモーニングでイラスト集公開もあり、盛りだくさんな週でした!Dモーニングで公開されているイラスト集はジャイキリファン必見の特集でした。8/7までの限定公開なので、お急ぎを!

 他にもフィギュア化などの話もあり、今週は本編以外の話が多めです!

 

 今週はDモーニングの話から。Dモーニング、PC版正式公開おめでとうございます~!!これで毎週ジャイキリを大画面で読めると思うと嬉しすぎます!!アプリだと画面サイズが小さく読みづらさがあったので、これは嬉しいサービス開始です!
 大きい画面で読めるというのは、ジャイキリのような迫力ある作品にとって大きなメリットだと思うので、ジャイキリファンの方はDモーニング購読も検討を!8/31までPCサイトで登録すれば、3ヶ月無料で購読できるそうです。間違ってアプリで登録しないようにご注意を。(自分です…)8/7までならジャイキリイラスト集も見れます!
 
 あとamazonでもモーニングの配信がはじまったようですが、こちらは紙版と同じ値段(1ヶ月×\340=約\1360)なので、できればDモーニング(1ヶ月\500)の方で読んだほうがいいと思います。amazonで2回購入すると赤字になってしまうので…。


 ジャイキリファンなら、Dモーニング購読がオススメです!


 でも紙派がまだたくさんいるとはいえ、これでますます紙版のメリットがなくなってしまうと思うのですが、モーニングは大丈夫なんでしょうか。電子版掲載NGのバガボンドとBILLY BATが掲載される号以外、電子書籍に抵抗ない限りは紙版のメリットがないような…?この2作品、理由があるとはいえ電子書籍の配信なくて残念です…。紙版にも言葉に表せない良さがあると思いますが、電子版もまた違った楽しみがあるので、いつか配信して欲しいな…と思います。旅先に行った時とか気軽に読めたりするので。ファンならきっと紙版も電子版も購入するはず!

 



 ジャイキリイラスト集は最近のモーニング表紙メインに30枚のイラストが収録されていました。Dモーニングの配信とはいえ、無料なのがもったいないくらい収録数が多く、驚かされました!特に達海と椿の絵が多めなので、この二人のファンは迷わず登録を!どの絵も迫力があって、見応えばっちりです!!
 ロゴなしの状態で掲載されているので、隠れた部分もじっくり見れて、これだけのためにDモーニング購読する価値があると思いました。浅草散策の絵もばっちり収録されていてニヤリ。椿の日本代表版イラスト、椿が照明で照らされていたのだと、このイラスト集を見て、初めて気づきました…!あとどの絵も観客の書き込みが凄いです。
 表紙用に加工される前の状態の絵も結構あって、印象がだいぶ違く感じる絵も結構あって面白いなと感じました。あとプリダスで公開されていた絵も収録されているので、プリントしそびれた方もこれで安心です!

 こうして見ていたら、更に画集出して欲しいなという思いが強まってきました…!ジャイキリの絵が大きいサイズで見れるならいくらでも出すので、是非画集の発売も検討して欲しいです!


 あとジャイキリがフィギュア化するみたいです。それぞれのページ真ん中~下部の方に写真が掲載されています。デフォルメリアル系で最初びっくりしましたが、細かく作られていそうなので、楽しみです!彩色版を早くみたいです!全16種というのがBOX買い回避不能と、色々試されそうですが、発売されますように!

 あみあみ

 電撃ホビージャパン

 


 


 …と色々長くなりましたが、本編の話に。今回も試合の内容、選手のプレーなどは自分には説明不可能なので、ご了承を。
 前回椿・窪田の投入で、ウルグアイゴールまで攻め上がってきた日本!窪田から岩淵へとボールがつながります!岩淵、オールスター戦から鹿島の注目選手っぽく描かれていますが、本編で存在感を出す時はいつになるんでしょうか…。今のところ、脇で活躍しているイメージが。

 岩淵はボールを蹴るものの、勢いが足りずゴールへ転がっていきます…。ですが椿はこのチャンスを逃さまいと、ゴール前へ飛び込み、スライディングでボールを押し込もうとします…!ですがウルグアイ選手にボールを外に出されてゴールならず。ウルグアイの守りの硬さを実感するシーンでした。
 試合を観ている赤崎、すっかりウルグアイ贔屓です…。世良は椿の活躍にビビり気味、清川は落ち着いている

 藤澤さんは、いきなり椿が活躍したことで、その強さを改めて実感。また椿はこの場所に立っても怖気づくことなく、状況を冷静に分析。チャンスをものにできなかったことを残念に思いつつも、改めて日本代表選手達のレベルの高さを実感します――

 

『これが…「世界」のピッチ…!』

 

 どんどん日本代表に適応していく椿。更にやる気に…!

 


 

 試合ではその後も日本代表選手達が見事なプレーを、椿と窪田も花森を上手くアシストして、どんどんボールを繋ぎ、チャンスを作っていきます。花森がオフサイドでプレーが止まってしまいますが、観客は良い流れが作れている、椿・窪田はA代表でも持ち味を活かしていると、評価されていきます。城島が椿を小僧と呼んでいて笑。
 このシーン辺りの何かを感じている花森、試合を見守るブランのカットがあって、どういう意図があるのか気になりました。なんだか意味深…。

 どうにか攻めようとする日本。窪田も上手く花森にボールを繋げようとしますが、ウルグアイの選手に止められてしまいます…!ウルグアイの守りはやはり固く。しかも10番アルバロの天才的なパスにも苦しめられ…。その攻撃はゴールのバーにあたったことで助かりますが、赤崎は椿や窪田はハードルが高いミッションを与えられていると、状況の厳しさを感じます。


 

 ウルグアイに苦しめられる日本。ですが椿はそんな中でも怯まず、ある思いを感じていました――


『なんだこれ…
 これが「世界」か……

 なんてここは…
 面白いんだ…!!』
 

 それは代表の舞台でプレーすることが楽しいということ!今回はそんな椿に何かの兆しを感じるシーンでおしまい。代表合宿に行く前の、椿と達海との会話との繋がりを感じられてニヤリ。椿、すっかり強くなってしまって…。これは試合での活躍、そして成長を期待してしまいます。今回読んだ後、356話を読み返すとニヤリとすること間違いなし!です。


 ではまた次回に!

 

 ・TB先
 にほんブログ村(GIANT KILLINGトラコミュ) 


コメント   この記事についてブログを書く
« GIANT KILLING(ジャイアント... | トップ | GIANT KILLING(ジャイアント... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事