コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」あらすじ感想

2013-05-12 03:21:07 | 革命機ヴァルヴレイヴ(2013)中断

 今回は学園での話がメインに。前回独立宣言をして、モジュールを切り離し独立した学園。このまま子供だけでやっていくことはできるんでしょうか…?今回も色々ぶっ飛んでいて、もう笑うしか…。ラストのあの展開…乗り込むのは一体誰になるのか気になります!


 前回独立宣言をして、モジュールを切り離し、独立した学園。生徒は自由になったことで、街でやりたい放題。ルールは一応あるみたいですが、リヴァイアス以上に不安定そう…。生徒を生徒会がまとめることで安定しているみたいですが、いつか生徒と教師だけの生活には限界がきそう。今は生徒達はハルトを担いでいますが、後半になるとひっくり返りそうな予感が。

 政治の世界では、学生をなめていて、学園を利用する気満々。またドルシアでも戦いへ向け、更に動きを活発化させようとしていました。赤い木曜日の悲劇、どういう事件だったのか気になります…。

 
 また貴生川はヴァルヴレイヴを見て、時縞先生は一体どんな悪魔と契約したんだと、ヴァルヴレイヴのの力に更に疑問を感じていました。ハルトはたまたまヴァルヴレイヴと契約したと思っていましたが、やっぱりそれはハルト父の思惑だったんでしょうか。
 そして更にヴァルヴレイヴのことを調べようと決意。学園のことは七海任せで、どうでもいいようです。現在教師は七海と貴生川だけ。残った大人である二人の今後も気になるところ。

 エルエルフは皆、放置状態。学園のことは今はそんなに興味なさそうです。そんな中、探索を続けるエルエルフ。何かを見つけたようですが…?

 


 


 独立した学園ですが、やっぱり資金不足は深刻な様子。この問題はやはり避けては通れない様子。ただ今までの他の作品と違うところは、独立した後でもネットを介して資金集めができるということですね。時代の変化を感じますー。


 そんな中、停電が起きて学園はパニック状態に。
 原因は環境管理システムの不調。


 それによって夏だったのに、冬に…。雪まで降りだして、普通に生活するのが困難に…。このままではいけないと、ユウスケを中心に、システム修復に向かうことに。

 その頃女子の方ではシステムが故障して、こうなるはずじゃなかったと、ショーコへの非難の声が高まっていました。私達だけで独立は無理だったんだとショーコを責めるタカヒ・女子達。いつかぶつかる問題だったと思うので、すっきりしましたー。でも歌を歌って解決しようとか、本当ショーコは天然すぎ…。大事なところはなんか他人任せで、よくない気がします。

 そんな中、ショーコを庇うサキ。何故かタカヒに噛み付こうとします。ハルトに噛まれてもいないのに、何故そうしようと思ったのか、疑問です…。女子同士の争いはやっぱり怖すぎ…。
 



 ですが修復に向かう際、ユウスケが落とし穴に落下しそうになってしまいます…。落下するユウスケを助けようとするライゾウ、カッコよかったです。


「もう嫌なんだよ、仲間が死ぬのは!」


 二人の頑張りでシステムも復旧!光と暖かさが戻ってきます。今回もどうにか危機を乗り越えますー。
 明かりが戻ってきて、笑い出すサキ。タカヒがとんでもないことに~。なんかいじられキャラになってきた…。


 そして危機を乗り越えたことで、
 再び歌を歌いだそうとするハルト・ショーコ。

 ジオール、生徒達の家族に向けて、
 映像を配信することにします。



 芸能活動をしていたサキが歌を歌い、学園の生徒達の元気な様子を撮影。ノリノリな学園の面々の姿に、RED GARDENの再来を確信しました!ある意味笑いが止まらない…。この映像を見て、スタッフの皆さんは何を感じて欲しいと思って制作したのか気になりました…。普通に感動するのは無理!
 



 映像配信の結果、人々の支持も集め、募金もかなりの額が集まります。2億とか、この世界どうなっているの…。
 今回のことでサキ、ハルトに更にデレデレに。そんな中、二人はヴァルヴレイヴに乗っている中、地下で他のヴァルヴレイヴ数体を発見。どうやらエルエルフがそうなるように仕組んだようです…。ハルトは自分のような不幸な人間を増やしたくないと、このことを秘密にしようと決意。


「このこと、二人だけの秘密にしてくれないか
 僕みたいのを増やしたくないんだ」
「いいよ、
 その代わり私達
 二人ぼっちになりましょう」


 ハルトにキスをするサキ。ヴァルヴレイヴの少女の「コレハセックス?」というツッコミ、飛躍しすぎ~。ハルトとショーコの仲は揺るがないと思っていましたが、これはどうなるのか分からなくなってきました。EDの僕じゃないが、もはやネタにしか思えなくなってきた…。
 こうして二人の間に秘密ができてしまったところで今回はおしまい。日常回で終わるかと思いきゃ、話も動いて来ましたー。ドヤ顔なエルエルフには、計画どおり!という言葉しか浮かびませんでした…。

 


 

 次回は「サキ・カムバック」戦闘シーンが観れそうで楽しみですー。サブタイ的に、サキも緑色のヴァルヴレイヴに乗り込むことになりそう…。他のヴァルヴレイヴに誰か乗り込むことになるのか気になります。エルエルフも乗り込むんでしょうか。
 今回も学生を冷めた目で観ることしかできず困りました。というか痛すぎてみているのがツラい…。とりあえず他のヴァルヴレイヴを発見したことで、話もまた動いてきそうなのでそこに期待!

 ではまた次回に!

 

 ・TB先
 にほんブログ村(ヴァルヴレイヴ・トラコミュ)


この記事についてブログを書く
« GIANT KILLING(ジャイアント... | トップ | 牙狼<GARO>~闇を照らすも... »