コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

物語シリーズセカンドシーズン 第25話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」感想

2013-12-23 02:37:44 | 化物語シリーズ(2009~)
傾物語 第ニ巻/まよいキョンシー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]

 今回も貝木のターン&遂に貝木が作戦を決行する時が…!貝木は撫子を上手く騙すことはできるのでしょうか。今回は貝木の良いところが見えてくる、ついニヤリとしてしまう1話でした。貝木、ひねくれすぎー。


 羽川から事情を聞いた貝木。大体のことに納得。


 羽川の撫子の印象は「相手にされてない」


 羽川はそう、誰に対しても撫子の世界は閉じていると分析します。撫子に何か伝えようとしても「誰にも届かない」と断言。


 撫子の暦への恋心すら
「暦のことを好きじゃない」「誰のことも見ていない」と、
 かなりバッサリ。


 羽川だけに正しいんだろうな…と思うとなんだかやるせない気持ちに…。撫子は暦が好きだから失恋したことにショックを受けたのではなく、失恋させられたことを気にしているんでしょうか。

 またその後、羽川は貝木に忍野の家族についてたずねます。どうやら扇について気になっているようです。

 
 忍野の家族について貝木は
「いない」「天涯孤独」だと断言。

 ますます扇の存在が謎に……


 一体何故扇は忍野の姪だと名乗っているのか、気になるところ。
 また羽川は撫子のクローゼットのことを気にしていました。それも扇情報。扇、そこまで情報を得ているって、怖すぎ…。貝木はその中身について知っているようですが…?
 そうして貝木はホテルを後に、再び撫子を説得するために動き出します――


 それからも撫子への参拝を続ける貝木。あやとりやコマで遊んだりしていたようです。日本酒をかぶのみする撫子、ドン引きです。良くも悪くも撫子のかわいいというイメージがどんどん変化。
 その最中、貝木がある少女と会ったという話が。神原の話と関係しているようですが…?アニメで観れる日はくるんでしょうか。

 



 そうして遂に作戦決行予定日に――
(撫子を暦・ひたぎ・忍は死んだと騙す)
 

 貝木と電話で話すひたぎ。ひたぎがこれで貝木との会話も最後だと寂しがっていてニヤリ。本当に息のあったコンビだったんじゃないかと。ひたぎも暦との会話より素の部分が出ていて良かったですー。
 貝木は何故か最後まで暦にバレていないか気にしていました。途中から話がひたぎの惚気話になっている件。
 何回か出てきていますが、暦とひたぎが大学生になったら別れるという話が、生々しくてグサりときます…。この二人はその危機を乗り越えられるのか地味に気になります。リアルでもよくある話ですが、環境が変わるとそうなってしまうのでしょうか
 



 ですがひたぎは依頼を受けてくれたことに関して、貝木に感謝しつつも、嫌い続けると断言。ひたぎは貝木との関係を変えるつもりはなく。でもこうして意識しているだけ良い関係なのかも。この時点では勝利を確信していた二人ですが…?


 その後、貝木の元に余接が!臥煙を裏切ったことについて、後悔していないかたずねる余接。余接は貝木のことが気になるようです。
 そして余接は遠回しに、これ以上撫子に関わるのをやめろと警告。


 貝木が宗教団体を潰した時の話。
 あれは貝木がひたぎを守るためにやったと
 余接は考えていました。
(ひたぎ母(不幸の元)をひたぎの元から引き離すため)


 それもひたぎを救うためには、それしかなかったからだとか。貝木ははぐらかしますが、ひたぎを守ることにそうしたというのは、本当だったようです。貝木、やっぱりひねくれてはいますが、良い奴だったのかも。今回は貝木の不器用な一面が見えてニヤリ。
 最後に余接は貝木の未来を予言。


「あなたはこういう時、必ず失敗する」


 成功率が高いとしつつも、そう断言する余接。どうやらこの依頼、楽には終わらないようです――
 



 そうしてまた一万円を餌に、撫子を呼ぶ貝木。撫子は交流の結果、貝木の願いを叶えようとしてくれていました。
 願いを言ってはならないという慣習に関して、言ったら効果が薄れると辛口な貝木。


「言葉なんて、信用ならないからだろう」


 だから暦達を殺したいと言い続けてきた撫子の願いは叶わないと、貝木は撫子に言います。


「だからその願いは叶わない
 お前がその願いをしゃべりつづけたから、
 お前の願いを叶えることはできない」


 そして暦・ひたぎ・忍が死んだと突きつける貝木でしたが、この後思わぬ展開が待ち受けていました――


「貝木さん、私を騙すんだね」


 そう貝木の嘘を即見破る撫子。撫子にはお見通しだった!ヒヤヒヤものです~。まさかの失敗、貝木が一体この状況をどう切り抜けるのか気になります…。とりあえず即殺されなくてよかった…。
 



 次回は「恋物語 ひたぎエンド其ノ陸(六)」セカンドシーズンもいよいよ最終回。撫子を説得しようとする貝木。撫子に計画がバレても、貝木の説得は続くようで…。そして撫子のクローゼットの中には何があったのでしょうか…?一体どんなラストが待ち受けているんでしょうか。

 あとエンドカード怖すぎでした~。このイラストを描いた人のひたぎのイメージって一体…。

 ではまた次回に!

 ・TB先
 にほんブログ村(化物語トラコミュ)

 


コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 衝撃ゴウライガン!! 第12話「... | トップ | リトルバスターズ!Refrain ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-12-24 16:00:27
エンドカードは駕籠真太郎かとおもいましたわん
Unknown (Unknown)
2013-12-24 20:00:17
山本タカトとか・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

25 トラックバック

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第25話 「恋物語 第恋話 ひたぎエンド 其ノ伍」 感想 (wendyの旅路)
弘法にも筆の誤り―
恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍(25話)感想 (気の向くままに)
恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍(25話)
恋物語 第25話「ひたぎエンド 其ノ五」 対話感想! (もす!)
なんとなくそんな気はしていたんだ。
<物語>シリーズ セカンドシーズン「恋物語」第5話 (日々“是”精進! ver.F)
失敗… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312220001/ 【送料無料】アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ貮 八九寺真宵 [ 講談社BOX ]価格:945円(税込、送料込)
『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#25「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 (ジャスタウェイの日記☆)
「あなたらしくないよ、貝木。 らしくないことをすると、本当ろくな目に合わないぜ」 羽川との情報交換により、客観的に状況を捉えることができた貝木。 羽川にとって、撫子は気弱でおとなしいこ子とは映らず、 世界と徹底的に閉じ、誰も見てない子どもと映っていた...
物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX12/21)#25 (ぬる~くまったりと)
第恋話 ひたぎエンド其の伍 貝木が居ない間に、この町で何が起こったかを羽川から 詳しく聞いた。霊的に乱れたのでキスショットが引き寄せられたのが 正しい認識のような気がする。臥煙先輩が北白蛇神社の御神体を払って、新たに御神体を 祀ろうとした。その際に阿良...
物語シリーズ セカンドシーズン 第25話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 (空 と 夏 の 間 ...)
貝木はいよいよ撫子を騙しを仕掛けるが…。 はたして蛇神の撫子を騙しきれるのか? 忍野メメを探しに海外へ行っているはずの羽川翼が、突然貝木を訪ねてきた。 翼と情報交換をした貝木は、蛇神・撫子を騙すための仕上げに取り掛かる。  
<物語>シリーズ セカンドシーズン~第25話感想~ (ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 羽川翼から話を聞いた貝木。 しかし、撫子に何かを伝えようとしても 誰にも届かないと羽川は言う。 一方、貝木は毎日のように、撫子がいる神社へと足を運び、 そこで撫子があやとりなどをして遊んでいた。 貝木は...
物語シリーズセカンドシーズン 第25話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 (いま、お茶いれますね)
第25話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 「貝木さんも、わたしを騙すんだね」 貝木、失敗・・・?
物語シリーズ セカンドシーズン 第25話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 (破滅の闇日記)
アニメシリーズヒロイン本 其ノ參 忍野忍(2013/12/20)講談社BOX商品詳細を見る  子供社会とはいえ、解放された千石撫子は天真爛漫になっていました。玩具で遊んで、日本酒を飲んで、すっかりとヒッキー生活を楽しんでいます。神様ですので、二日酔いの苦しみなどは縁が...
物語シリーズ セカンドシーズン 第25話 感想 (荒野の出来事)
 物語シリーズ セカンドシーズン  第25話 ひたぎエンド 其ノ伍 感想      次のページへ
ひたぎエンド 其ノ伍 (public-enemy in dangerous house !!)
恋物語 (講談社BOX)(2011/12/21)西尾 維新商品詳細を見る “片思いをずっと続けられたら―― それは両想いよりも幸せだと思わない?”  尾行者や脅迫状など、不確定要素が増えていく中、次の日も神社に通う貝木。  その帰り、山を降りた貝木を待ち構えていた...
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン #25 恋物語 第恋話「ひたぎエンド 其ノ伍」 (無限回廊幻想記譚)
羽川翼からこの町で怒った一連の事件の顛末について改めて知ることの出来た貝木泥舟。
物語シリーズセカンドシーズン 第25話「ひたぎエンド 其ノ伍」 (明善的な見方)
傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]『貝木さんも私を騙すんだね』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍...
物語シリーズ セカンドシーズン #25 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 (戯れ言ちゃんねる)
人を狂わせ、同時に方向性を定めるもの、それすなわち恋である  どうも、管理人です。明日は多分引きこもり予定なので、それに備えて買い物はほぼおk。しかし、肝心の別作業がものすごく遅れに遅れまくってて、そっちで気が気じゃないという…。 撫子:「貝木...
物語シリーズセカンドシーズン #25 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 (ゆる本 blog)
そろそろ動くか「物語シリーズセカンドシーズン」の第25話。 つばさとの情報交換により客観的な事態把握ができた貝木。 ただ貝木側はなでこの部屋のクローゼットについて口を閉じたまま。 しばらくは北白川神社へ通う日々。 臥煙とは関係なくといい貝木に接触す...
<物語>シリーズ セカンドシーズン第25話恋物語「ひたぎエンド 其ノ伍」レビュー・感想 (ヲタブロ)
言葉なんて信用ならないからだ口に出してしまった瞬間にそれは気持ちとはすれ違う言葉なんてのは全部ペテンだどんな真実であろうと語った瞬間に脚色がはいる・・・お百度参りを通 ...
物語シリーズセカンドシーズン 第25話 ひたぎエンド其ノ伍 (ゲーム漬け)
翼との情報交換により、街で数ヶ月間に起こった事を正確に知る貝木。 少なくとも、ひたぎから聞くよりは事態を客観的に把握し、伊豆湖が何を利用としているかも理解。 貝木の印象 ...
物語シリーズ セカンドシーズン 第25話 恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
バサねえVS貝木 ガハラさんから聞くよりは、バサねぇの方が詳しかった。 そして、臥煙伊豆湖がやったこと。 本当にバサネェは何でも知っている。 鬼物語 第一巻/しのぶタイム(上)(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/04/23)神谷浩史、斎藤千和 他商品詳細を見る
『<物語>シリーズ 第2シーズン』 第25話 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
あれ…まだもう一回あるんだ… でも、次回はコミケ前日だよ? う~~~んどうしてくれよう… それはさておき、今回、貝木氏と余接との会話で明らかになった衝撃の事実!!! それは…中学生だったガハラさんを彼は哀れんだのか、好みだったからなのかは謎なんですけれど...
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第25話の感想と考察 (オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第25話の感想と考察)
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第24話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」を観ました。<ストーリー>突然訪ねてきた翼と貝木は情報交換をした。それで、様
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第恋話 ひたぎエンド其ノ伍 (窓から見える水平線)
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第25話。 蛇神騙しの当日、余接が語る貝木の本質。 以下感想
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第25話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 感想 (萌えよ日本人!)
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第25話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」 感想 今回も貝木メインです。 偽物語だと完全に悪役だったのに、ほぼ主人公ですよ。 今回の貝木が善人なのか? 悪人なのか? マジでわからなくなってきました。 前回、貝木泥舟は羽川翼と...
物語シリーズ セカンドシーズン 第恋話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ伍」  (つれづれ)
 わたしを助けたからといっていい気にならないでね。
恋物語 #25 (桜詩~SAKURAUTA~)
【ひたぎエンド 其ノ伍】 恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2014-06-25)販売元:Amazon.co.jp 貝木は必ず失敗する?