コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あの夏で待ってる 第9話「せんぱい」感想

2012-03-07 02:54:03 | あの夏で待ってる(2012冬)

 イチカの秘密が海人達にバレてしまった前回。秘密がバレたことで皆の片想いに変化が起きるんでしょうか。そして今回遂にあの時が…!2人がラブラブすぎて辛い~。あの夏、いよいよ動き出しました…!


 前回の騒ぎの後。柑菜達もイチカ・海人の元へやってきます。ですがそれでもイチカは海人達を宇宙船の中に瞬間移動させ、そしてイチカはそこで全てを海人達に明かします――

「私はこの船に乗って
 この星にやってきました
 私はこの星の人間ではありません」

 ようやく1話に繋がる瞬間がきました…。イチカの宇宙人服が想像以上にベタな感じで面食らいました。これもお約束なんでしょうか。
 イチカの告白に戸惑う哲朗達。ですが皆、暖かくその事実を受け入れ、イチカが宇宙人ということを内緒にすると約束。これで全てが上手くいく感じがしましたが…。


 瞬間移動で街に戻された海人達。イチカの秘密を知った後も、いつも通りにしようと決めます。檸檬は相変わらず。檸檬は既に全て知っていたような気がします。
 海人とイチカ。二人になった時、イチカは海人に怪我を負わせてしまったことを告白。イチカは海人に怪我を負わせてしまったことをずっと悔やんでいたようでした。ですが海人はそのことを気にしておらず。イチカの重荷が一つなくなったようです。

 また今回宇宙ポットを破壊したことで、調査員襲来フラグが…。最終回付近でまた海人・イチカにとっての試練の時がきそうです。残された時間はもうあまりないようで…。その間にイチカは目的の場所を見つけることはできるんでしょうか…?
 柑菜と美桜。海人←柑菜は美桜にもバレバレ…!あたふたする柑菜、かわいかったです~。



 翌日、ベタな別れ方な夢を見て、目が覚める海人。ですがイチカはよそよそしく…。イチカはこれから海人と距離をおくべきか悩んでいました。
 その日も海人の家に集まる面々。とりあえず撮影することに。哲朗、相変わらず張り切り過ぎ~。映画撮影、最終回までに無事仕上がるんでしょうか…?

 そんな中、海人を好きになった瞬間のことを思い出す柑菜。柑菜の恋は海人が転校してきた時から始まっていました。両親を失い、この町にやってきた海人。そんな海人に周囲は同情の目を向けていました。ですが海人はそれに負けず、いつも通り振舞っていました。そんな海人を見て、柑菜は一目惚れ。海人を好きだった時間では柑菜、誰にも負けません。でも哲朗は最初から厳しい戦いに挑んでいたんですね。勝ち目もうない気が…。



 後半。海人はイチカの場所探しを手伝おうとしますが、イチカに拒絶されてしまいます…。秘密がバレたことで二人の距離はますます遠くに…。
 落ち込む海人。そこにスイカを持って哲朗がやってきますが、海人は軽井沢へ風景カットを取りに行くと出て行ってしまいます。すべてはイチカのために。
 そしてその後柑菜・美桜もやってきます。で、海人が撮っていた映像を観るのですが、そこには海人・イチカが楽しく会話するシーンが映っていて…。その映像を見て動揺する柑菜…。イチカが海人のことが好きだとこの瞬間、確信することに。


 海人と檸檬。イチカの気持ちが分かるの、考えたことがあるのと訊ねる檸檬。その言葉で海人は改めて何ができるのか考えます。そしてまた動き出す海人。そんな海人を見て呟く檸檬。なんだか意味深な感じがしました。


「そう動くのよ、止まらずに、前に」


 なんか停滞を思い出すかのような発言。やっぱり檸檬は停滞持ちだったのでしょうか…。おねティとの繋がりをついつい考えてしまいます。
 雨の中、写真を撮る海人を見つめる柑菜。更に海人への想いを募らせ…。それを知った柑菜がとうとう動き出します――



 翌日、場所を見つけようとするイチカを待ち伏せする柑菜。とうとう柑菜がイチカに宣戦布告する時が…!


「だって私、海人君が好きだから」

「好きだって言えばいい!!」


 イチカを挑発する柑菜…。ですがそれもすべては海人のためでした。愛してるからこそ、好きな人に幸せになってほしい…そんな感じがしました。柑菜の想いが切な過ぎる…。愛の形も様々なんだろうなと思ったり。
 柑菜の宣戦布告でイチカも海人への想いをようやく自覚。そして馬鹿と、やけになり去っていく柑菜。ここまで柑菜→海人がバレバレだったのはこの時のためだったのかとすら思えました…。柑菜、素晴らしい勇姿でした。

 そして玉砕した柑菜を待ち伏せしていた哲朗。泣きじゃくる柑菜の涙を後ろから拭います…。美桜もそんな二人を見て涙を…。皆片想いすぎて本当に辛いです…。



 柑菜の想いを受け、海人の元へ向かうイチカ。写真を撮る海人を見て、イチカは今この瞬間も海人が自分のために頑張っていると知ることに。
 そして向きあう海人とイチカ。帰りたくなかった理由は海人と離れたくなかったから…。そしてイチカも海人へ自分の想いを伝えようとします――

「宇宙人でいいですか
 私なんかでいいですか」

 この瞬間がまたドキドキものでした。ですが海人は自分から告白したいと、自分から告白を――
 

「好きです
 ずっと好きでした
 きっと初めて会った時から」

「私は分からなかった
 でも好きになってた」


 そしてキスをする二人――。4回目のキス、そして5回目のキス…!すごい見せつけっぷりです。りのんの反応が純情すぎる~。で、檸檬もこの様子を隠れてみていました。檸檬についてはもう深く考えないことに…。

 こうして海人・イチカが両想いになり、今回はおしまい。

 
想像以上のラブラブっぷりにはもうどうしたら~。今までとは違うサブタイ的に進展あるかなと思ってはいましたが、まさか今回でここまで進むとは思わなかったです。


 次回は「先輩と僕らの。」遂に両想いになった海人とイチカ。これからどうなっていくんでしょうか…。そしてイチカの探している場所は見つかるのか、映画撮影がどうなるのかどうか。残り3話、楽しみです。
 海人とイチカが両想いになったことで柑菜←哲朗←美桜の片想いがどうなるかも気になります。今回の柑菜はもう見ていて切なかったです…。イチカには敵わないとは分かっていても、せめて宣戦布告してからもう少し間を空けて欲しかった…。おねティの幼なじみキャラはどうしてこうみんな報われないのでしょうか~。
 そしてそろそろ哲朗が柑菜に告白しそうな予感も。でも哲朗・柑菜が両想いになる想像はなんかできません…。

 ではまた次回に!

 


コメント   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« GIANT KILLING(ジャイアント... | トップ | 【通販のお知らせ】残響(ウ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

26 トラックバック

あの夏で待ってる 第9話 せんぱい 感想 (ようちゃん×ようちゃん)
あらら、もう結ばれちゃった(笑) しかも柑菜ちゃんが恋のキューピットになるとは・・・ 恋愛は結ばれて幸せな人がいれば泣いている人もいてそれも青春だと。 わかっていたとはいえやはり涙をみると辛くなってきますな・・・
あの夏で待ってる 第09話 『せんぱい』 (こいさんの放送中アニメの感想)
泣いた青い子。自身が宇宙人であることを気にして足踏み状態のイチカに柑菜がキレた。ボロクソ言ってるように見えますが発破かけてますよね。本気で横取りするならこんな事言いません。 そして言った後は思いっきり後悔。一人泣き濡れようと思ったら哲朗が待っていた。「...
あの夏で待ってる #09 「せんぱい」 (ゆる本 blog)
全てを告白、その後は・・・ 「あの夏で待ってる」の第9話。 無人救助機の騒動を収めたものの再び海人を傷つける事になってしまったイチカは ひたすら謝るばかり。そこに哲朗達も集まってきて、さらに麻...
あの夏で待ってる 第9話 「せんぱい」 (リリカルマジカルSS)
「私、メインブラックのエージェントだもの」 「それは嘘です!」 いや、嘘じゃないと思うんだけど(^^; 檸檬ちゃんなら本当にそうだとしても全然驚かないし(つ∀`) 苺との関係とかこの方がいったい何者なのか早く知りたいですw
あの夏で待ってる #9 (桜詩~SAKURAUTA~)
【せんぱい】 あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]出演:戸松遥ジェネオン・ユニバーサル(2012-03-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 好きは止まらないよ・・・ 
あの夏で待ってる 第9話 (ブログリブログ)
 青髪が、せっつくんだよな。岩崎宏美が男女秋でこんな事をやってたような、、古いなぁ。
アニメ あの夏で待ってる 第09話「せんぱい」簡易感想 (とっくりん)
宇宙人だと暴露した先輩。海人は先輩の星の医療技術ナノマシンで治されていたんですね。 残された時間で、記憶の中の場所を一人で探す先輩。海人も単独で探す。 そのことを先輩に教え、気持ちに気付かせちゃ...
あの夏で待ってる 第9話 感想「せんぱい」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
あの夏で待ってるですが、貴月イチカは宇宙人であることを発表します。 みんな驚きますが、霧島海人と山乃檸檬は薄々感づいていたようです。 先輩は秘密にしてくれと頼みますが、誰も信じないので言い触らすことも無理です。(以下に続きます)
あの夏で待ってる 第9話 せんぱい (窓から見える水平線)
あの夏で待ってる 第9話。 宇宙人バレと秘めた想い。 以下感想
『あの夏で待ってる』#9「せんぱい」 (ジャスタウェイの日記☆)
「探すことに一生懸命なふりして、 海人君から目を背けてる!逃げてる!!」 そう、動くのよ。止まらずに、前に─── まだ離れがたくて、救助ポットを破壊する事態となり、あたりは大惨事; 「私はこの船に乗って、この星にやってきました。私はこの星の人間ではあ...
あの夏で待ってる 第9話「せんぱい」 レビュー・感想 (ヲタブロ)
好きだって言えばいいっ!私がどんなに望んでも手に入らないものがすぐそこにあるのに・・・ 宇宙人であることを自ら告白するイチカ、それでも揺るがない海人の気持ち。自分の『好 ...
あの夏で待ってる TokyoMX(3/06)#09 (ぬる~くまったりと)
第9話 せんぱい 公式サイトから 先ほど起きた思わぬ出来事によって、イチカは海人達を自分の宇宙船内に招き、自分が宇宙人であること、 自分の記憶の中にある場所を探しに来たことを告白する。 突然のことに驚く一同だったが、申し訳なさそうなイチカを励まし、この事実...
あの夏で待ってる:9話感想 (しろくろの日常)
あの夏で待ってるの感想です。 恋愛面は決着…したのかな?
あの夏で待ってる 9話 (アニメ徒然草)
青の霊圧が…消えた…? というわけで、 「あの夏で待ってる」9話 結ばれる夏の巻。 僕らの先輩は宇宙人。 我々にとっては折り込み済みでも、 彼らにとっては超展開だったはずで、 それなのにあっ...
あの夏で待ってる 第9話 【せんぱい】 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
「私はこの船に乗ってやって来ました、私はこの星の人間ではありません」 それを知っていた海人。 記憶を書き換えられたってことですかね? そして今になって思い出したのはイチカが公開したから? それにしてもオロオロしていた哲郎のオネイさんが地味に可愛かったで...
あの夏で待ってる 第9話 せんぱい (ゲーム漬け)
空間転送や宇宙船を見せられては、イチカが宇宙人だと信じるしかないですね。 海人は知っていたようですけど… イチカの星の技術で治療したから問題があってはという事が、海人 ...
あの夏で待ってる 第9話 「せんぱい」 感想 (wendyの旅路)
好きは止まらない―
あの夏で待ってる 第9話 (ブログリブログ)
 青髪が、せっつくんだよな。岩崎宏美が男女秋でこんな事をやってたような、、古いなぁ。
あの夏で待ってる 第9話「せんぱい」 (SERA@らくblog)
▼ あの夏で待ってる 第9話「せんぱい」  そう 動くのよ、止まらずに 前に――。 イチカさんは 宇宙人であることを みんなに告白。 行ってみたい場所があるから 救命ポッドも壊したのだと…。 宇...
あの夏で待ってる 第9話「せんぱい」 (明善的な見方)
あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]良い人ってやっぱり損な役回りなんでしょうか? そう、今回はみんな大好き柑菜ちゃんがあああああ!!!
あの夏で待ってる  ♯09 (烏飛兎走)
「・・・俺、初めてだったから。」 身を委ねればイイダケ・・・。 '`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
2012年01クール 新作アニメ あの夏で待ってる 第09話 雑感 (妖精帝國 臣民コンソーシアム)
[あの夏で待ってる] ブログ村キーワード あの夏で待ってる 第09話 「せんぱい」 感想 #Ichika2012 #ep09 ある夜、霧島海人は趣味の8mmカメラで湖周辺の夜景を撮っていたが、突然光り始めた空に...
あの夏で待ってる 第9話 せんぱい レビュー (ゴマーズ GOMARZ)
みんなに見られてしまったイチカは、みんなに一気に自分が 宇宙人である事をカミングアウト。っていうか、みんなを 転送とかしちゃったしw  私はこの船に乗ってこの星にやってきました… 私はこの星の人間ではありません… そんなイチカのカミングアウトに皆驚く中...
あの夏で待ってる 第9話「せんぱい」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
とても柑菜らしいやり方で敵に塩を送るようなことを言って・・・この後にフォロー役で哲朗を出し、陰に美桜も配置させるという、ここからラストまでの展開の持っていき方がとても上手いと思いましたし、なにかジーンとくるものがありました。 続きはこちら(トラックバッ...
あの夏で待ってる 第九話 (ホビーに萌える魂)
『あの夏で待ってる』の9話は、宇宙人である正体を明かしたイチカ。そして柑菜にとって切ない青春の1ページ…。
「あの夏で待ってる」09話の感想 (最新アニメ・マンガ 情報局)
 あの夏で待ってる 09話「せんぱい」、観ました。先ほど起きた思わぬ出来事によって、イチカは海人達を自分の宇宙船内に招き、自分が宇宙人であること、自分の記憶の中にある場所を探しに来たことを告白する。突然のことに驚く一同だったが、申し訳なさそうなイチカを励...