コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牙狼<GARO> -炎の刻印- 第22話「結界-DREADLY FOCUS-」あらすじ感想

2015-03-14 21:47:59 | 牙狼<GARO>炎の刻印(アニメ)、Gレコ

 今回も決戦回。道を切り開くためにメンドーサに協力していたヘルマン。ヘルマンはレオン達に道を切り開くことはできるんでしょうか…?
 

 レオン達へ道を切り開くために、メンドーサに協力すると決意したヘルマン。ヘルマンはそのことを魔導輪・ジルバに伝えさせます。そしてそのことを伝えると、ジルバはまた沈黙…。アニメでは何故魔導輪に制約がついているのか謎です…。

 儀式場の前で、アニマを倒すために協力していたと、メンドーサに明かすヘルマン。ヘルマンはレオン達を儀式場へ来られるように、扉を開放しようとします。
 それでもメンドーサは自信満々。ヘルマンも自分の狙いを隠す気はなく。そしてメンドーサは邪魔者になったヘルマンを始末しようと、ホラーを差し向けます――。今回はこのヘルマン対大勢のホラーの戦いが印象に残りました。

 その戦いの中、ヘルマンはオクタビアを守るために、鎧を解除して守りますが、逆に窮地に…。どんな女性にも優しいヘルマン、さすが。
 ヘルマンは戦いの中で、メンドーサの片腕を斬り、儀式場の封印を解こうとしますが、それでも扉をずっと開けておくことはできず。ホラーの追撃は止まらず、ヘルマンはこれ以降も厳しい戦いを強いられることになります…。

 またオクタビアも、メンドーサへの忠誠を示すため、体を張ってそれを証明すると決意。そしてメンドーサはオクタビアに術をかけます――。針が刺さるシーンがとても痛そうでした…。
 



 その頃。メンドーサの罠で謎な空間に迷い込んだレオン・アルフォンソ・エマの3人。そこは実写牙狼<GARO>の世界と似てる、現実の世界のようなところでした。少しの時間でしたが、ニヤリ。
 そしてその罠を突破し、レオン達はヘルマンと合流。それを確認したヘルマンは道を切り開くために、更に無茶を…。ヘルマンは生き延びることができるんでしょうか…?今回のヘルマンは決意が本物だと思わされるシーンが多くて、カッコよかったです!凄いフラグが立ってますが…。
 今回最後はレオン達の前に、魔獣装甲を身にまとったオクタビアが現れたところでおしまい。オクタビアがホラー化しているかどうかは分かりませんが、魔獣装甲のデザインがある意味凄かったです。オクタビアは役回りが色々かわいそうな気が…。ただメンドーサにどうするか(一応)強要されておらず、自分で選択していることだけが救いな気がします。

 


 

 次回は「月食-DOOM-」残り多分あと2話。次回ラストにいよいよアニマが召喚されそうな予感…。レオンがアニマを倒せることより、ヘルマンが助かるのかどうかのほうが気になっています!

 ではまた次回に! 

 ・TB先
 にほんブログ村(牙狼<GARO>トラコミュ)


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« GIANT KILLING(ジャイアント... | トップ | GIANT KILLING(ジャイアント... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

牙狼<GARO>-炎の刻印- TokyoMX(3/13)#22 (ぬる~くまったりと)
第22話 結界 -DREADLY FOCUS- 公式サイトからやはりヘルマンはメンドーサについた訳では無かった。神殿の地下深くで封印を解かれようとしている巨大ホラー アニマの復活を阻止すべく、敵の懐に飛び込む策であった。しかしメンドーサにもある思惑が。空を覆うガルムの巨...