コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 感想

2010-03-07 00:02:21 | とある魔術の禁書目録&超電磁砲

 今回はいよいよ木山の再登場が…。保釈された木山は一体何を考えているのでしょうか。あのキャラの再登場も驚き。予想以上に話の規模が大きくなってきて、1クール並に面白くなってきたような気がしました。レールガン持ち直してきたのかも。


 最初は児童養護施設での回想。木山話でも出てきた律似の少女・枝先との別れのシーン。春上は施設にいた頃、枝先と念話能力(テレパス)をしていたようです。施設を出てからは聞こえなかったようですが、今また聞こえるように…。このことは一体どんなことを意味しているのでしょうか…。

 現在。枝先との思い出を語る春上。音楽が切ないです…。そんな春上の話を聞き、飾利は改めて春上の力になると約束。ですが美琴はレベルアッパー事件との関連が気になっていました。
 テレスティーナから詳しい話を聞く美琴・黒子。テレスティーナは枝先が暴走能力者になっているのでは?、無意識でポルターガイストを起こしていると推理します。これまでは春上が念話能力を無意識のうちに暴走させているのかなーと考えていましたが、どうやらそれ以上に裏になにかありそうです。

 この情報に佐天は混乱気味。飾利は探すことはいいとしているようですが春上を思うあまり、次はその友達を疑うのかと反発。なんか周りが見えていないような感じがしました。佐天もそんな飾利に反発してしまい…。飾利と佐天がケンカ…ちょっと前じゃ想像できませんでした。仲直りするのは難しそうです。
 夜。今日のことについて話をする美琴と黒子。入浴シーンがまた~。黒子、途中まではカッコよかったです。


 翌日。春上の見舞いにたいやきをもって来た飾利。まだたいやきが暖かいのは飾利の「触っているものを一定の温度に保つ」という能力によるものでした。思わぬところで飾利の能力が明かされてしまいました…。地味そうですが、使いようによっては役に立つかもしれません。体温以上の温度にも適用できるのかどうか気になります。

 ジャッチメントで調査を進める黒子と固法。飾利は相変わらず不機嫌でした。でも固法が仲裁に入り、ちょっとマシに。ですがそんな中、たまたま見たAIM拡散力場の資料から、共鳴によりポルターガイストが起こされていることが分かってきます…。徐々に核心へ近づいていきます。

 佐天と美琴。ジャッチメント前で出くわし、外で話をすることに。美琴は事件を解決しようと改めて決意を。
 そこでテレスティーナから木山が保釈したと連絡が…。まだ出てこれるような感じではないだけに、不可解な点が多そうです。裏にどういう事情があるのでしょうか。
 また街の能力者達(能力者の78%)が共鳴したらポルターガイストが起き、街が壊滅可能性もあるようで…。またスケールの大きい話になってきました。美琴は木山の話に反応…。何か心当たりがあるようですが…。


 その晩。黒子の見ている夢がヒドすぎる…。同人ネタになりそう。美琴は変装をして、研究所に乗り込みます。カエルとか可愛い服とか美琴の趣味混じりすぎ~。
 でもその研究所は何故か電気が通っていないようで…。最初は誰もいないと思われました。が、そこで美琴は木山と出会うことに…。美琴はすぐに木山がまた物騒なことをしようとしていると思い込み、木山に攻撃を仕掛けようとしますが、そうではなさそうで。

 それから木山は美琴を車に乗せ、どこかへ連れて行きます…。着いた先はどこかの病棟。そこには枝先など、かつての木山の教え子がいました…。どうやらポルターガイストを起こしていたのは木山らしく…。しかもあのカエル先生が!先生、一体どれだけ顔が広いんですか~。色々わけありのようです。

 そこから事情説明へ。まずはレベル6の創造を試みていた木原の話から。木原は能力体結晶を投与することで普通の人間のレベルをレベル6へ底上げしようと企んでいました…。美琴以上のレベルとなれるとしたらすごいですが、そう簡単にはいかず…。
 その講演を聞いていたカエル先生はその後木原と話を。カエル先生は実験には副作用があるのでは…?と疑っていました。でも木原は被験者のことなんておかまいなし。犠牲者はあとをたたず…。木山の教え子も能力体の研究対象となっていました。あの実験の目的はレベル6の創造だったんですね…。やっぱり学園都市黒すぎます。

 で、それから木山はカエル先生の力も借りて教え子達を目覚めさせようと色々手段を探っていたようです。そのかいあって目覚めさせる目処がたったようですが、覚醒が近づくと能力の暴走が起こることが明らかになり…。最初の能力体結晶に改良を加えたのが原因のようです。教え子を起こそうとするとポルターガイストが起きてしまう、起こせば街が壊滅する…。なんだかもどかしいですね…。木山も相当悩んだと思います。
 それでワクチンソフトを作ることにしたようですが、最初の被験体からデータを取る必要があるため難航中…。最初の被験体(ファーストサンプル)がどうしても見つからないようです。ここにも春上が関わっているんでしょうか。話も徐々に繋がってきました。

 困難な状況に置かれても、木山は何があっても見つけると決意を固めていました…。教え子を思う木山はやっぱりカッコいいですねー。
 そして思うあまり、強引な手段に出ようとする木山…。ですがそこでテレスティーナが現われ、子供達を連れ戻そうとします――。テレスティーナは自分達の力でファーストサンプルを探し出す事ができるかもしれないと木山に持ちかけますが、木山はこれを拒みます…。テレスティーナ、やっぱり悪役っぽい…。これで木原と繋がっていたら怖すぎです。

 対抗しようとする木山でしたが、ここで美琴が止めに入ります…。美琴は教え子達を連れてきたことで誰か救えたのかどうか問い詰め、そして春上が枝先と念話していると教え、木山を説得。テレスティーナにかけるしかなさそうです…。
 今回最後は子供達がいなくなった施設で呆然とする木山で終わり…。子供達がいなくなった空間が寂しげでした…。想像以上に規模が大きくなり、1クール目を見ていた時の興奮が戻ってきたような気がします。


 次回は「いま、あなたの目には何が見えていますか?」美琴達は子供達を無事目覚めさせる事ができるのでしょうか。予告の1クール目のテンションっぽい木山が面白かったです~。美琴のツッコミも見事でした。絵コンテ・細田直人さんが楽しみです。

 ではまた次回に。


コメント   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
« GIANT KILLING(アニメ)キャ... | トップ | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

41 トラックバック

とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6<神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの>」 (つれづれ)
 初春の能力って…。保温だけなのでしょうか?
とある科学の超電磁砲 第22話 『レベル6(略)』 (リリカル☆スアラ)
御坂美琴の潜入(装備:ゲコ太面) 夏祭りでゲットしたゲコ太のお面がこんな所で役に立とうとはw しかし、これで変装完了・・・なのか...
アニメ とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 感想 (99UPキノコ)
ポルターガイスト現象の原因を探る美琴達。 そして『レベル6』とは一体・・・? ネタバレありです。
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6<神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの>」 (妄想詩人の手記)
つぶあん以外は邪道です。
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6」 (ミナモノカガミ)
悪魔の実験。
とある科学の超電磁砲 #22 「レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」 感想 (起源風景)
春上の探している友達、それは木山の生徒であった枝先だった。 被験者となった子供たちが暴走能力者となりポルターガイストを起こしている可能性 初春「春上さんの次は、その友達を疑うんですか?」 佐天「アンタいい加減にしなよ!」 黒子に続き佐天ともズレ始める初...
とある科学の超電磁砲 #22 (HISASHI'S ver1.34)
「絆」律っちゃん とある科学の超電磁砲 #22 レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)
とある科学の超電磁砲 22話 「レベル6 神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの」 感想。 (追憶の本屋)
久々に美琴主役回!!!シリアスシーンにゲコ太お面とかギャップあって可愛いかったw♪ >>ということで、とある科学の超電磁砲 #22 感想...
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」 (♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪)
衿衣と絆理は同じチャイルドエラーの施設にいた。 その時、2人はテレパシーで会話をしていた。 しかしある日、絆理は別の施設に移されてしまい、それきり…。 そして最近「助けて」「苦しい」という絆理の声が聞こえるようになった衿衣。 衿衣は絆理を助けたいけど…...
とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 (SERA@らくblog 3.0)
春上もチャイルドエラーで、同じ施設だった枝先とだけテレパスが強かった。 最近になって別の施設に行った彼女の声が聞こえるのだと…。 ...
[アニメ]とある科学の超電磁砲:第22話「レベル6 -神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの-」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
悲しさをどこにぶつければいいのか。じっと唇を噛締める。
とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」感想 (☆ナガレボシ☆ ~The dream is realized~)
物語はクライマックスへと来ましたね。 ここにきて初春の能力が判明。 「触っているものの温度を一定に保つことができるんです。 なま暖かい程度にしかなりませんけど」 御坂達にも教えてはないということですが、 その割には若干ガッカリという感じですね...
とある科学の超電磁砲 #22 『レベル6<神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの>』(感想) (アニメ-スキ日記)
一体何がどうなってるのよ! お風呂〆は美琴でした♪(番組違うって^^;) クライ
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 (のらりんクロッキー)
木山せんせはやっぱり保釈されてました。 で、まさかカエル先生が関わっていたとは(ノ゜ο゜)ノ この人出番少ないから忘れがちなんだけど、要所要所で縁の下の力持ちですよね。 木山せんせとカエル先生のライン テレスティーナと木原幻生のライン 2組の科学者た...
「とある科学の超電磁砲」第22話 (日々“是”精進!)
   #22「レベル6<神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの>」“チャイルドエラー”として児童養護施設で育った春上。幼いころ、施設で仲の良かった少女――枝先との間でだけ、「念話能力(テレパス)」の強度が上がる特性を持っていたが、最近になって、別の施設...
とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思にに辿り着くもの」 (ツカサの死せる詩人の会 東京支部 )
 初春が春上にだけに明かした自分の能力「保温」たぶん、レベル1程度の能力だと思う
とある科学の超電磁砲 第22話 感想 (ひえんきゃく)
第22話「レベル6」 “チャイルドエラー”として児童養護施設で育った春上。 幼いころ、施設で仲の良かった少女――枝先との間でだけ、 ...
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 (破滅の闇日記)
とある科学の超電磁砲 第3巻 [Blu-ray](2010/03/26)佐藤利奈豊崎愛生商品詳細を見る 飾利の能力がやっと明らかになりました。温度を一定に保つ能力...
とある科学の超電磁砲 #22 (桜詩~SAKURAUTA~)
【レベル6<神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの>】 とある科学の超電磁砲 第2巻 &lt;初回限定版&gt; [Blu-ray]出演:新井里美販売元:ジェネオン・ユニバーサル発売日:2010-02-26おすすめ度:クチコミを見る ようやく初春の能力の謎が解ける!? 
とある科学の超電磁砲 第22話 『レベル6』 感想 (メルクマール)
四人組の人間関係について考えていて、「過酸化水素みたいだな」とふと思いました。とある科学の超電磁砲 第22話 『レベル6』 の感想で...
『とある科学の超電磁砲』#22「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 (ジャスタウェイの日記☆)
「枝先さん見つけなくちゃね。春上さんのためにも、 初春さんのためにも…でもって私たちのためにも」 自分もチャイルドエラーだったと語...
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」 (記憶のかけら*Next)
少しずつ、着実に、謎は解けつつあるんだけど・・・
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」 (Bubble Forest)
ついに明かされた初春の能力・・・! 春上の昔の友達・・・。唯一の友達であった万里。 彼女からのテレパスが今、春上に助けを求める。 ...
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 (日記・・・かも)
「気に入らなければ邪魔をしろと言ったのはあなたでしょ」 サブタイトルは木原幻生の言葉。 まあ…第1期終盤に一方通行さんの出番が有る...
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6」 (ひびレビ)
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 風紀委員 いつもテレパシーで会話していた春上と枝先。初春は必ず見つけてみせると意気込む。 テレスティーナに木山の記憶の中で見た出来事を話す美琴。あの事件の首謀者はマッドサイ...
「とある科学の超電磁砲」22話 レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの) (蒼碧白闇)
初春の能力は触っている物の温度を一定に保つ能力と判明。 じゃあ盛夏祭での頭にある花を褒められた際の華麗なスルーっぷりはなんだったんだ...
とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6<神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの>」 感想 (サボテンロボット)
★★★★★★★★☆☆(8) 春上の友達でかつて木山の教え子だった少女を手掛かりに 事件を調査する美琴、とその前に再び現れる木山晴美...
とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6 」 感想 (wendyの旅路)
混迷の連続―
とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」 (明善的な見方)
とある科学の超電磁砲 御坂美琴 クッションカバー前回、春上がチャイルドエラーだと分かったり、 初春が意固持になったりと大変でしたが、 ...
とある科学の超電磁砲 22話 「レベル6 神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの」 感想。 (追憶の本屋)
久々に美琴主役回!!!シリアスシーンにゲコ太お面とかギャップあって可愛いかったw♪ >>ということで、とある科学の超電磁砲 #22 感想...
とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」 (ゆる本 blog)
枝先絆理を介した衿衣と木山の間接的な関係性が明らかになってきた アニメ「とある科学の超電磁砲<レールガン>」の第22話。 ネタ 「俺的#2...
とある科学の超電磁砲 第22話 (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#22 レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)サブタイが示すのはなんなんでしょうか果たして…枝先絆理との想い出を語る衿衣どうやら...
【とある科学の超電磁砲 第22話-レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)】 (AQUA COMPANY)
科学者の夢は尽きる事なく。天上を知りたがるのもまた然り。
とある科学の超電磁砲 22話『レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)』 (本隆侍照久の館)
昔。
とある科学の超電磁砲 第22話 (ニコパクブログ7号館)
第22話『レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)』とある科学の超電磁砲 第3巻 初回限定版 [Blu-ray]今回は・・・ポルターガイスト事件の犯人が明らかに?!
とある科学の超電磁砲#22『レベル6<神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの>』感想 (傷つくこともできない)
野望が生んだ悲劇の連鎖 美琴が木山にたどり着いたことにより、話の大筋が見えてきた。 今エピソード考えてたよりずっと重い展開でしたw...
とある科学の超電磁砲 #22「レベル6」 (生涯現役げ~ま~を目指す人。)
なるほど、リっちゃんが木山せんせいと会う前になのーさんと同じ施設にいたわけですね。今回の話はなかなか良かったと思います。ただ・・・残念なのが・・・今回の終わり方からする....
【感想】 とある科学の超電磁砲 第22話 (ともくんのアニゲー日記)
第22話『レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)』 今回は・・・前回のポルターガイスト事件の続き。 なので、全体的にシリア...
『とある科学の電磁砲』 第22話 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
あ、春上さんとロケットの女の子の繋がりって学校じゃなかったのですね。春上さんと同じ施設にいたのだけど女の子の方だけ、施設から出ることになって…おそらく、その後、扱いが悪くなって最終的には木山せんせいの事故で…そのまま音信途絶。でも、最近になってテレパス...
とある科学の超電磁砲 22話 (ホビーに萌える魂)
とある科学の超電磁砲の第22話は、美琴と木山春生との再会、そして枝先絆理と他の意識不明の子供達の居場所判明…でもテレスティーナによって…。
とある科学の超電磁砲 第22話 (パズライズ日記)
今回は、以前に木山春生が起こした事件との関連が分かり始めるお話でした。 どう考えてもマッドサイエンティストな木原幻生の研究が全てのはじまりという感じですねぇ。 そしてあからさまに怪し過ぎるテレスティーナ、最後はどう考えても引き渡すべきではないと思います...