コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」 感想

2008-11-30 22:06:51 | 機動戦士ガンダム00 1&2期(2008-2009)

 今回は主にソレスタルビーイングが地球から宇宙へ脱出していく話。スメラギとマネキンの戦術の戦いに注目です。また今回はブシドーとカタギリの再会シーンもあって面白かったです。やっぱりバレバレ…。今後新機体が完成する日がますます楽しみです!


 始めは前回からの続きで刹那・ティエリア対アリーのガンダム同士の戦いの続き。戦いを求めるアリーは刹那・ティエリアへ猛攻を仕掛けてきます!あとここでアリーの体が「半分消し炭」になってしまったことが明らかに。いくらアリーでもさすがに無傷というわけにはいかなかったみたいです。そこは納得できました。
 アリーはロックオンの命だけでは割に合わない、再生治療のつけを命で払ってもらうと2機に攻撃。刹那・ティエリアもロックオンの仇を討とうとアリーへ立ち向かっていきます!アリーでも2機の相手をいっぺんにはできないだろうと思っていましたが、アリーはなんと1機で2機の相手をこなしてしまいます…。いくら刹那・ティエリアがいろんな攻撃を仕掛けても。改めてアリーは脅威の存在だと感じました。あとここではセラヴィの隠されていた腕など、何だか変な装備がいくつか出てきて面白いものが。セラヴィは頭が2個あることも含め本当に不思議な機体だと思います。
 2機ならアリーを仕留められるかと思っていましたが、実際やってみるとアリーの方が何だか優勢。嫌~な流れになってきてしまいます。
 が、ここでアレルヤとライルが援軍に!これによりアリーは分が悪いと言い、撤退していきます。今回もまた途中で戦いは終わりに。怒りを募らせるティエリアはアリーを追おうとしますが、アレルヤが止めます。また刹那もアリーが生きていたことに動揺している様子…。アリーの襲撃はまた雰囲気を暗くさせそうです…。

 一方リジェネは前回ティエリアをけしかけた件でリボンズから愚痴られていました。リジェネは上手く仲間に引き入れればよかったのにと言いますが、リボンズの考えは違った様子。またヒリングはリボンズに肩入れ。ヒリングは何だか見ていて不愉快なものが。

「ティエリア・アーデを怒らせたのは君だよ。
 上手く振舞えば彼を仲間することもできたはずさ。
 せっかく僕がお膳立てしたというのに…」
「ふっ。彼らには僕たちに対抗してほしいのさ」
「ソレスタルビーイングが活動すればするほど、
 アロウズは世論から支持を受け、その行動が正当化される」

 リボンズ、ヒリングはこう話します。こう話すのを見ていると早くアレハンドロのようにやられる姿を見たいと思ってきます。その後もリジェネはリボンズを挑発しようとしますが、リボンズはこれを軽く流します。そんなリボンズの様子にリジェネはやや不愉快そうな様子。リジェネはリボンズとはまた違いの狙いがあるんでしょうか。リジェネの真意が気になりました。
 また留美はパーティ帰り。相変わらず戦いがお好きな様子。留美はソレスタルビーイングとアロウズが戦いになるのを期待しているようです。留美は本当嫌な意味での中立者です…。

 あれからルイスはアンドレイから気づかいを。ルイスはまだドレスを着ていました。ルイスはアンドレイに自分のことを聞かなくていいのかと訊ねますが、アンドレイはルイスのことを考えてあえてそれを聞きませんでした。アンドレイも悪い人ではなさそうです。
 それからアンドレイはルイスのことを調べに端末に。そこでアンドレイはルイスが4年前事故に巻き込まれ、一族皆を亡くし、ルイスもGN粒子を浴び、細胞障害を患ってしまったことを知ります。これでアンドレイはルイスの目的が「復讐」だということを知ります。ここまでは普通でしたが、この一言でまたアンドレイの見方が変わってきそうです…。

『あの若さで戦場にでる理由。可憐なドレスこそ似合う少女が…』
 
 今度は可憐~!これを素で思っているのがまた。いくら否定してもアンドレイは本当中身は父親譲りだと思います。この先もアンドレイのポジションはこういう感じなのでしょうか。とりあえず今後ルイスとどう関わっていくのかは気になります。

 アンドレイと分かれた後ブリッジで休むルイス。その間ルイスが思い出すのはカタギリの刹那がソレスタルビーイングだという言葉。このセリフをルイスも聞いていました。それを知ったルイスですが、今はまだ刹那に憎しみは感じていない様子。この先どうなっていくのかますます気になってきました。

 トレミーではガンダムの収容が終わり、次の作戦へ。次の作戦は、ガンダムの補修とサポートメカの受け取りをするためにラグランジュ・スリーに向かうというもの。宇宙へ飛び立つため、クルーは全GNドライヴとトレミーの接続作業を開始することになります。
 一方刹那は沙慈にルイスに会ったことを話します。結構気になっていました!

「ルイスと会った!?」
「ああ。偶然にな」
「元気だった?」
「ああ。おまえのことについて聞かれた。
 宇宙(そら)で働いていると答えた」

 で、刹那は会った時話したことをそのまま沙慈に話します。沙慈はルイスが生きていることを知って嬉しそうでした。でも沙慈はどこか浮かない様子で…。

「そう…そうなんだ」
「連絡取ってないのか?」
「うっ、それは…」

 1期で別れて以来、ルイスは行方をくらまし2人はずっと会っていませんでした。後はルイスの腕のことについて話すのかと思っていたら、ここでティエリア達が入ってきて話は終わりに。少し話が進みましたが、この辺のことを沙慈が知るのはまだ先になりそうです。

 入ってきたティエリアはライルにロックオン(二ール)の仇がアリーだということを教えます。でもそのことを知ってもライルはあまり気にしていない様子。ライルは兄であるニールのことを尊敬はしているものの、

「いや。尊敬してんだよ。家族が死んだのは10年以上前のことだ。
 俺にはそこまで思い詰めることはできねえ」

 と割とドライな考えの様子。確かにライルは二ールとは違うようです。その後刹那が1期でロックオンに言ったことを教えてもライルは同じ。ライルは過去に捕らわれてはいませんでした。

「その時、お前が止めてたとしても、テロは怒ってたさ。
 そういう流れは変えられないんだ」
「だが…」
「すべて過ぎたことだ。昔を悔やんでも仕方ねえ。
 そうさ。俺たちは過去じゃなく、未来のために戦うんだ」

 この考えが正しいことなのか分からないにしろ、こういうライルの前向きな考えは良いと思います。過去のことばかりに捕らわれ過ぎていても、前には進めないのかもしれませんし…。こういう風にさっぱり言えるということは、ライルにもこれまで色々あったのかもしれません。
 でもティエリアはそんなライルの考えを受け入れることがなかなかできず。その場を後にしてまた思い悩みます。

『己の正義に準じて生きる。
 だが、それが本当の未来につながるのか…?
 イノベイターに敵対することが、本当の未来に――』

 前回はっきり決めたと思ったら、また迷いが来てしまいました…。ティエリアも色々まだまだのようです。でもここまできたら未来を信じて欲しいです。ティエリアが決心を固めるまでにはまだ時間がかかりそうです。

 アロウズではまたソレスタルビーイングを包囲するための作戦を考えていました。ここでまたでしゃばってくるのがリント。リントは自分の想像範囲内で物を考えており、その作戦には荒が。マネキンはこれに意見しますが、いつものようにあしらわれてしまいます。が、今回は頼もしい味方がいました。それはリヴァイヴ・リバイバル。リヴァイヴはこうリントにこう意見してきます。

「その戦術には、異を唱えさせてほしいですね。
 お忘れになっていませんか?
 敵艦は大気圏を突破し、地上に降下してきたのです。
 ならばその逆もありえるかと…」

 この意見にマネキンも賛成。場は2人優勢になっていきます。とどめがこのセリフ。

「敵の指揮官も今のオーソドックスな戦術は、先刻お見通しでしょうし」

 こう言われたリントは図星を付かれたように苛立ってきます。ちょっとリヴァイヴが好きになってきました。そしてリントの小言にも、

「ライセンスがあります」

 と、反論。またまたライセンスきました~。やっぱりアロウズではライセンス=免許のようですね。これではリントは強く出れません。またマネキンも質問。どうやらブシドーの件が気がかりのようです。

「貴官もワンマンアーミーだというのか?」
「ミスター・ブシドーと違い、
 大佐の戦術には従うことをお約束しますよ」
「それはありがたいな」

 どうやらリヴァイヴはマネキンには従ってくれる様子。マネキンにまた頼もしい援軍が増えました~。ようやくマネキンも報われそうで良かったです。次はコーラですが…。

 後半ではまずブシドーの出番が!しかも今回はカタギリに会いに基地へ。1話から待っていました!カタギリは突然現れたブシドーに驚き。しかも、

「やはり新型を開発しているか」
「グラハ…いや今はミスター・ブシドーだったね」
「勝手にそう呼ぶ。迷惑千万だよ」
「気にいっているのかと思ってたよ。ところで、今日は何の用だい?」

 とまったく仮面が意味なし!やっぱバレバレでした。意外だったのはグラハム自らブシドーを名乗っていなかったということ。どうやら自然にそう呼ばれるようになったっぽいですね。確かに武人っぽいあの姿を見ていれば納得かも。でも迷惑だとは思っていないな気が。否定もしていないようですし。
 カタギリはブシドーと名前を言い直した後、用は何かと訊ねます。そこでブシドーが頼んだのは…

「貴官の開発主任就任の祝福を」
「それはそれは」
「それと試作段階のあの機体を、私色に染め上げて欲しい」

 と、ある機体のことについて。そしてその先にあったのはフラッグっぽい機体!フラッグではないのが唯一残念です。これはグラハムの更なる活躍の予感が…!!ワクワクしてきました。今でもやっぱりグラハムはフラッグへの誇りを忘れていなかったんですね~。安心しました。
 その後も何だかカッコ良いグラハムのセリフが続きます。いちいちカッコよくて、見ている時は色々大変でした。

「どうやらそっちがここにきた本命だね。要望はあるかい?」
「最高のスピードと、最強の剣を所望する」
「合点承知。その代わり、確実に仕留めて欲しい。
 ソレスタルビーイングを…」

「無論だ。私はそのためだけに生きている」

 最強の剣~も良かったですが、特に最後の一言が良い感じ。これなら周りからブシドーと言われるのにも納得です。ただカタギリのスメラギへの憎悪だけがちょっと怖かったです…。この辺は語録を更新する時、またじっくり振り返りたいと思います。
 またグラハムは今回の作戦に「艦隊戦に興味はないな」ということで不参加。そこまで読んでいるとは…。あとウケたのがこのやり取り。

「そこまで作戦を読んで…」
「心眼は鍛えている」


 ブシドーは心眼まで極めていました!だからブシドーと呼ばれるのでは?ガンダムへの愛の賜物でしょうか。2人のやり取りも1期と変わっていなくてよかったです。2人の友情はまだ続いていました。今後2人が作る新フラッグへの期待が高まってきます!

 そうしてまた始まるソレスタルビーイングの作戦。今回の作戦はおおまかに言うと、海中から宇宙へ浮上し、オーライザーのある基地へ向かうというもの。それに向けてメンバーは準備を進めていきます。今回は戦艦がかなり揺れるということで、沙慈・マリーもブリッジでそれに備えます。
 で、始まる作戦。トレミーはまずトランザムシステムを起動させ、GNフィールドを張り、空へと浮上していきます。途中アロウズの攻撃があるものの、これは予想の範囲内ということでクリア。そのGNフィールドには普通の攻撃はきかず、コーラ・ルイスの隊の攻撃も効きません。またスピードも速く追いつけず。これに2人は

「この、またかよ!」「逃げるな、ソレスタルビーイング!」

 と悔しがっていました。どうやら今回もコーラはやられ役っぽいですね。今後もこの調子で。マネキンもまたこの相手の戦術に、

「何という豪胆な戦術だ。やはり――」

 と、相手を評価しつつ、その戦術を立てているのが誰か確信していきます。
 トランザム・GNフィールドのおかげでスメラギの立てた作戦は順調に進んでいきますが、大気圏突入間際にマネキンの指示でリヴァイブの機体・ガデッサが艦を攻撃。この攻撃の震動で沙慈は不安を感じますが、マリーは「大丈夫です」と皆を安心させます。確かに艦自体は大丈夫ですが、これによりトレミーの軌道がずらされてしまいました。これにスメラギもまた相手の指揮官を意識。

「角度を変えられた!?敵の指揮官本当にやる…」

 スメラギとマネキン。お互いが意識していました。今回この作戦はスメラギ対マネキンの戦いという感じがしました。今後も事あるごとに2人の戦いは続いていきそうな気がします。
 軌道をずらしたマネキンの狙いは他の艦にトレミーを待ち伏せし、奇襲させるというもの。この待ち伏せにはジェジャン中佐という人物が。でも外見がモブっぽかったので今回で出番終わりだなと何となく思ったり。
 しかもそこにトランザムの限界時間が。GNフィールドが消失してしまいます。結構ピンチ…。でもスメラギはこれに…

「そう…。予測範囲内ね」

 と冷静。これもまたスメラギの予想の範疇でした。今回のスメラギは、もうダメラギではありませんね。今回は冴えていました。
 すると次の瞬間、敵艦に向かっていく機体が。それは、

「一気に本丸を狙い撃つ。ダブルオー、目標を駆逐する!」

 と、ダブルオーガンダム!スメラギは待ち伏せも見越してガンダムを大気圏離脱中に緊急発進させていました。スメラギ、冴えすぎ。そうしてダブルオーガンダムは敵艦を撃墜。この瞬間ジェジャン中佐も戦死してしまいます。ああやっぱりやられキャラでした。この辺の扱いはガンダムらしいというか…。とにかくこうして作戦は無事終了。トレミーは目的の基地へと向かっていきます。
 その作戦後。スメラギに敵MSから通信が。そこにはマネキンのスメラギを賞賛するメッセージがありました。

『ソレスタルビーイングの、リーサ・九条の戦術に敬意を表する。
 独立治安維持部隊大佐 カティ・マネキン』
『マネキン…カティ・マネキン。
 そんな――彼女がアロウズに?』

 これにスメラギは動揺。マネキンがアロウズにいることに動揺します。これでスメラギもマネキンがアロウズにいることを知ることになってしまいます。
 そんな中スメラギが思い出すのは学生時代のこと。ベンチで座っているスメラギ・カタギリのところにマネキンが――。どうやらマネキンもまたスメラギの同級生だったようです。このことを今のスメラギは苦く感じている様子。スメラギはまた過去を意識してしまいます。

「逃げられないのね、私は」
『あの忌まわしい過去から、拭えない過去から…』

 スメラギの過去にはまだ暗いものがありそうです。更にスメラギにしがらみが増えてきました。またダメラギにならないことを祈ります…。今回はここでEDへ。

 Cパートはまずアロウズのカタギリ指令が。カタギリ指令はこの戦闘でジェジャン中佐が戦死したことを聞き、これ以上戦死者を出すわけにはいかないと、遂にイノベイターに協力要請を頼むことを決めます…。そして次にはリジェネ達イノベイダーが。今後ソレスタルビーイングは更に苦戦を強いられることになっていきそうです。でもいまいちイノベイターは好きになれません…。
 それに対抗するようにソレスタルビーイングの面々はオーライザーのある基地へ到着。イアンはリンダという女性にオーライザーを紹介されます。確かこの人イアンの妻だったと思います。外伝は前に立ち読みしているだけでうろ覚えですが。外伝も結構本編に絡んできますねー。
 で、そのオーライザーはどうやらダブルオーの支援機のような役割を持っている様子。何だかカッコいいデザインです。そしてイアンはその機体を見て、この先へ希望を持ちます。

「よくやってくれた、リンダ。こいつがあればダブルオーは無敵だ」

 果たしてオーライザーはどこまでダブルオーの力を引き出してくれるのでしょうか。出番が気になるところで次回へ続きます!


 次回は「天の光」今まで以上に色々なキャラが出てくるようで、どう話か展開していくか楽しみです。特に紫色の髪の人。あと動揺した様子のネーナが気になります。
 あとはマリーと沙慈が会話しているところも。今回の作戦で2人も今の状況に危機感を感じ始めていたようだったので、もしかすると今回出てきた機体に2人も乗り込むことになるのかもしれません。

 ではまた次回に!


コメント (8)   トラックバック (77)   この記事についてブログを書く
« CLANNAD~AFTER STORY~ 第9... | トップ | 巌窟王 第23幕「エドモン・... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サーシェス様来たーーーーーー!!! (ラズリード)
2008-11-30 22:31:21
どうも、久しぶりです
セカンドシーズン始まって以来待ちに待ったサーシェス様の戦闘シーンがようやく見られて嬉しいです
やっぱサーシェス様はとてつもなく凄いね
ガンダム二機を相手にガンガンガンガン圧してましたし、セラヴィの奇襲の隠し球をいとも簡単に避けながら隠し球で返していましたし・・・
アーーー脈拍数上がりっぱなしでスーーー

パトは相変わらずのやられ役ですね・・・
あまりの扱いの悪さにパト本人までもが「またかよ~~~!」って嘆いていましたし・・・
でも自分の予測ですが、此処まで来るとパトリックは不滅(死なない程度の)だと思います


管理人のソウキさんに個人的なお願いがあります
アリー・アル・サーシェスの事をいう際、「アリー」では無く「サーシェス」の方で表記して欲しいです
(アリーだけだと名前っぽくありませんし、かっこ悪いと思うので・・・)
X (X)
2008-12-01 17:11:02
プトレマイオスの起動、じゃなくて軌道ッスよ。起動をずらした、もね。
コメントありがとうございます! (管理人:ソウキ)
2008-12-01 22:26:52
ラズリードさんコメントありがとうございます~。
今回のアリーの実力にはとても驚かされました。
あと半身を失っても、こうしてまた機体を動かしていることにも。
まさかガンダム2機を相手に対等だとは…強いです。
今後ますます脅威な存在になってきそうですね。

コーラは前期と扱いが変わらなくてちょっと安心しました。
これでこそコーラという気がします。
コーラに関しては、やっぱり1期のようにやられながらも、生き延びていって欲しいなと思います。
これからも不滅っぷりを見せ付けて欲しいですね~。

アリー・アル・サーシェスの名前の件は検討したいと思います。
1期の時、初登場した時どう呼んでいいか掴めず、
それがずっと今まで残っていた+文字数の関係でここまでアリーと呼んできましたが、
確かにサ―シェスの方がらしいかもしれませんね~。
次回以降、反映していけたらと思います。
コメントありがとうございます! (管理人:ソウキ)
2008-12-01 22:27:26
Xさんご指摘ありがとうございました。
変換ミスで誤字っていました。すいません。
急ぎ訂正させて頂きました。
2週分を一気に見ました! (ごろー)
2008-12-02 00:46:47
こんばんは。
最近は展開が早すぎて、気になることが多すぎて、逆に中途半端なコメントがしづらい状況です…^^;

☆特に気になった点
・サーシェス強い!
刹那とティエリアが大苦戦とは…今回も嫌らしいキャラになりそうです。
ロックオンを倒した代償として半身が消し炭になっていたのが救いでした。
ただ、サーシェス、1期のような「凄み」「底の知れない怖さ」は無くなった気がします。2期ではイノベイターの「飼い犬」(昔のように飼い主に噛みつくような勢い(余裕)がない?!)みたいです。個人的に、サーシェスは大局の中では雑魚っぽい感じがします。「彼の戦いは(対ロックオン戦で)既に終わっていた」のかもしれません。
・イノベイター達
嫌なキャラがぞくぞくと…。リボンズとの会話中の微妙な表情の変化等から、リジェネは何か思うところがありそうです。
イノベイターには戦闘タイプがいるようですが、他には指揮系とか情報収集系とかいるのでしょうか?!
・1期のライバル達
1期の時は散々CBを苦しめた方々ですが、2期では非常に「良識のある」言動が目立ちます。ブシドー(グラハム)、ソーマ(マリー)、セルゲイ、マネキン達は2期以降凄く好きになりました。コーラも1期のままですが、アロウズの中でも和みます。 
お久しぶりです (westernblack)
2008-12-03 13:32:50
新グラハムカスタムは顔と肩だけ見てがっかりしたという向きも少なくないようですが、ガデッサの延長線上にある機体ではないかとの指摘があり、そうするとあそこから下はフラッグっぽくてもおかしくはないですよね。ガデッサを最初見たとき、何だこのイナクトもどきはと思いましたが、前回は炭酸登場のタイミングのミスリード、今回はこれだとするとなかなか伏線が細かいですね。予告に出ていた黒いのがそうでしょうか?モロに仮面と陣羽織のフラッグなんですが…
再び日系米人説も浮上してまたも経歴がよくわからなくなったスメラギさんですが、これまでの黒田作品の流儀なら、小出しにした後にまとめて説明があるのでしょう。楽しみに待ちたいと思います
しかしあの回想シーンは、あれだけの情報でも十分切なくて胸が痛みました。きっと仲良し三(四?)人組だったことでしょう
しかしスメラギさん、カッコよすぎて後で落ちるのが怖いですね(笑)とりあえず過去から逃げてるのが弱点というのが今回明確に示されたと思いますので、それをどう克服するかしないかが課題になるのでしょうね…
それでは失礼します
コメントありがとうございます! (管理人:ソウキ)
2008-12-03 23:29:14
>ごろーさん

 ごろーさんコメントありがとうございます~。本当に2期の00は展開が早く、伏線も色々あって大変ですよね~。面白いのですが、感想をまとめるのに毎回1期以上に苦労しています…。

 サーシェスは本当強いですよね。まさかガンダム2機相手に互角とは驚きです。とりあえずロックオンの犠牲が本当に無駄にならなくて良かったです。これで何もなかったら無駄死にでしたし…。
 言われてみると確かに今期のサーシェスは前期に比べると、キャラを分かってきたせいもあるのかあまり怖さは感じない気もします。ただ今後またどうなるかは分かりませんが…。リボンズ達とどういう取引をしているのか気になります。これから刹那達がどうサーシェスに対抗していくのかチェックしていきたいと思います。 
 イノベイター達もどんどん出てきていますが、やっぱり無邪気なキャラが多く、今後の展開が恐ろしく感じます…。これから対ガンダムの相手として戦うことになりそうですね。何やらリジェネは何かリボンズに思うところありそうですが、どうなるんでしょうか。イノベイター達も色々得意分野がありそうで、まだ出ていないイノベイターがどんな特性を持っているのか気になるばかりです。ただ尺的に出すぎなような気もしたり…。
 1期のライバル達は本当今期ではアロウズ側が本当に悪というのもあるのか、良い感じですよね~。2期でソーマとマネキンの見方も良い方向に変わってきました。コーラは本当あのアロウズにいるせいもあってか見ていて癒されますよね~。ライバル達のこれからの活躍にもほどほどに期待していきたいと思っています!

 ではでは~。
コメントありがとうございます! (管理人:ソウキ)
2008-12-04 22:02:42
>westernblackさん

 westernblackさんコメントありがとうございます~。
 グラハ・・・じゃなくブシドーの新機体遂に出てきましたね。またカタギリとのコンビが見れるということでますます今後が楽しみになりました。
 それは嬉しかったんですが、でもやっぱり1期でグラハムがフラッグへ誇りを抱き、戦っていた姿を見ていると、やっぱり完全にフラッグではないというのがちょっと残念でした。今回は機体の上の方だけ見えていましたが、もしかすると下はそうなのかもしれませんね。そうであればいいなと思いつつ。
 予告に出ていた機体は何だかいかにもという感じがしましたが、どうなんでしょうね。とりあえず次回が待ち遠しいです!

 スメラギ、今回は大活躍でしたね~。これまでのダメラギっぷりが嘘のようで驚きました。この今の状態が続けばいいんですが、ここにきてまた過去のしがらみが出てきて分からなくなりましたね。またダメラギに戻らなければいいのですが・・・。仲良しだった頃の回想シーンは見ていてやるせなさを感じました。とりあえずこれからスメラギが過去をどう乗り越えるか気になりますね。
 スメラギの素性は確かに回を重ねるごとに謎が増えて、もうその辺がどうなっているのか整理がつかなくなってきましたが、後半に強い黒田さんなら何とか上手くやってくれるんじゃないかと思います。いよいよ00も2期後半ということで、黒田さんの本領発揮が見れそうで楽しみです。

ではでは~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

77 トラックバック

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (ぷらすまいなす研究所 ~in the azure~)
「再生治療のツケを払え!てめぇの命でなぁ!!」 ということで、Cパート限定キャラを脱したサーシェスが派手に暴れてくれました。 HCM-Pro62-00 G-BOX オーライザー+ダブルオーガンダムコンプリートセット ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~バンダイ 2008-12-25売り上...
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」 (MAGI☆の日記)
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第9話を見ました。第9話 拭えぬ過去「すまない、俺のミスだ」「だが見つけたぞ、刹那。世界の歪みを…そうさ、僕達はガンダムで世界を歪みを破壊する!!」「ところがぎっちょん!!」「あのガンダムは…!?」「スローネの発展型…?まさか!?....
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (Happy☆Lucky)
第9話「拭えぬ過去」
機動戦士ガンダムOO 2nd Season 第9話 「拭えぬ過去」 (ムメイサの隠れ家)
刹那とティエリアはアロウズの偵察任務に当たるが正体がばれて撤退を余儀なくされた。 そんな中二人の退路に立ちふさがったのはサーシェスの...
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第9話 『拭えぬ過去』 (SERA@らくblog 3.0)
オレたちは過去じゃなく未来のために戦うんだ――。 ニールの仇サーシェスに怒りをあらわにぶつかるティエリアと刹那。 弟ライルに刹那はか...
機動戦士ガンダムOO 第09話 「拭えぬ過去」 (アニメって本当に面白いですね。)
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン   お勧め度:   []   TBS系 : 10/05 17:00   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之、中谷誠一   キャラデザ : 高河ゆん、千葉道徳   アニメ制...
機動戦士ガンダム00 2nd 第9話 「拭えぬ過去」 (いとちゃん徒然草)
「昔を悔やんでも仕方ねぇ。  俺達は過去じゃなく未来のために戦うんだ」 ライルがカッコ良くなってきましたね。 トランザム状態のGNドライヴを使って プトレマイオスが大気圏突破するとは驚きました。 その途中でOOがプトレマイオスから発進していた事にも・・...
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」 (アニメのストーリーと感想)
  アレルヤが発見された報告を受けたティエリア。その前に同じ容姿を持つリジェネ・レジェッタが姿を見せた。イオリアの計画に必要な存在として、生み出されたイノベーターであるリジェネ。何も知らなかったティエリアに対し、計画の詳細について話始めた。計画は3段階...
機動戦士ガンダムOO 2nd Season 第9話 「拭えぬ過去」 (リリカルマジカルS)
「グラハ・・・ いや、今はミスター・ブシドーだったね?」 「勝手にそう呼ぶ、迷惑千万だな」 「気に入ってるのかと思ったよ」 俺もww...
乙女はティエリアに恋してる 00第9話 (【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式)
 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだか...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 感想 (メルクマール)
『大気圏離脱時の戦闘』 とは萌えるシチュエーションでした。機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 の感想です。 フ...
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 (WONDER TIME)
「貴様がロックオンの仇かっ!!」 ついにサーシェスとの戦いっ!! ロックオンの仇と言う事でティエリアが感情的になってました 過去から逃げら...
今日のガンダム00 #9 (地下室で手記)
「拭えぬ過去」今回は、ぎっちょんと因縁の深い刹那、ロックオンの敵討ちと意気込む2人との戦いから。2対1の状況でもぎっちょんの方が有利ですね、ファングがあるというのもありますし。ただし、増援がきて4対1だと撤収。アロウズに囲まれる事を予測したスメラギさん...
ガンダム002nd 感想 第9話「拭えぬ過去」 (★♪灰色の月と白色の太陽♪★)
         過去と未来。
機動戦士ガンダム00 2nd season 9話「拭えぬ過去」 (Spare Time)
『サーシェスの駆るアルケーガンダムと対峙した刹那とティエリア。ロックオンの仇と怒りを向けるティエリアだが、その攻撃力に圧倒されてし...
『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第9話 「拭えぬ過去」 (★一喜一遊★)
「敵討ちをさせてもらう!!!」 刹那もティエリアもサーシェスには特別な思いがありますからね{/kaeru_en2/} でもやっぱ一番ティエリアが熱くなってます{/good/} その気持ちはよ~くわかるけど、無茶だけはしないでください{/face_yoka/} ライルがサーシェスについ...
機動戦士ガンダム00 2nd #9「拭えぬ過去」 (White wing)
開発途上のダブルオーとセラヴィーではサーシェスのアルケーには歯が立たないのが証明されたな。ケルディムとアリオスの援軍が側まで来ていると知ったサーシェスはリスクを考え撤退。 流石ですな。それに比べるとティエリアはロックオンの仇だからというのもあるけど、熱...
機動戦士ガンダム00 2nd09話「拭えぬ過去」感想 (優しい世界~我が心に迷いあり(β))
大気圏強行突破! 本日は思いっきりバトル編。 ブシドーたんは、ちょこっと登場。 機動戦士ガンダム00 1 (ブルーレイディスク) ¥3,780 <ちょっと気合はいったまとめ> ・00、セラヴィー、サーシェス機と死闘を展開。 ・サーシェスの体の半分...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 普通の感想 (白狼PunkRockerS)
なんで新型がフラッグじゃねえんだよォ ーーーーーーーーーーーーーーーッ!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!...
ガンダム00 2nd 第9話「拭えぬ過去」 (見ていて悪いか!)
えー、スローネツヴァイに乗ったら「行けよファング!!」って言わないといけないお約束なんでしょうか(苦笑
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (明善的な見方)
拭うどころか、更新してしまった炭酸w
機動戦士ガンダム00 2nd Season #09 拭えぬ過去 (Ηаpу☆Μаtё)
逃れられない、忌まわしい過去
第9話 拭えぬ過去 (機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター])
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」に関する トラックバックを受け付けています。 みなさんの感想お待ちしています。 ...
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (せーにんの冒険記)
ガンダムVSガンダム 俺はPSPもってねぇんだよ(涙) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD](2009/02/20)宮野真守三木眞一郎商品詳細を...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 (ミナモノカガミ)
迷い。
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON 第9話 「拭えぬ過去」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] 刹那とティエリアの前に現れたアリー。圧倒的強さの前に為すすべのない刹那達。だが、その時・・・!
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第09話 「拭えぬ過去」 (紅蓮の煌き)
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第9話感想です。 アルケーガンダム襲来
機動戦士ガンダム002nd#09合点承知!! (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
生きていた「ぎっちょん!!」中近東に「ぎっちょん!」に該当する言語があるかどうかそれについては、この際(/_・)/コッチニオイトイテ圧倒的な速さと強さ!!サーシェスは楽しんでいる・・戦争を第9話「拭えぬ過去」ライルは知る・・兄の仇、彼の家族を奪った刹那の過....
機動戦士ガンダム00 2ndSeason #09『拭えぬ過去』 (風庫~カゼクラ~)
色んな人が繋がって来て俄然盛り上がってきた!?なガンダム00。 ビリーとブシドーが再会するやら スメラギが敵指揮官がマネキンであることを知るやら 2人目のライセンス持ち(笑)が登場するやら、でございました。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」 (smiley days)
ガンダム00第9話の感想 アリー強すぎ!
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話 (ラブアニメ。)
「拭えぬ過去」 私色に染め上げて欲しい→合点承知! 対サーシェス戦は、ロックオンの仇ということもあってティエリアが感情的になってま...
機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #09「拭えぬ過去」 (無限回廊幻想記譚)
帰還していた刹那・F・セイエイとティエリア・アーデの前に、アリー・アル・サーシェスの乗るスローネの発展型アルケー・ガンダムが立ちはだかる。高速のファング(ファンネル)での攻撃にセラヴィーガンダムが被弾する。先の戦いで身体の半分を失ったサーシェスは、刹那...
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン #09 『拭えぬ過去』 (■モニョロ箱■)
アリー・アル・サーシェス、襲来!!
機動戦士ガンダム00・第9話 (新・たこの感想文)
「拭えぬ過去」 プトレマイオスへ帰還する刹那とティエリア。彼らの前に立ちはだかるは、アリー・サーシェス。危機に陥る刹那たちだが、そ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯09 「拭えぬ過去」 (Free Time.)
「合点承知!  その代わり、確実に仕留めて欲しい…ソレスタルビーイングを…!」 ビリィィィィィィイイイイイイイイイ!!!! 喪男の恨...
ガンダム00第2期9話「拭えぬ過去」 (空想野郎の孤独語り)
「…私は今、猛烈に急いでいる!!月曜は必ず休みを入れて 00のレビューを朝まで仕上げていたのに…シフトが入ったからだ!! 今日は放送中にたまーるさんとテレビを見ながら語り合い、萌えた!!」 「うんうん、頑張って急いでレビューしなきゃね。明日早いし」 再会おめで...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第09話 「拭えぬ過去」 感想 (完成版) (新・天の光はすべて星)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)アバンから暴れまわるサーシェス。アルケーガンダムの性能とサーシェスの腕も相まって2体のガンダム相手に脅威のチート力を誇ります。セラヴィーの隠し腕に吹いた。ジ・O以来かもしれないなこういうの。そのサーシェ...
「機動戦士ガンダム002ndseason」第9話 (日々“是”精進!)
#09「拭えぬ過去」刹那とティエリアは、サーシェスの駆るアルケーガンダムと対峙する。ティエリアはロックオンの敵と怒りを向けるが、相手の攻撃力に圧倒されてしまう。一方、ライルはティエリアの言動からサーシェスが兄、ニールの敵であることを知る・・・。「俺たち...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 (深・翠蛇の沼)
ブシドーって言うな!!!
ガンダム00『拭えぬ過去』 (烏飛兎走)
 「その話、じっくり聞かしてもらおうか・・」 「もちろんだ・・ロックオンの武勇伝と共に!」 「ァハハハ・・・どうなってるんだ一体・・       (ちょ・・あれ?その回想シーン・・どこに俺がいたんだ・・?(涙目)」 「不服なのか?」 「いや☆ 隣の部屋...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 (はじまりの渓谷)
刹那「あれ?」
機動戦士ガンダムOO 2ndシーズン 第9話 (SOLILOQUY)
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」「世界の歪みを破壊する!」「そうはぎっちょん!さあ、始めようじゃねえか。カンダム同士によるとんでもない戦争ってやつをよっ!」速さが明らかに以前とは違うアルケーガンダムガンダム2機いても翻弄されてし...
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第9話『拭えぬ過去』の感想レビュー (gurimoeの内輪ネタ日記(準備中))
『逃れられないのね、私は・・・(あの、忌まわしい過去から・・・拭えない過去から・・・)。』 スメラギさんの戦術予報が冴え渡る! 地上から宇宙へと脱出するという僅かな時間が中心のお話ですが、様々な人の思惑が交差し、迫力のあるバトルシーンとあいまって、良回だ...
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第09話「拭えぬ過去」 (日常と紙一重のせかい)
なんというチート合戦  この場合は高度な心理戦といった方がよろしいか…そんな9話。
『機動戦士ガンダム00』#09『拭えぬ過去』 (なまけもののひとりごと)
なんか……悪い予感がするのですが……。 一番苦手なパターンが来そうな、そんな予感が。
逆襲のひろし…じゃなくて、アリー。そして舞台は宇宙(そら)へ! ガンダムOO 2nd 第9話『拭えぬ過去』 (シュージローのマイルーム2号店)
 潜入調査は一定の収穫を得られた潜入調査だったが、今度はアリーの新スローネの襲撃を受けてしまった刹那とティエリア機。  たった1機だ...
『機動戦士ガンダム00 2nd』#9「拭えぬ過去」 (ジャスタウェイの日記☆)
「俺達は過去じゃなく、未来のために戦うんだ」 リボンズと接触して逃げる刹那たちの前に立ちはだかったアリー・アル・サーシェス。 ロッ...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 「拭えぬ過去」 感想 (ソウロニールの別荘)
それぞれの背負うもの
機動戦士ガンダムOO 2nd. 第8・9話 『無垢なる歪み・拭えぬ過去』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
えー先週は生きていれば誰しも起こりうる、のっぴきならない家庭の事情で1週お休み頂きました。 2話纏めて書かせて頂きますね。 あぁ先週分めっちゃリアルで見て感想書きたかったわ。 ティエリア回な上、コーラサワーまで出てくるんですもの!
機動戦士ガンダム00 2nd 第9話『拭えぬ過去』 (アマデウスの錯乱?)
機動戦士ガンダム00 2nd 第9話『拭えぬ過去』
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 「拭えぬ過去」 (空色きゃんでぃ)
ガンダム同士の戦い! あ、サーシェスの乗ってるのスローネもガンダムなんですね。 ついに、ロックオンの仇との対決!
ガンダム002nd#9「拭えぬ過去」 (シバウマランド)
隠し腕…ジオっぽいですねwいくらサーシェスの新型が相手だとはいえ4対1であっさりと逃げられてしまうのもどうかと…背後を取っていたようなので…可憐なドレスこそ似合うとか…アンドレーのいうことはいちいち何か…ねロックオン(弟)はけっこうあっさりとしてますね...
「拭えぬ過去」 機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 (Welcome to our adolescence.)
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 「やはり生きていた…アリー・アル・サーシェス」 身体の半分が消し墨になった…とな。 ...
機動戦士ガンダム00 2nd Season 9話「拭えぬ過去」感想 (月の砂漠のあしあと)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] 地上に、思いと思惑に、絡み取られたまま、天に糸を引き、再び宇宙へ・・・ Cパートの男、ひろC・アリー・アル・サーシェスが遂に、冒頭から殴りこみ!ニールの命を銃身に込めた『ラストシュート』 なんとか、生命は...
機動戦士ガンダム00 2nd Season #09 (アミューズエイド)
 [画像] さーしぇす:誰だ!?アバンとCパートに定評があるひろしってバカにしたヤツ!!  [画像] ふぇると:大変です、すめらぎサソ!ひろしのヤツがAパートに侵入しましたっ! すめらぎ:先週、アバンで撤退すると言ってたりぼんずの予想ハズしてるじゃない! ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 「拭えぬ過去」 (ゼロから)
世界のゆがみを見つけたティエリア・アーデ。しかしところが、ギッチョンbyサーシェスサーシェス、お前は既に死んでいる。そんな死語を吐くくらい格好悪いならとっと死んでくれ!
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 「拭えぬ過去」 (ゼロから)
世界のゆがみを見つけたティエリア・アーデ。しかしところが、ギッチョンbyサーシェスサーシェス、お前は既に死んでいる。そんな死語を吐くくらい格好悪いならとっと死んでくれ!
ガンダム00 2nd #09 拭えぬ過去 (ビヨビヨ日記帳2)
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。 (以下セカンドシーズンのネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」 (a cup of tea)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD](2009/02/20)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る 第9話感想です(^^) 先週に引き続き、ダブル...
TBS「機動戦士ガンダム00(ダブルオー) セカンドシーズン」第9話:拭えぬ過去 (伊達でございます!)
トランザムの使用まで予想して布石を打ったマネキンでしたが、その読みを超えるプトレマイオスの速さとスメラギの戦術。短いながらも、魅せた戦闘シーンでした。
機動戦士ガンダム00 2nd 第9話 (雲の上からHello!)
ガンダムファイトォォォ、レディゴォォォーーー!!! 機動戦士ガンダム00 2NDシーズン #09 「拭えぬ過去」 “ところがぎっちょん”の続きからですね。アルケーガンダムですか。圧倒的じゃないですか(汗)。ってか、もはや「ガンダム」じ...
機動戦士ガンダム00 2nd #09 (RAY=OUT)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD](2009/02/20)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る 機動戦士ガンダム00 2nd 第9話
機動戦士ガンダム00 2nd season 9話『拭えぬ過去』 (Girlish Flower)
ちょっとばかし時間がないので簡易感想で失礼します。 気になったところを…。
ガンダム00第9話 (くろまるブログ)
「拭えぬ過去」アリー強いな、やっぱり。刹那とティエリアの2人を相手に、負けてないもん。ロックオンとの戦いで、そうとうの怪我は負ったみたいだけど、肉体再生?リボンズたちのすごい技術で元通り動けるようになったっぽいよ。半分がだめとか言ってるから、ルイスより...
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話 「拭えね過去」 (「ミギーの右手」のアニメと映画)
処がギッチョン野郎サーシェス! ガンダム同士によるとんでもない戦争を ガンダムファイト~~~~~レディーーーーGO!!!!! (ちげ~~~よ!!) バカ言っている間に戦闘開始! ・・・今の状態ガンダムファイトで間違ってないよう無い気も・・・ っ...
#09「拭えぬ過去」/アニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」セカンドシーズン感想 (Wings of Freedom)
合点承知(ビリー) ミスター・ブシドーとビリーのコンビ再結成に加えて、プトレマイオス2が宇宙へ上がる緊張感あるバトルが素晴らしかった第九話でした。
「機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 」9話 拭えぬ過去 (蒼碧白闇)
サーシェスの機体もティエリアの機体もギミック満載だなぁ。でもティエリアの方が動きがやっぱり見た目どおり重くて1対1だったらやばそう...
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
僕たちはガンダムで世界の歪みを破壊する-----!!いよいよ再会したサーシェス。なんとか生きていたようですが、身体の半分はメカってことらしい。だから半端なく強い。「再生治療のツケを払え!!てめえの命でなぁ!!」だが今度の機体。ファングを使うのでまた厄介(>....
機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 「拭えぬ過去」 感想 (サボテンロボット)
★★★★★★★☆☆☆(7) サーシェスの乗るアルケーガンダム相手に 二人がかりでも圧倒されてしまう刹那とティエリア。 機体性能的には...
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 (たらればブログ)
 サーシェスと遭遇、交戦となった刹那とティエリア。ロックオンの仇をとろうとするティエリアと刹那ですが、サーシェスの前に仇をとるどころか堕とされそうになってしまいます。ロックオンとアレルヤが援軍に来たおかげで難を逃れました。 しかかしスメラギの予測ではプ...
アニメ「機動戦士ガンダムOO 2nd season」 第9話 拭えぬ過去 (渡り鳥ロディ)
そういう流れは変えられねぇんだ。 「機動戦士ガンダムOO 2nd season」第9話のあらすじと感想です。 止めていたなら。 (あらすじ) 刹那と...
ガンダム00  第9話  拭えぬ過去 (カッシーニの観測)
*ライル、刹那、スメラギ、ルイスの 「拭えぬ過去」が印象に残った。  
機動戦士ガンダム00 2ND SEASON #09 『拭えぬ過去』 (月の静寂、星の歌)
 ソレスタルビーイングのティエリア・アーデはイノベイターを率いるリボンズ・アルマークと会い、そこでソレスタルビーイング創設者、イオリア・シュヘンベルグの計画にソレスタルビーイングの滅びが含まれていたことを伝えられた。  しかしティエリアは計画に従う道で...
機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン 9話 (ワタクシノウラガワR)
#09 「拭えぬ過去」 「ところがぎっちょん!」 の言葉と共に現れました、アリー・アル・サーシェス。 この言葉を聞いた家人に変な顔を...
ガンダム00 2nd 第9話「拭えぬ過去」 (ゆぐどらしる えくすぷれす)
いやぁ~、6話の再来か?と悪い予感がチラ
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」の感想 (“モンド of the World”)
【あらすじ】   刹那とティエリアはサーシェスの乗るアルケーガンダムとにらみ合う
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 「拭えぬ過去」 (らしんばん@うぇーぶ)
ブシドー神話がついに解禁! その原点は上官の先を読みすぎた能力だったのか!?