魁画廊☆映画バンザイ!

株式会社魁画廊です!
魁画廊のスタッフが今1番観たい映画をご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

〔魁画廊〕蜩ノ記

2014-10-01 | 邦画/株式会社魁画廊
こんにちは株式会社魁画廊です!

魁画廊のスタッフが今1番見たい映画、旬な映画を
ご紹介します

では・・・
今日の魁画廊一押しの映画は
『蜩ノ記』です


第146回直木賞に輝いた葉室麟の時代小説を、『明日への遺言』の小泉堯史監督が役所広司、岡田准一らを迎えて映画化。前藩主の側室との不義密通の罪で幽閉され、家譜編纂と10年後の切腹を命じられた元郡奉行の秋谷。その監視役が、山間の村で秋谷の家族との交流を通して、事件の真相に迫っていく姿が描かれる。
                                           
監督      小泉堯史

出演      役所広司
         岡田准一
         堀北真希


「映画のストーリー」

郡奉行だった戸田秋谷(役所広司)は藩主の側室との不義密通および小姓を斬り捨てたことにより10年後の切腹とそれまでの間に藩の歴史である藩主・三浦家の家譜を編さんし完成させるよう命じられる。それから7年後、刃傷沙汰を起こしてしまったものの家老・中根兵右衛門の温情により切腹を免れた檀野庄三郎(岡田准一)は、幽閉中の秋谷の監視役を命じられる。監視の内容は、藩の秘め事を知る秋谷が7年前の事件を家譜にどう書くか報告し、秋谷が逃亡のそぶりを見せた場合には妻子ともども始末するというものだった。はじめは秋谷のことを懐疑的に思う庄三郎だったが、編さん途中の三浦家譜と『蜩ノ記』と名づけられた秋谷の日記には、前藩主の言葉を守り事実のまま書き留め、切腹が迫りつつも編さんに誠実に向き合い一日一日を大切に生きる彼の姿があり、感銘を受ける。そして7年前に一体何が起きたのか、事の真相を追ううちに、彼の人間性に魅せられていく。秋谷に深い愛情と信頼を寄せる妻・織江(原田美枝子)や心の清らかな娘・薫(堀北真希)らとともに暮らす中で、いつしか庄三郎と薫との間に恋が芽生えていた。やがて庄三郎は不義密通事件の真相に辿り着き、事件の謎を解く文書を入手するが、そこには藩を揺るがすようなことが記されていた……。




(C)株式会社魁画廊











〔魁画廊〕ミリオンダラー・アーム

2014-09-30 | 洋画/株式会社魁画廊
こんにちは株式会社魁画廊です!

魁画廊のスタッフが今1番見たい映画、旬な映画を
ご紹介します

では・・・
今日の魁画廊一押しの映画は
『ミリオンダラー・アーム』です


野球未開の地、インドで名選手を発掘し、メジャーリーグへ送り込もうとしたスポーツ・エージェントの実話を映画化したヒューマンドラマ。文化も宗教も異なるアメリカで、野球に挑戦するインド人選手たちの姿が描かれる。実在のスポーツ・エージェントに扮するのはテレビドラマ「マッドメン」で人気を博したジョン・ハム。
                                           
監督      クレイグ・ギレスピー

出演      ジョン・ハム
         レイク・ベル
         スラージ・シャルマ


「映画のストーリー」

ロサンゼルスのスポーツ・エージェント、JB・バーンスタイン(ジョン・ハム)は、莫大な利益をもたらすアメフトの超有望選手をクライアントとして獲得寸前だったが、ライバル企業に横取りされ、危機に陥る。そんなある夜、自宅で何気なくクリケットのテレビ中継を眺めていた彼は、起死回生の策を思いつく。それは、野球不毛の国インドで未知なる剛速球投手を発掘し、同国初のメジャーリーガーを誕生させるという途方もない計画だった。早速、とあるメジャー球団のアジア系オーナーの賛同を取りつけると、『ミリオンダラー・アーム(=100万ドルの剛腕)』というリアリティ・ショー番組を企画。お調子者のアシスタント、アミト(ピトバッシュ)と元一流スカウトマンのレイ(アラン・アーキン)の協力を得て、インドのムンバイで第一歩を踏み出す。優勝賞金10万ドルを目指してインド各地から腕に覚えのある若者が番組に参加。その結果、独特のフラミンゴ投法を駆使するサウスポーのリンク・シン(スラージ・シャルマ)が優勝し、2位のディネシュ・パテル(マドゥル・ミッタル)とともに、メジャー・リーグ入団テストへの挑戦権を獲得する。ロサンゼルスを訪れたリンクとディネシュは、経験豊富なトム(ビル・パクストン)をコーチにトレーニングを開始。入団テストまでわずか6ヵ月。野球経験のない彼らが、プロ並みの技術を習得するのは容易ではなかった。様々な苦難を乗り越えて迎えた入団テストの日。緊張しきったリンクとディネシュは、本来の実力を発揮できず、結果は“不合格”。宣伝効果の大きさから球団オーナーは番組継続を決定したものの、JBの胸中は複雑だった。やがて隣人の医学生ブレンダ(レイク・ベル)やレイのサポートを得て一念発起したJBは、2人の入団テスト再挑戦に向けて奔走。それは仲間との友情や絆の尊さを知った彼自身にとっても、人生の再起を賭けた最後のチャンスだった……。




(C)株式会社魁画廊












〔魁画廊〕FRANK フランク

2014-09-29 | 洋画/株式会社魁画廊
こんにちは株式会社魁画廊です!

魁画廊のスタッフが今1番見たい映画、旬な映画を
ご紹介します

では・・・
今日の魁画廊一押しの映画は
『FRANK フランク』です


「SHAME -シェイム-」で第68回ヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞、「それでも夜は明ける」の演技も高く評価されるマイケル・ファスベンダーが、常におかしな被り物をしている風変わりなバンドマンを演じるコメディ・ドラマ。ミュージシャンを目指すジョンは妙な被り物をしたフランク率いるバンドに加入、バンドは話題になるが……。フランクは1980~1990年代にイギリスでカルト的な人気を集めた音楽コメディアン、フランク・サイドボトムをモデルにしている。監督は「ジョジーの修理工場」のレニー・アブラハムソン。ほか、「ジャッジ・ドレッド」のドーナル・グリーソン、「クレイジー・ハート」のマギー・ギレンホールらが出演。
                                           
監督      レニー・エイブラハムソン

出演      マイケル・ファスベンダー
         ドーナル・グリーソン
         マギー・ギレンホール


「映画のストーリー」

ミュージシャンを目指すジョン(ドーナル・グリーソン)が加入することになったバンドのリーダーは、常におかしな被り物を装着したフランク(マイケル・ファスベンダー)という男だった。フランクは奇妙な出で立ちではあるもののメンバーからの信頼を集めており、破天荒でミステリアスな彼にジョンも魅了されていく。バンドの動画はweb上で話題を呼びアメリカの人気音楽祭SXSWより声がかかるが、フランクの様子がおかしくなり、ついにはバンド解散の危機を招いてしまう。そんな中ジョンは、なぜフランクが被り物をするようになったのか知るべく、彼の過去を追う……。




(C)株式会社魁画廊













〔魁画廊〕マザー

2014-09-26 | 邦画/株式会社魁画廊
こんにちは株式会社魁画廊です!

魁画廊のスタッフが今1番見たい映画、旬な映画を
ご紹介します

では・・・
今日の魁画廊一押しの映画は
『マザー』です


ユニークなストーリーで知られる稀代の恐怖漫画家・楳図かずおが、自ら監督・脚本を手がけ、その作品創造の秘密に迫っていく自叙伝的なストーリー。人気歌舞伎俳優・片岡愛之助が楳図に扮し、怪演を披露するほか、彼と共に謎の怪異現象に立ち向かう新人編集者を元宝塚歌劇団の舞羽美海が演じる。

                                           
監督      楳図かずお

出演      片岡愛之助
         舞羽美海
         真行寺君枝


「映画のストーリー」

ある日、漫画家・楳図かずお(片岡愛之助)のもとに、彼の生い立ちを本にしたいという出版社からの企画が舞い込む。そんな中、彼を取材する担当編集者・若草さくら(舞羽美海)は、楳図独特の創作の原点には亡くなった母・イチエ(真行寺君枝)の影響が大きいことを知る。さくらは楳図の生まれ故郷を訪ね、イチエのことを調べ始めるが、やがて様々な怪奇現象に襲われる。別荘の窓についた謎の手の跡、タクシーの隣席のいないはずの人影、楳図のまわりに漂う紫煙、イチエの葬式の参列者の写真に写る彼女自身の姿……。死んだはずのイチエの怨念が、楳図とさくらを巻き込んでさらなる恐怖におとしいれていく……。




(C)株式会社魁画廊











〔魁画廊〕風邪(ふうじゃ)

2014-09-25 | 邦画/株式会社魁画廊
こんにちは株式会社魁画廊です!

魁画廊のスタッフが今1番見たい映画、旬な映画を
ご紹介します

では・・・
今日の魁画廊一押しの映画は
『風邪(ふうじゃ)』です


極秘裏に開発された風邪ウイルスの特効薬をめぐる壮絶な利権争いに巻き込まれていく1人の女性を描くウイルスハザード・サスペンス。出演は、「のんちゃんのり弁」の小西真奈美、「GO」の窪塚洋介、「カンゾー先生」の柄本明。監督・脚本は、「陽炎2」の橋本以蔵。撮影監督は、「踊る大捜査線」シリーズの藤石修。。

                                           
監督      橋本以蔵

出演     小西真奈美
        窪塚洋介
        和田哲史

「映画のストーリー」

地球上に存在する200種類にも及ぶ風邪ウイルスの特効薬“風邪(ふうじゃ)ワクチン” の開発に、1人の天才科学者・紀久生(窪塚洋介)が成功する。しかし、彼の頭脳に嫉妬する狂気の医師・一ノ瀬(柄本明)、ワクチンの技術を盗もうと暗躍する秘密組織の幹部・道元(クリス・ペプラー)とその右腕・寺子田(和田哲史)たちが、紀久生の頭の中にしかない化学式を手に入れようと手段を選ばず狙っていた。そして更に、謎の女・桜子(小西真奈美)も紀久生に近づいていた。彼女にも、紀久生に近づかなければいけない秘密があった。奇跡の特効薬をめぐる攻防の末に明かされる、衝撃の真実とは……?




(C)株式会社魁画廊