司法書士佐季papaの毎日が一期一会

■■債務整理の無料相談,日常の業務等を通じて実際に感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています■■

次回以降の猫研無料相談(原則面談)は3月4日(土)と3月18日(土)の予定です。

2017年02月17日 | 無料相談

また暫く間が空きました。今年に入ってから仕事の依頼やら相談やらでほぼ毎日が忙しく、ブログを更新出来るだけの余裕がありません。ネタは日々あるのですけれど残念です。なお、次回の更新は多分3月に入ってからとなりそうです。

さて…

借金等で悩んでいらっしゃる方の精神的経済的な負担を軽くするための相談を主としていますが、そこには不動産や会社の登記も関連してくることが多いのも事実です。それらを含めたご相談を平成15年から猫研事務所(東京都中野区)でお受けしています。
吉田猫次郎さん(事業再生コンサルタント)の相談者数には足元にも及びませんが、それでも面談だけで500組は超えています。
自分の事務所での債務整理に関する電話相談やメール相談を含めたらそれこそ数え切れません。

面談時間は、①10時45分~11時45分②13時00分~14時00分③14時30分~15時30分④16時00分~17時00分となります。
猫研での面談(仕事の状況によっては電話相談に変更することもあります)を希望される方は、

http://www.nekojiro.net/soudan.html

から予約をしてください。

電話相談に関しては面談日とは別でご予約を随時お受けしていますが、日時はこちらの都合に合わせていただいております(1時間程度)。希望される方は猫研ではなく直接私の事務所に電話してください。

電話相談や債務整理手続を希望される方は、

http://www.sakipapa.net

記載の電話番号(047~)までお願いします。債務整理手続をご依頼頂いた場合の報酬も記載しております。

なお、猫研事務所での面談、私の事務所での電話相談は何度でも無料です。スカイプでも対応可能です。

また、メールでのご相談にも、直ぐに回答できるかどうかはその時の仕事の状況にもよりますが対応しております。

以上、いつものお知らせでした。

では、皆さん、今日が昨日よりも良い日でありますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

コメント

国保の差押えには困ったもんだ(3)

2017年02月10日 | お仕事

今回は差押の範囲について話をします。民事執行とほぼ同じなのですが、2つほど注意点があります。

1つ目は、給与を差押える場合の「承諾書」です。民事執行の場面でこの「承諾書」は出てこないので、国保特有の問題なのですが、給与を差押える場合は通常4分の1までなのに、「承諾書」という書面に署名してしまうと全額の差押が出来るようになってしまいます。

2つ目は、民事執行では禁じられている国民年金や厚生年金の差押が可能ということです。ただし、差押の範囲は給与と同様となります。

では、皆さんにとって明日が今日よりも幸せな一日となりますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

コメント

国保の差押えには困ったもんだ(2)

2017年02月07日 | お仕事

半月ぶりの更新です。新年明けてから結構忙しくしていました。

ところで、「あきらめないで!役所からの差押え」という書籍から先日一部内容を紹介しましたが、今回は「擬制世帯主」について紹介します。

世帯主は社会保険加入で、家族が国保加入というケースも結構あると思うのですが、気をつけなくてはならないのが、その家族が国保を滞納してしまうと世帯主が滞納者となってしまうということです。つまり、その家族だけではなく、世帯主の財産が差押の対象となってしまう。ホントこれは要注意

ただし、このような場合でも、世帯主の変更や世帯分離で将来に亘る国保の滞納は関係なくなり、また、将来的に得る世帯主の財産は差押の対象からは外れるので、もしこのような状況に陥りそうでしたら早めに対処することが懸命かも。

では、皆さんにとって今日が昨日よりも幸せな一日となりますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

コメント