司法書士佐季papaの毎日が一期一会

■■債務整理の無料相談,日常の業務等を通じて実際に感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています■■

6月8日の相談内容(債務整理と交通整理)

2019年06月10日 | 無料相談

愛読者の皆さん、こんにちは。

一昨日の相談者は渋谷区在住のCさん(会社経営:男性)です。年齢は若そうでした。都内でスポーツトレーナーをされていて、業績も悪くなかったようですが、会社経営とは言っても社員は自分ひとり、体調を崩したりすれば即座に経営は窮します。

今回のご相談内容がまさしくそうでした。

負債は、個人(金融債務)が1200万円、会社が700数十万円(金融債務と商取引上の債務)ですが、個人の負債には住宅ローンが約700万円ほど含まれています。

最初に頭に浮かんだのは、住宅資金特別条項を定めた小規模個人再生ですが、よくよく話を聞くとCさんご自身は当初から住んでおらず、離婚されたお母さんが住んでいるとのこと。それでは居住用として扱うのは難しそうです。

だとすると、事業継続を前提とするならば(業績は今は安定しているとのこと)、妥当な解決方法は、個人も会社も任意整理でしょう。

ところで、このように会社と個人の負債が併存している場合、先に解決の目途をつけなければならないのはどちらかと言えば会社。支払いが滞ったことで取引先との関係が悪くなり、仕事がもらえなくなれば、必然的に個人の返済さえ出来なくなるからです。

だから、債務整理もその点を考慮しつつ考えなくてはなりません。Cさんには資金繰り的にそれが可能なのかどうかという視点で話をしました。端的に言えば、会社の返済を優先するために個人の債務整理に着手するということです。

1時間以上かかってしまいましたが、Cさんの頭の中も上手く交通整理が出来たようで、今後の手続の進め方についてはよく検討してもらうということでこの相談は終わりました。

では、皆さんにとって今日が昨日よりも幸せな一日となりますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

コメント   この記事についてブログを書く
« 次回以降の猫研主催無料相談... | トップ | 復帰はしたものの・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無料相談」カテゴリの最新記事