司法書士佐季papaの毎日が一期一会

■■債務整理の無料相談,日常の業務等を通じて実際に感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています■■

なぜ受任してもらえなかったのだろう?

2012年08月13日 | お仕事

去る8月7日の午前のこと、私のHPを見たとのことで電話相談の依頼がありました。江戸川区在住のUさん(男性)です。

午後になってからでしたが、いつものように1時間ほどお話をしたところ、切羽詰まっているようでしたので、債務整理の受任を前提とした面談を10日にすることになりました。

13時過ぎから2時間ほどですがまた色々とお話をお伺いし、その後は、翌日からお盆休みに入ることもあったので、受任手続を急ぎました。ちなみに方針は破産です。

ところが、更に1時間ほど経ってから急に「弁護士に依頼したい」と言い出しました。申立後の裁判官との面談に自信が無いそうです。ならば、もっと早くに言って欲しかったなぁ こんなに時間を割いたのに。

そこで、直ぐに猫研繋がりのT弁護士を紹介し、私の役目は終わったのですが、ただ、残念なことに後ほどT弁護士から「理由あって受任できませんでした。」とのこと。理由は仰りませんでしたが、腑に落ちませんでした。私に話さなかったことでもあったのでしょうか。

では、皆さん、特に被災された方々にとって今日よりも明日が良い日でありますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

コメント   この記事についてブログを書く
« 事務所のお盆休み | トップ | 山形からようやく書類が… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お仕事」カテゴリの最新記事