司法書士佐季papaの毎日が一期一会

■■債務整理の無料相談,日常の業務等を通じて実際に感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています■■

ようこそ刑事さん

2017年08月20日 | お仕事

先日、お盆休みに入る前のことですが、八千代警察署の刑事さんが私の事務所にやってきました。

なんでも、私が昨年証人尋問を受けた民事裁判(被告は不動産取引業者のKさん。私が携わったのは2件の不動産登記申請)に関し詳細を伺いたいとのこと(2016/10/6付け初めての証人尋問参照のこと)。

刑事さんからの最初の電話は7月だったのですが、用件のみの会話だったので、私はてっきり自分が訴えられたものと勘違いしていました。というのも、ちょうどその前日、くだんの民事裁判の結果「請求棄却」をKさんから伝えられていたからです。つまり、Kさんにとっては全面勝訴なので、原告の矛先が、今度は裁判に協力した私に向いたのかと思ったのです。

しかし、会って話を聞いてみると実際はそうではなく、くだんの民事裁判の前段階で起きた刑事事件(くだんの民事裁判が始まったので一旦保留。民事裁判の結果が出たことで再開)について調べていたところ、法務局の登記申請書に私の名前が載っていたので、参考として事情を伺いたいということだったのです。

私は、7月の電話の時点から自分に非があるとは思っていなかったので、自分が訴えられたと勘違いしていたときもまったく動揺せずにいられたのですが、それでも勘違いだとわかったときは少しほっとしました。

ただ、同時にまたKさんが今度は刑事事件に巻き込まれそうだと知って、複雑な思いにはなりました。一難さってまた一難とはこのことです。早くKさんを面倒なトラブルから解放させてあげてほしいものです。

では、皆さんにとって明日が今日よりも幸せな一日となりますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

コメント   この記事についてブログを書く
« 7月24日の相談内容のご紹... | トップ | 次回以降の猫研主催無料相談... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お仕事」カテゴリの最新記事