酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

このブログを読んでくれる仲間と共に平和が実現しますように。

2018-06-11 | 社会問題
 6月11日 月曜日

 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。


たとえ、どんなに優れた歴史上の人物でさえも、

いよいよという時に、急に嫌気が注すことはよくあることです。

そう言われると「ムカッ」っときますが、それが狙いでもあります。

何故かは解りませんが、心理学者に言わせると、

失敗の原因は自分自身の中にある不安定要素が大きく関与しているそうです。

上手く行っているとおもいきや、

いざその瞬間になると急に否定的感覚や嫌な気持ちが何処からともなく湧いてきて、

わがままな子供のように、急に無気力、無関心になってしまうのです。

そして忘れることが出来ない不快な出来事が、

自らの存在価値にケチを付けて、本来の能力を喪失させては、

最後の最後、一番良い所で必ず自滅する選択を感情的に判断する。

感情とは本質かもしれませんが万能ではないように、

感情では善悪の判断を誤るのだから、

私たちの直感はどれも当てにはならない。

だから、

他人にコントロールされたくなければ、感情で反応してはいけないことになる。

ハートでの意思決定はハートブレイク。人は傷付きやすく変わりやすい生命体だ。

私たちが、他人を傷つけるのは、感情であって、本来のあなた自身ではない。

対立していがみ合うのは、感情であって、あなたの人格ではない。

暴言を吐くのは情念であって、悪意では決してない。

悲しい現実ではありますが、

私たちの脳は自己破滅的な要素で形成されているのである。

重要なのは、ブレイクスルー、突破だ。

今、目の前にある不安定要素を取り除く方法はただ一つ。

偉大なる父上を超えるしかない。

親も子供である。そのことを悟れば許すことが出来るように、

大人はみな、長い間、悩み続け苦しんでいる。


幸いにも今日一日はゆっくりとした時間があるようですから、

偉大なる父上を超えられる瞬間を生み出せるならば、誰も文句は言えないでしょう。

この世に善悪はない。あるのは強い意志だけですから。



それと、

朝鮮民主主義人民共和国の今後についてです。

日本の新聞にはこう書かれていました。

「日本は北朝鮮に口出しする権限を既に失った」 と。

馬鹿が書いたのでしょうかこの記事は?

北朝鮮が今後、搾取されずに正しく経済発展させられるのは日本だけであることは世界中の一流国家はみな知っているにも関わらずに、その日本の協力を無視するとはどんな酷い目に合うのか解らないのでしょうか。

はっきりさせておかなければならないことがあるようです。

世界中で唯一、北朝鮮を悪用せずに協力出来るお人好しは日本人だけであることを。それは中国でも韓国でもない。日本ただ一国のみです。

嘘だと思うなら、在日朝鮮人に聞くがいい。何なら、支援の一つに、在日朝鮮人を強制送還してもいい。人手不足なのはどこも同じだ。

宿泊費用が必要なら、パチンコ屋が出せばいいし、気晴らしにディズニーランドにでも行けば安心だ。何なら帰りに日本に立ち寄ればいい。


私もモンゴロイドの一人である。かつては共に戦った同志だ。母方が日本人ならば解るはず。誰と手を組むか。それは日本人だ。

北の白熊や西の大虎と上手く渡り歩くには日本との駆け引きが重要だと考えるのが最高責任者の正しい判断。まさかと思うが北朝鮮一国だけで強国に勝てるとでも?


こういう感じで感情的な不安定要素が突然現れて、せっかくの和平を台無しにするのです。いけません。

そうならない為にも、さっさと本日の一曲を。


♬~♬「I am GOD's CHILD」

♬~♬「この腐敗した、世界に堕とされた」

♬~♬「How Do I Live on Such a Field?」

♬~♬「こんなものの為に、生まれたんじゃない。」♬~♬





  つづく。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 平和とは「どさくさ」に紛れ... | トップ | グッドニュース! 私のブロ... »

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事