酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

正しい性欲とは何か?

2018-06-28 | 社会問題
 6月28日 木曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


この世の結びつきは、男女関係が重要な要素であるように、

忘れてはならない課題が一つ残っています。性欲問題です。

性欲が三大欲求でないことは以前にもお話した通り、

正しい性欲が示されるならば随分と楽しくなるに違いありません。

性欲も感情と同じく、理性によるコントロールが無ければ危険人物ですから、

そうなる前に、

人間の長所である理性を使って正しい性欲を上手く活用しようという訳です。


では、正しい性欲とは何かですが、 「アート」 です。

私たちの内面には 「変態性」 が隠されていますから、

子供心である「ネオテニー」だけでは善悪の判断が出来ず犯罪に陥るように、

「変態性」 を正しく開放することが何よりも重要だと考えるのです。


では、その 「アート」 とは何か?

1、驚きがある。本能・感情・理性に響くものがある。

2、夢中になれる。童心に戻れる。飽きない。

3、非日常的であると同時に現実を直視するロマンにある。

4、創意工夫があり、気づきがあって、リセットされる。

5、他人に見せるアートと他人には見せないアートがある。

重要なのは、他人に迷惑を及ぼしかねない「変態性」ではないところです。

マニアにせよ、コレクターにせよ、スポーツにせよ、音楽活動にせよ、

全ては 「変態性」 の開放こそ 「現代アート」 ですから、

それゆえに、「変態性」 の開放は、「成果」 を手に入れることと同じくらい楽しいのです。

逆に、「成果」 が何一つ手に入らなければ性格や人格が悪くなる様に、

性格が悪いのは馬鹿だからではなく、成果がまったく無いからである。したがって、

感情的で悪質な犯罪者予備軍だと気づかない人達には 「変態性」 の開放が必要となる。

もしも、今あなた自身が性格が悪いと感じるならそれは 「成果」 を手に入れていないからで、

その 「成果」 の一つが 「変態性」 の開放なのです。

実際、「成果」 が 「マネー」 の蓄積だけであっては

性格が悪くなり、世間知の無い社会と感じるのも無理はありません。


一つ例を挙げるなら、

アダルトビデオ(AV)は 「アート」か? ですが、

作り手は「アート」であるかもしれませんが、見る側は「アート」ではなく、

集めたり、編集したり、撮影会に参加するなら 「アート」 です。

「変態性」のポイントは、「虚しさ」 ではなく、「夢中」 になれることですから、

土いじりであれ、アマチュア無線であれ、ラーメン好きであれ、

夢中になれる成果が犯罪の抑止であり、私達の幸福論なのです。







   つづく。





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« 酒好き思想家とAI・グリーン... | トップ | 中東和平とは世界三大宗教問題。 »

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事