酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

イランがよい例です。

2018-07-05 | 文学
 7月5日 木曜日

 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。


偉人オリゲネスが説く、

「この世界は創られたものである以上、どこかで終末がある。」という思想には、

一つだけ言い忘れたことがあるようだ。

それは時間とは未来から始まり過去に向かうことである。

失われるのは過去であって未来ではない。

現代が過去の歴史の上に築かれたものであるなら、

現在が破滅へと向かうのは当然だが、実際は違う。

未来をどのように描くかで過去が消滅するのである。

重要なのは過ぎ去った過去を消滅させることで、

未来を混乱させるものとは、「過去の人」 によるのもである。

実際、報復や恨みは過去からの代物であり、

未来に因縁を付ける道理はどこにも無いし説明も無い。

あるのは私たちの勘違いで、錯覚による偏見と観念である。

未来に心配も不安も本来、そんなものはどこにもないのだ。


世界情勢を正しく見れば誰の目にもはっきり映る様に、

男女関係が上手くいっていない所ほど混乱が多い事実がある。

男女が一緒に機能するもの、まあ、それが大半の根本かもしれないが、

何より平和がなければ過去の汚物に逆戻りである。この世は楽園ではないからだ。

世界で起きる紛争の因果関係の80%は過去の産物であるように、

二千年間続いた争いと言う名の社会現象のほとんどは、

男性支配がもたらした原因と結果の集大成である。


仮に、世界を破滅させる方法があるとすれば恐らく、

男性支配をこのまま継続させて、国家を分断し、感情を競い合わせれば

世界転覆の野望が達成されるのではないのでしょうか。

そうすればその報復が連鎖反応を引き起こして人類滅亡説もかなり真実味が増してくるかもしれない。


目的は、男女関係の修復。これが未来図です。

宗教問題の最大の問題はここにあります。これ以外は紛争の繰り返しです。

中東だけでなく私たちの平和社会の実現は、未来をどの様に描くかに懸かっているのです。








  つづく。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アートって何? | トップ | 本当に欲しいものとは何だろう? »

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事