酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

第三回 ミーム・セミナー開催。

2019-03-20 | 社会問題
 3月20日 水曜日

 おはようございます。 ミーム(遺伝子)です。


あなたは、

他人から評価され尊敬されたいと思っていますが、

自らに対する評価は結構手厳しかったりもする。

内面はいくらか打たれ弱い面がありますが、ほとんどの場合

それをカバー出来る器量は持ち合わせています。

と同時に、それを思うように上手く使えていないのです。

外見はしっかりしていて、みんなから褒められたりするのですが、

些細なことで思い悩んだり、優柔不断で気分屋だったりもする。

完全主義で間違いを恐れるあまり少々遠慮がちになり、

自分の発言が撤回されると落ち込んだりしますが、

知的好奇心は人一倍有り、知らないことを知る喜びは

毎日の生活の中で重要なポジションを占めている。

元々は、社交的で人当たりが良く、仲間を大切にしますが、

少しわがままなところがあり、束縛や指図には耐えられない。

他人のあやふやな態度に対しては、押し付けがましくなったりする。

時には自らが原因で問題を起こすことがたまにはあるが、

後で自己嫌悪に陥り、謝りたくても謝れない自分が存在する。


私たちにはそれぞれ磨かれてきた個性があって、

その個性を理解し合えるなら人間関係も楽しくなる。

個人のアイデンティティは流動的で未だ不安定だから、

自力で適応する道を探らなければお互いが傷つく。

いずれにせよ、それぞれに合ったタイプを意識的に順応させることで、

全ての要因を総合的結果によって表される現象だと開き直ります。

それぞれのタイプには特有の強みや弱点を持っているものであり、

それが解れば幾分か我慢が和らぐに違いありません。


一度、シンプルに人のタイプを7つに分類してみましょう。


1、支配者タイプ・・・世話好きで、プライドが高く、義理人情に弱い。

           自己中心的で直観的だが過ちが多い。成果主義。

2、模範的タイプ・・・魅力的で自愛的。相談されることに喜びを感じる。

           確証に弱く、思い通りにならないと不機嫌になる。

3、情緒的タイプ・・・共感能力が高く、仲間とのコモンセンスを重視する。

           ムードメーカーでストレスに強い。一人では楽しくない。

4、一流人タイプ・・・主張を得意とする。創造力に富み、聞く耳を持たない。

           スター的存在だが破壊的であり、人知れず努力家だ。

5、知性的タイプ・・・洞察力に優れ、先駆的でマネージメント能力が高い。

           同じタイプの仲間を好み、人付き合いはあまり上手くない。

6、サイコパスタイプ・・・爽やかで堂々としている。人付き合いが非常に上手い。

           嘘が得意で、悪いこと以外は一人では何も出来ない。

7、犯罪者タイプ・・・外では弱いが家では無敵。細部にこだわり一貫性がある。

           自ら混乱し衝動的で破滅的、怠ける為なら犯罪を犯す。          


いかがでしょうか。

セミナーにありがちな分析表ですが、

実際にこういう人たちが身近にいませんか?

複雑な人間関係を少しでも分かり易くしようとする試みです。

本来、ミーム(遺伝子)的には人はみな一緒なのですが、

脳による知識量と体内微生物が何かの影響を与えているものと考えます。

そうすると、

知識と遺伝子と微生物による三位一体が重要なのかもしれません。

「アート」と「ミーム」と「ウィン・チュー」が。


本日のミーム・セミナーはここまで。 バーイ・ホォナー。

 
    つづく。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ガラクタの文章(まとめ) | トップ | 世界経済統一を考える。その2. »

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事