酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

食べることで「ウィン・チュー」を育てられないか?

2019-03-13 | グルメ
 3月13日 水曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


今から約2,500年前、

医学会の伝説ことヒポクラテスは、

すべての病気は腸から始まると考えていた。

当時、腸には100兆の微生物がいるとは知らなかったが、

もしかすると、

2,500年後にウィン・チューが知られるようになることを、

何か感じ取っていたに違いない・・・。


また、ダーウィンが「種の起源」を著した時、

「消化管の分泌物が感情に影響を与え、体に直接作用し、

 それが意思によってどうにかできるものではない。」と書いたが、

ウィン・チューの発見までには至らなかった・・・。


「狂気は微生物が原因?」 と題する書物を見た。

私たちの性格は生まれつきのものではなく、

ウィン・チューによって返られるかもしれない・・・。


ウィン・チューがあなたを幸福にするその

メカニズムについて説明しておこう。

それには迷走神経が関係している。

迷走神経は脳から体の中を通って、

様々な臓器に伸びている神経だ。

その神経は全長にわたり知覚の変化を伝えたりする。

「腹の虫」「虫の知らせ」がそれにあたる。

私たちの幸せをつかさどる神経伝達物質、

セロトニン・アドレナリン・ドーパミン・オキシトシンは

基本的に体内で生産され、脳に送られる。

不足すれば不安を引き起こすように、

ウィン・チュー不足は幸福感不足を意味する。

なぜ幸せを感じるのかは今のことろ不明だが、

幸せを感じるのは確かなようだ。


どうやら、私たちの幸福は遺伝子だけではなさそうだ。

ウィン・チューを見出して、ウィン・チューを育て上げ、

幸せを手に入れる時、私たちには自らにその資質があることに気づく。

ウィン・チューは冒険家だ。挑戦することが大好きだ。

自身の性格は固定されたものでは決してない。

良質な体内微生物が多ければあなたは良い人柄になる。

心も体も良い細菌たちの影響を受ける時、

「自分らしさ」 の範囲が拡大されて行く。

確かに 「恋心」 は人を盲目にしたりもする。

正直言ってしまえば、あまり心地よいものではないのも確かだ。

時にはショッキングな行動に出ることもあろう。

しかし、ウィン・チューは伝染することを思い出してほしい。

風邪のウイルスがあなたに感染するなら、

ウィン・チューも同様。負けられない。

集団貢献的な意識の拡張という概念に新たな意味が加わるのである。

少なくとも、お互いのウィン・チューを共有できれば、

今より社会環境が良くなる機会が生じるものと信じている。

自らの体内微生物が個人の枠を超えて広まるという考え方はまさに、

「ウィン・チューが世界を浄化する」その第一歩にほかならない。



    つづく。


 
コメント