角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

仙北市第三セクター合理化案。

2022年01月12日 | 地域の話



新年明けて12日、雪国角館はいつも通りの冬景色になっています。
毎年この時季はどうしても旅人の姿が少なくなるのですが
今年もまた新型コロナ感染拡大に泣くこととなりました。
ご近所さんのランチを除くと、お客様の姿はほぼありません。

師走になって飛び込んできたニュースは
仙北市が運営の一端を担う第三セクターの経営合理化案でした。
私が角館草履を出店している㈱西宮家もその中の一つで
物販部門(米蔵)の2022年度末廃止が初めて公表されたわけです。

かねてから合理化案の模索は云われていて
それ自体は寝耳に水ではありません。
それに加えてこのコロナ禍ですから
市当局もやむにやまれぬ事情なのでしょう。

『決定したものではない』というのが市の見解でしたが
このまま確定となれば十八年目を迎えた角館草履の公開実演は
今年限りとなります。辞める日を己の意志で決められなかったのが
やや残念というのが率直な心境です。

正式決定となってからまたあらためてご報告を申し上げます。
どんなことでも始まりがあれば終わりがあるということでしょう。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新年は元日スタートです!! | トップ | 四月一日再開です。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

地域の話」カテゴリの最新記事