角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

信じられない出来事。

2015年01月31日 | 家族の話




今日の草履は、彩シリーズ24cm土踏まず付き[四阡八百円]
ブルーと黄色の組み合わせは「爽やか」なイメージと思います。ベースプリントは御殿まりですから明らかに「和」なのですが、色調の印象はどちらかといえば「洋」かもしれません。今の時季を爽やかとは表現しませんが、長い冬もそろそろ先が見えてきました。近い未来はこの草履がピッタリ当てはまる、爽やかな風が吹くでしょう。

先日の地元紙朝刊「きょうの言葉」に、「人生は信じられない出来事の連続だ」という文言が掲載されていました。解説では本来出会うはずのない人と遭遇したり、まったく予測していなかったことが身に起きたりという話です。昔友人が職場に内緒で東京ディズニーランドへ遊びに行き、そこで職場の同僚とばったり出くわしたなんて話がありました。日々わが身に起こる現実で、あらかじめ予測できている部分なんてのはホンの僅かなものです。大概は「信じられないこと」の連続でしょうね。

仙台市で新人看護師として勤務していた次女が、本日付けで退職しました。「たった」と言える十ヵ月での退職は、当初まったく予想していなかった現実です。次女が職場に抵抗感を表したのは、勤務が始まって僅か半月後のことでした。そのときは新人にありがちなカルチャーショックか不慣れによるストレスと思い、簡単な励ましで済ませたものです。それが一ヶ月後の5月中旬、「辞めたい」という言葉が次女の口から出たんですね。

次女の性格からして尋常ではありませんから、カミさんを伴いすぐに仙台へ行きました。娘の部屋はよくテレビに映る「ゴミ屋敷」とは言わないまでも、健康な人間の住処とはとても思えません。かなりの精神的抑圧を受けているのはすぐに理解できました。そこで初めて原因を知るのですが、仕事そのものではなく人間関係だったんです。正直最も対処に困る事案でした。

ひとまずカミさんが仙台に残り、掃除・洗濯・炊事の生活支援を始めました。帰宅しその日の愚痴を話せる家族がいるのも良いと思いましたし、部屋が綺麗に保たれ、洗濯ものがたたまれ、温かい食事ができてあればそれだけで人の心は落ち着くものです。一ヶ月の間に一週間~十日ほどカミさんが滞在する生活は、その後昨年の暮れまで半年以上続きました。私がたびたび仙台を訪れていたのもそのせいです。
しかし次女の精神的抑圧は改善を見せず、秋には自らの判断で心療内科を受診していました。医師の説明は「職場を変えなければ根本治癒はない」。

そして年が明けた今年1月7日、限界を感じるメールが次女から届きました。一ヶ月の休職扱いで角館へ連れ帰ったものの、しばらくは生気の失せた状態でしたね。言葉を発するまで三日間、テレビを観て笑えるようになるまで一週間、まず健康な生活に戻るまで二週間を要しました。
一昨日次女を連れて仙台へ赴き、正式に退職手続きをしました。引っ越しはこれからですからまだ落ち着きませんが、次女には解放された安堵感が見えます。

十ヵ月を「たった」と言えるのは健康だからで、次女にとっては途方もない長さだったでしょう。今少し体を休めるとして、22歳の若者ですから未来がたっぷりあります。次に巡り合う職場では、是が非でも若者らしく爽やかに働いてほしいものです。
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 面白い仕事。 | トップ | 春は近いのですが…。 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
㈱わらび座造園 (山田みき)
2015-02-06 14:12:04
大変な状況だったんですね。私の兄は障害者の施設で働いています。心を上手く表現出来ない子供たちが自らを叩く姿は日常で職員が危険と言う理由で彼らの腕を縄で縛ったそうです。兄は友達同士”手を繋ぐ”方法で心に近寄っていました。同じ職場で意見の相違。兄は鬱病で通院しています。現代は、優しい人、まともな人程病みます。その事実を知る時、鎧を着て、剣を翳し自らを守りながら信じる優しさを貫く法を探し続けねばと思います。職人さんの生き方と反対の事が病院で起きているのでしょう。
心の修復 (草履職人)
2015-02-06 17:46:57
みきさん

「社会は厳しい」「世間は甘くない」と人は言います。
私とてそれに対する否定意見など持ち合わせていません。
ただしそれらへの対応力は人それぞれに違います。
10歳の小学生にも、40歳の働き盛りにも、80歳の
お年寄りにも、同じ負担を求めるのは酷ですね。

次へのステップに向けて、次女は今自分を修復しています。
若いですから治りも早いでしょう(^^)

コメントを投稿

家族の話」カテゴリの最新記事