角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

定番配色③

2007年12月14日 | 製作日記

<生地詳細・素材感>

「彩(いろどり)シリーズ」定番配色③は、「赤の唐草にエンジ」です。

こちらも2005年から使用している生地で、根強いファンがいらっしゃいます。オーダー数は配色①に及びませんが、展示品の売れ行きでは互角という印象があります。そしてプレゼント用に少なく、ご自身用に多いのも特徴のひとつでしょう。
赤系で統一されたこちらの草履は、主に中高年の女性に好まれる傾向がありますね。

こちらの草履と限らず、女性はお年を召すほど「赤」をご希望になる印象があります。ただし、「赤」を選ばれるまで“一呼吸”あるんですね。実演席でよく聞かれる言葉が、『こんな赤いのは履けないわよぉ』。
すかさず私が、『そんなことはないですヨ。足元は明るいに越したことがないでしょっ』と言うと、多くの方々は『あら、そーお!?』と笑顔になります。

健康に効果がある草履には、そうした心の健康いわゆる「遊び心」も大事と思うんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 定番配色② | トップ | 定番配色④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

製作日記」カテゴリの最新記事