きっと、いいことあるよね!

文字が小さい方は右上の設定で変更できます。
母と息子(keke)の二人暮らしは20年になりました。

「おちゃめな老後」/田村セツコさん

2019-01-05 | 読んだ本

「おちゃめな老後」/田村セツコさん

この前読んだ田村セツコさんの本が楽しくて、また借りてみた。
何が楽しいって、この方の「生きているって楽しいものよ」というのが、本を通して伝わってくるのだ。

でもただハッピーを待ちわびているだけじゃない。田村セツコさんは、今出会ったものをみんな楽しいものに変えてしまう魔法使いのようなのだ。

  一見つまらないようなささいなこと、たとえばシンクの汚れに重曹湿布をして
  出かけて、帰ったらきれいに汚れがとれている。そんなことでも「わあ!」って
  喜びを感じられるようになると、そのたびに疲れが消えていくんです。(原文のまま)

田村さんは、起こった出来事も、会った人をも、全部このようにハッピーに変えてしまうのだ。
だから読んでいると、ウンウンとまるでお友達になったような気がしてしまう。

 一人ではさみしい、でも、人がいたら気を遣うし。わがままですね。
  矛盾しているけれど、これが生きるということだと思います。
  どっちの道を選ぶのかは、好みの問題なんじゃないかしら。
  決してどちらかが完全に幸せで、どちらかが完全に不幸というわけではない。
  割り切れるものではないの。それが人生の醍醐味というか、おもしろさでもありますね。
  (原文のまま)

たしかに、一人は寂しいけれど、一人は気楽。。。
それは背中合わせでセットになっている。どちらの方がいいとかうらやましいではなくて、自分に与えられた方をニコニコありがたく頂いて、楽しもう。(^o^)丿

田村さんはファッションも自由で楽しんでしまうような人。
80近いのに、黄色のブルゾンもよく着ているのだとか。。。

田村さんのイラストも、原画と印刷物が100%同じになることはないのだそうだ。
だけど、印刷所に預けたらもう口ははさまない。かえって原画より良くなっていることもあります、と書いてある。
「あいまいから広がる世界もあるんです」と書いてある。

そう言う所がすごくいいな~と思う。(^_^;)

私も今まで忙しい忙しいできてしまったけれど、これからはもう少しゆるくなりたい。
忙しいってやっぱりどこか甘えているんだよね。
忙しいから、こうしてもいいだろう的な。。。

でもそこに埋没すると、見失ってしまうことが結構あったりする。


そう言えば、今日も魚にエサをあげにと、お年賀のお菓子を運びに会社に行ったら、偶然社長が会社に来ていて鉢合わせしてしまった。
慌てて、ポストの中のものを出して分けようとしたら、もう帰るって。。。

社長もこんなに休みが長いとヒマなのだろうか。
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 平日の休みには | トップ | 何ていっても休日だから »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しいかは自分に聞く (やっさんの楽園)
2019-01-05 19:31:07
sakeさんへ
楽しいかどうかは、自分に問い掛けて、味わいましょう。
問題探すと、深みにはまります。
感覚的に、楽しいか、楽しくないかは、
気ままに生きる、私には、とっても大事なことです。

仕事をしてる時の、優先順位と、反対のことになるかも知れません。
楽しいこと決める時は、自分に聞くしかありません。
楽しいことは、自分で選択するしかないでしょう。

結果、私は、変なおじさんになってます‽
>やっさん (sake)
2019-01-06 09:41:42
やっさん、こんにちは~!
本当にそうですね、自分にそれが楽しい?っていつも問いかけて行こうと思います。本当にそうなんです。

私は若い頃、自分に楽しいよりも、「そうしなければいけないんだろうな」と「やらねば」又は「相手にとって楽しい」で優先してきたのです。
だから、いつも窮屈でした。

最近はそうではありません。自分に楽しいかどうかが基準になれてきています。
年賀状も自分が楽しいって思うデザインなのです。今までは受け取った人がどう思うかだったのですが、自分が作った楽しかった!って思える方が楽しいから。。。
それでいいんだなって。

そう言えば姪っ子はこの春に大学を卒業しますが、音楽の道に行きたいそうです。楽器を演奏したり、教えたりする生き方を選ぶようです。
それだけで自立して生きていくのはとても大変そうです・・・妹はそれを送り出しています。

私はえぇ・・・大丈夫なの?と不安な気持もあるのですが、それを送り出している妹、好きなことを仕事にしていく姪っ子・・生きているってそういうことなんだな!って思うのです。
音楽っていいですよね!
私も早く小指を治して、ピアノを再開したいです。(^o^)丿

コメントを投稿

読んだ本」カテゴリの最新記事