酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

小白沢ヒュッテ_夜

2012-09-24 18:55:06 | 旅行記


夕方目が覚めて、しばらくしたら夕食開始。

まずは冷たい湧き水に浮かんでいる
国産缶ビールを1本。




雨がちょっとあがった。




数々のつまみオンパレード。
完全に酒飲み対応の食事です。

よく煎ったゴマであえたオクラは濃いオトナの味付け。




定番のニジマスのアーモンドソース。
さっきまで、ヒュッテの横の生け簀にて湧き水の中で泳いでいたニジマスだ。




新作。ヒヨコマメのオーブン焼き。
クミンとかが入っていて、ほんのりインド料理味がして美味しい。




「坊さんビール」こと、セント・ベルナルデュス の12度。
12度の高度数のせいか、かなり味も濃厚。




マスターいわく、ラフロイグにサントリーの資本が入ってから
白州はラフロイグの味になった。とのこと。




ということで、白州を水割りで。

普段、水割りってあんまり好きでもないのだけど、
ここで飲む水割りは、湧き水のおかげでとても美味しい!




赤ワインを何杯か。

ラベルの絵がかわいい、リトルジェームスバスケット。




パルミジャーノのパンは、
お菓子の「チーザ」に似た味がした。
パンというより、チーズってかんじ。




火がついてきてしまったなー。

「何か、甘くない、ショートのカクテルを」
といういきなりオーダーにて作ってもらった、マティーニ。

ジンにラフロイグをちょっぴりたらす、という、
掟破りのダブルスピリッツのカクテルだ。

ちょっぴりしか入れていないのに、
ラフロイグの味が際立って感じられる。

わー。美味しい。
が、アルコール度数はけっこう高いでしょう。




ピンクのカクテル。
こんな色だけど、甘くない。
でも視覚のせいか、桃の味がするような気がする。
でも全くそれは気のせいだと思うのだけれども。




ロンリコの75度!
をほんの少しだけ。

いやー。さすがこんな度数だと効く!
アルコール!ってかんじ。
だけど、度数の割りには、ちゃんと風味と味がする。




夜の0時をまわったので、
もういい加減この辺で最後にしてあげないと。
ということで、シメに
クライヌリッシュの水割り。
ここの湧き水に合うものとして選び出されたのがこれだそうだ。




今夜のラインナップ。

おやすみなさーい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※小白沢ヒュッテのHPは、
 以前のサーバに問題あり、新サイトに移行したそうです。

 小白沢ヒュッテ 新URL
 http://koshirazawa.sub.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 小白沢ヒュッテ_お昼 | トップ | 蒲田 三洲屋 ~ 信濃路 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Muumi)
2012-09-29 20:51:26
小白沢ヒュッテには、数年前、平ガ岳に登る際にお世話になりました。といっても私は、ボーイスカウトのキャンプを引率していたので、道路を挟んだ反対側のキャンプ場で、アブの猛攻に耐えながらでしたけど。

夜はヒュッテのお風呂を借り、横目でバーを覗いて、豪華なお酒のラインアップに、誘惑ををこらえるのが大変でした(苦笑) 活動中は、アルコールご法度なので・・・

今度は、プライベートで訪れて、釣りと山登りとお酒を堪能しようと思います。楽しいブログ、ありがとうございました。
Unknown (作者)
2012-10-02 11:56:29
>Muumi

それは!
もしかして、8月ではないですか?
お盆あたりの頃、5泊くらいしていた時に、
平ガ岳に登るボーイスカウトの人たちがキャンプで泊まっていたのを
覚えています。

最後に一同、敬礼をして帰っていかれたのが印象的でした。

当時の記録によると、
平ガ岳は山頂キャンプはやめて日帰りで戻ってきた、とか
少年のメガネが壊れて、直していた、とか
そんな様子のようでしたが。

きっとそのボーイスカウトの引率の方だったのでは?!

Unknown (Muumi)
2012-10-03 02:28:52
なんと、、、その一団でした(笑) あの日は、隊員の一人が腹痛を起こして、とても登山できそうもなかったので、キャンプ地に残して、他のメンバーは日帰りアタックに変更しました。ただ、装備の詰め替えなどに手間取り、山頂制覇はギリギリのところで断念し、下山しました。懐かしい思い出です。あの日、ヒュッテにいらしたのですか?
Unknown (作者)
2012-10-03 16:27:35
やはりそうでしたか。

メガネ直し用の用具を借りに来て直られていた時もいましたし、
登山断念状況などもその時直接お聞きしていたので、
少し会話もしているはずです(笑) 

Unknown (Muumi)
2012-10-03 22:12:37
最後にヒュッテの前で写真を撮りましたが、そこに写っていらっしゃるかもしれませんね。その節は、大変お世話になりました(今頃になってすみません<汗>)

でも、こういう遭遇って、かなり珍しいことだと思いました。お酒とか釣りが好きだという点で、共通していたのかもしれません。引き続き楽しく拝読させていただきます。

東京の居酒屋探訪でしたら、私の知っている個性あるお店も今度ご紹介しますね。どうかよろしくお願いします。

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事