Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

「能舞台は現代劇のフォーマットになるか」 大分で、能舞台を体験できます

2019-01-13 | Weblog

「能舞台は現代劇のフォーマットになるか」

日本劇作家大会大分大会での、注目のイベントの一つです。
なかなか一般の人間が上がることを許されない、本物の能舞台。 
 
大分劇作家大会の企画として、お申し込みいただければ、どなたでも、能舞台を体験できます。
 
 
三間四方の舞台は劇のアイデアの宝庫。舞台を使って伝統演劇と現代劇の回路を探ろう!

講師:篠本賢一

1月24日(木)・25日(金) 12:00―16:30 

平和市民公園能楽堂

定員18名(※白足袋をご持参ください) 要予約 見学OK

無料(見学は予約不要 ※見学者は足袋不要です)


能狂言は決して古臭く堅苦しいものではない。それどころか、現代劇への貴重なアイデアに満ち溢れている。今回のワークショップでは、シテ、ワキ、アイ、地謡など各登場人物の役割や、橋掛りと本舞台、さらに本舞台の9つのエリア、ワキ座の機能など、実際の舞台を使って検証し、講師オリジナルの身体訓練法、朗誦術、リーディング発表などを通じて、能楽と現代劇の回路を探る。世界演劇のなかで、今なお前衛的である能狂言の扉を開き、現代劇の新たな可能性を考察しよう。 (篠本賢一)

 

https://jpac2019-oita.org/program/34noh/?fbclid=IwAR0zl8b4J-LhLpJXBRDrxpUoNTeu8Y5VpG_TJng1-nMHTNTxrlfFjkz3Ds0

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 韓国現代戯曲ドラマリーディ... | トップ | 土田英生作の新作狂言『帰っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事