Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

大分で劇作家による映画作品を観る

2019-01-11 | Weblog

大分で劇作家による映画作品を観る

日本劇作家大会大分大会開催記念特別上映として、大分の映画館・シネマ5で、劇作家による映画作品の上映と、アフタートークが行われます。

《シネマ5》は、大分で、そして全国でも、知る人ぞ知る映画館。
支配人の田井肇さんのご協力により。実現しました。
 
プレ企画上映は1月19日(土)から。レイトショーです。
 
1月21日(月)21:00『At the terrace テラスにて』(山内ケンジ監督)上映後、田井肇支配人と私とMCの戸田彬弘によるアフタートークがあります。1月22日(火)21:00『あの日々の話』上映後も、私とMCの戸田彬弘によるアフタートークがあります。
 
1月23日(水)21:00『名前』上映後は監督・脚本の戸田彬弘とゲストの大西弘記が、1月24日(木)21:15『リバーズエッジ』上映後はシナリオを書いた瀬戸山美咲が、1月25日(金)21:15『At the terrace テラスにて』上映後は監督・脚本の山内ケンジが登壇します。
 
大分大会特別上映として、この劇作家大会大分大会に登壇される、笈田ヨシさんの出演する『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』(サイモン・ブルック監督)も、午前中に上映されます。
 
キャッチフレーズは「何かが変 劇作家の視点で世界を観たら、こうなるのだ」。
 
…………


演劇人による映画作品の増加が著しい。
演劇人が映画をどう捉えているのか、ジャンルを越境する上映とアフタートークです。

 

1月19日(土)〜25日(金)
※19~23日はプレ企画上映です。
《シネマ5》
入場料金:一般1800円/大学生1500円/シニア(60歳以上)1100円
     水曜日・女性1100円
     木曜日・男性1100円
※大会参加費1000円は不要です
https://jpac2019-oita.org/program/53movies/
 

【上演スケジュール】
1月19日(土)※プレ企画上映
21:00『あの日々の話』
   (玉田真也監督・同名舞台の映画化)

1月20日(日)※プレ企画上映
21:00『リバーズ・エッジ』
   (岡崎京子原作・瀬戸山美咲脚本・行定勲監督・二階堂ふみ、吉沢亮主演) 

1月21日(月)※プレ企画上映
10:00『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』※大分大会特別上映
   (サイモン・ブルック監督・笈田ヨシ出演)
21:00『At the terrace テラスにて』※アフタートーク有り
   (山内ケンジ監督・第59回岸田戯曲賞『トロワグロ』完全映画化)
   ゲスト:坂手洋二(燐光群 主宰) 
   特別ゲスト:田井肇(シネマ5支配人)
   MC:戸田彬弘(映画監督・劇作家・MC)

1月22日(火)※プレ企画上映
10:00『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』※大分大会特別上映
21:00『あの日々の話』※アフタートーク有り
   ゲスト:坂手洋二(燐光群 主宰)
   MC:戸田彬弘(映画監督・劇作家)

1月23日(水)※プレ企画上映
10:00『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』※大分大会特別上映
21:00『名前』※アフタートーク有り
   ゲスト:大西弘記(TOKYOハンバーグ主宰)
   MC:戸田彬弘(本作監督)

1月24日(木)
21:15『リバーズエッジ』※アフタートーク有り
   ゲスト:瀬戸山美咲(本作脚本家・ミナモザ主宰)
   MC:戸田彬弘(映画監督・劇作家)

1月25日(金)
21:15『At the terrace テラスにて』※アフタートーク有り
   ゲスト:山内ケンジ(本作監督)
   MC:戸田彬弘(映画監督・劇作家)


【劇場】
シネマ5 
大分市府内町2丁目4-8(府内5番街商店街/ローソン2F) 
097-536-4512
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 沖縄向上委員会作品『@オ・キ・... | トップ | 東京オリンピックは返上しま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事