Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

『サイパンの約束』 本日プレビュー

2018-11-23 | Weblog

サイパン北端の海。

こんな色だ。

多くの慰霊碑が並ぶ、その向こうの海。

崖下まで五十メートル。

74年前、多くの人たちがここに追い詰められ、亡くなられた。

 

この五年のあいだ抱えてきたものを、この間、稽古場で、劇場で、界隈で、スタッフ・キャストと共有してきた。

今日から観客の皆さんとも共有させていただくことになる。 

 

ところで。

玉城デニー氏がアメリカに行ったらしい。

今回の劇には、デニーさんにもちょいと関わりのあるせりふが出てくる。

 

本日プレビュー公開。

『サイパンの約束』は、沖縄からサイパンに移り住んだ人達の物話である。

 

 

『サイパンの約束』公演情報は以下の通り。

↓ 

 

『サイパンの約束』

 

11月23日(金・祝)〜12月2日(日) 座・高円寺

12月11日(火) 岡山市立市民文化ホール

14日(金)〜16日(日) 伊丹AI・HALL

20日(木)・21日(金)  愛知県芸術劇場

 

 

作・演出 坂手洋二

 

[出演]

渡辺美佐子

中山マリ 鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和

間宮啓行 円城寺あや 大西孝洋 さとうこうじ

咲田とばこ 樋尾麻衣子 杉山英之 荻野貴継

武山尚史 山村秀勝 和田光沙

 

照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)

音響○島猛(ステージオフィス)

舞台監督○森下紀彦

美術○じょん万次郎

衣裳○小林巨和

演出助手○山田真実

文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ

写真○姫田蘭

宣伝意匠○高崎勝也

協力○岩淵ぐるうぷ 浅井企画 劇団ジャブジャブサーキット 

制作○古元道広 近藤順子 

後援○杉並区

提携○NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

助成○文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

 

 

ゲストと坂手洋二によるアフタートークあり。

本公演のチケットをお持ちの方、ご予約の方はご入場頂けます。

 

25日(日) 森達也 (映画監督・作家・明治大学特任教授)

28日(水) 前川喜平 (現代教育行政研究会代表・元文部科学事務次官)

30日(金) 寺尾紗穂 (音楽家・エッセイスト) 

 

【国内ツアー】

[岡山] 12月11日(火)市民文化ホール

[伊丹] 12月14日(金)〜16日(日)AI・HALL 

[名古屋] 12月20日(木)・21日(金)愛知県芸術劇場

 

 

http://rinkogun.com/Saipan_Tokyo.html

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 『サイパンの約束』の写真 | トップ | 『サイパンの約束』、本日初日。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プレビューありがとうございました (マッコイ)
2018-11-24 06:11:05
今夜も、座高円寺。

燐光群による
渡辺美佐子主演の「サイパンの約束」
作・演出 坂手洋二

「私たちはほんとうに終わらせることができたのだろうか。」
否、歴史は繰り返そうとする入り口にある。
舞台の中で語られていた、小さなサイパン
その島自体も世界も戦前、戦中、戦後のブーム、そして世界経済繁栄の終焉が近づく現代そして・・・

このプレビューに足を運んだキッカケは、

「母とくらせば」の観劇の時、手にしたこのチラシの渡辺美佐子さん

私の心の中の「ただ今11人」の渡辺美佐子さん

そして、今夜の サイパンで少女時代を過ごした時のブロマイドの設定

この三つかオーバーラップしました。

渡辺美佐子さん、ご高齢になられたが、眼の輝きや力は変わらない!素敵な女優さんです。

(終演後、外で喫煙スペースにいらっしゃいましたね。渡辺美佐子にもよろしく。感想残しましたが、判読不明の殴り書きで失礼しました。)。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事