Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

不条理

2013-10-30 | Weblog
杉並区の駅前自転車駐輪場。十年近く前に年間登録の値段が数倍に膨れ上がり、一日百円で置かせるほう重視にシフトしたわけだが、金を払って領収書をもらう一手間が煩わしい。
急いでいるときは尚更で、昨日は雨になって急に電車移動に切り替え、駅まで行ったら、本来なら間に合っていたはずの時刻だったが、料金支払いに費やした時間が災いしたため、目の前で電車のドアが締まり、乗換えの接続悪さもあって結局目的地に到着まで二十分以上のロスになる。まったく無駄なことだ。
この日は新聞取材。午後は稽古を中断して来年六月開催の劇作家大会の打ち合わせに三時間。慌ただしかった。

自民党の小池百合子元防衛相は衆院国家安全保障特別委員会で、首相の一日の行動を報じる日録記事について「『知る権利』を越えているのではないか」とし、報道機関に見直しを求めた。菅官房長官はその後、「新聞各社が取材して公になる首相の行動だ。重要情報の場合もあり得るが、特定秘密の要件には当たらない」として、首相情報制限の必要性を否定した。
茶番だ。現在新聞に載っている程度の総理大臣の消息が、国家をおびやかす機密に繋がるはずがない。
これは「特定秘密」が存在するという虚偽の宣伝のための出来レースであろう。
そもそも小池や菅にそれを定める強制力など存在しない。
決める権利があるのは国民だけである。
マスコミもこんな情報の垂れ流しはよくない。徹底的に反発すべきだ。

AP通信によれば、ソマリア南部で28日、アルカイダ系イスラム武装勢力「シャバブ」の幹部らを乗せた車が空爆を受け、2人以上が死亡。グルド内相の発表では、死亡したのは自爆攻撃に関与した疑いで追跡されていた爆発物製造の専門家だった幹部。無人機による攻撃だったという。
アメリカ政府も「米軍の無人機による攻撃」と認めている。
ロボット無人機に殺されるのは御免だ。
最近、無人戦闘機の操縦士たちが精神的に追い詰められてPTSDが深刻だというニュースもある。

経済産業省は、東電福1原発事故に伴う除染費用について、東電の支払い義務をこれまでの実施分約4700億円に限定し、今後実施される除染や中間貯蔵施設の費用は免除する案を検討しているという。
おいおい、東電は今期二千億近い黒字だったというぞ。これだけの事故を起こしておいて、原発を稼動しないとコストがかかりすぎるとか、経営再建へ向け負担軽減が必要とか喧伝しておきながら、けっきょく原発を使わなくて収益を上げているのだ。末端の孫請け以下の従業者は過酷で信じがたい薄給に苦しんでいるというのに、社員の給料が極端に下がったとも聞かない。
「東電のために国民の税金を出してあげよう」というのだ。正気で言っているのか。
コメント