移行しました

新しいブログは、
お気楽☆オープンソース道
です。
このブログは、今後更新しません。
よろしくお願いします。
コメント ( 14 ) | Trackback ( 1 )

FreeBSDをインストールする機器

PC:
FMV-680MC4
LANモデル(RealTeck RTL8139/810x)
ディスプレイ:MOBILITY RADEON 8MB
中古で購入のため付属品がなくFDD(USB)以外での起動はできません。

FDD(USB):
SONY PCGA-UFD5

無線LANルータ:
NEC製 Aterm WR7600H
11a・b・g対応 通信速度 最大54Mbps 実質20Mbps
MACアドレスフィルタリングを使用

PCMCIA無線LANカード:
Aterm WL54AG
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

Zopeのインストール

Pythonをインストールしましたので、次にZopeをインストールします。
http://zope.jp/download/zope/releases
に各バージョンのファイルがありますが、2.9と2.8には次のような注釈があります。

Zope 2.9.0
2.9系の最初のリリースです。プロダクトの互換性にご注意ください。(Plone2.1.2は正式サポート外となります)

Zope 2.8.5
Data.fsの形式が変更されたため、2.8以前のData.fsを利用できません。exportによるデータの引き継ぎが必要です。

Zope 2.7.8
特に何も書かれていません。

ということは、2.7系にすると、これからDBの変換が必要になりますので、2.8系しかないように思います。
上記サイトからダウンロードしてインストールしますが、インストールマニュアルどおりにすれば特に問題はありません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

赤外線マウスも使えます

余っていた赤外線マウスを使ってみました。
Windowsは当然使えますが、FreeBSDでも普通に使えます。
ELECOM M-D5URRD というマウスです。
単4電池が2本必要で、電池の消耗は結構早いです。
まったく関係ありませんが、SANYO のeneloopという充電電池を買って、このマウスの中に入れました。
これって、充電式なのに1年程度は消耗しないんですね。買ってすぐに使えますし、約1000回充電できるようです。
2本で680円でしたし安いかどうかは疑問ですが、省資源なんでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ