goo

sakamoto mimei

サカモト未明の和みカフェ?

陣屋その1

またはまってきました将棋!!ほんとにはまってるでしよ?今回は女流のマイナビオープンというタイトル戦をみに陣屋という鶴巻温泉にある有名な旅館に言ってきました。



毎日コミュニケーションという会社が「取材にきませんかー?」とファックスくれたので、「いくいくー」とのこのこ出かけてきたのです。だってタイトル戦を間近で見るチャンスなんてめったない感じじゃないですか? 
 



当日は渋谷駅前から観光バスで陣屋まで連れて行ってくれる親切さ。でも私、バスを見つけられなくてーーーー、遅刻しちゃったんだよね。「渋谷警察てどこ??わかんない??」
パニックな私を迎えに来てくださる広報のお姉さん。本当にすいませんでした。私っていつも担当にさんにおんぶにだっこだからねこういうときだめなんだよね。

そう、今日一緒に行くはずだった担当さんがきゅうりょ担当漫画のドラマ撮影で駄
目になっちゃったからさ。「うーん、私も早くドラマになる漫画かかないと!!」ってそんなことより、遅刻すんなです。皆様をお待たせしてしまった社内にぺこぺこ乗車する私。本当にすいません。

 でも乗ってからいきなりり楽しいの!!

 中倉姉妹の妹さんていう方が、今回のイベントに関する色んなこと、女流棋士の生活ぶりなんかをお話してくれて、「あ!!私この人のお姉さんの観戦記書かせてもらつた!!」ト気づいたから楽しくてたのしくて。





 陣屋についてバスからおりたら、中倉さんからはなしかけてくれて、周りに咲き乱れる桜に似た雰囲気の柔らかな魅力のひとで、わたし、ぼっとなっちゃいます。

えーん、強くで頭よくて可愛くて親切ー。もうわたし、本当に女流棋士ってすき
だ。ご自身が戦っているからなのかな、私ってわりと初対面だと敬遠されがちなところあるんだけど、(着物のせいかな?
浮世離れして見られがちなので)ぜんぜん敬遠せずに話しかけてくれて、嬉しい!
 
陣屋についたら観戦記のときにあった雨宮さんというおじ様もいて、「えーん、雨宮さんがよんでくれたの?嬉しいよー」としばし再会を喜ぶわたくし。でもまずはタイトル戦の観戦です。

 今回は矢内名人という、実力派の女流に甲斐さんという可愛らしいけど強い!女性が挑む格好。甲斐さんは対局開始ぎりぎりの登場でしたが、何とか二人そろって対局開始!!スゴーい、と思うのは、本当に新聞社のカメラとカいっぱいで、超物々しい雰囲気の中で戦うところ。

私もこんなのやつたら絶対ちびつちゃうね。こういうところもすごいひとたちだな
ー、と思うわけであります。





対局は振り駒というので、先手か後手かを決めて開始。矢内さんは袴姿、甲斐さんは可愛いメガネにニットのおしゃれで、それぞれのキャラクターがまた出ていい感じです。こんなに可憐なのに戦ってるのってすごいなー。
 
 私たち取材はここで退場。邪魔しないように部屋を出て昼食会場に向かい、陣屋の歴史とか「陣屋事件」という有名な事件の話をききます。


なんでも有名な対局のときに矢ってきた棋士の方のおした呼び鈴がならなくつて、起こった棋士先生が帰っちゃって不戦敗となり、以後呼び鈴は駄目ってことで、陣屋の入り口には太鼓がおかれてお客さんの到着を
知らせることになったそうで、これがその太鼓。



それからえっと、その棋士先生のなまえはますだこうぞう?字、わかんない、またそのうち調べてかきます。写真のおっさんね。超有名な先生だそうです。



「強がりが、雪に転んでまわりみる」

つー、句が有名だそう。これも写真ね。あ、センセイの名前でてますね。升田幸三センセイですね。



なんか、内面少年みたいな男の人が一生懸命がんばって、でも転んじゃって罰の悪い感じ、でてますね。確かに名句かもん。


。まあいろいろあるわけですよ。ちょつと勉強した感じでしょ?
 で、そのあとは中倉姉妹による対局指導も受けられるんだって!!超豪華!!

こちらが姉妹です。素敵でしょ?お父さんが将棋だいすきで、それで姉妹で覚えたんだつて。




お姉さんも未明を覚えていてくれました!!

つづきは来週
goo | コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

山のあなたを取材してきました!!

「山のあなた」という、草なぎ剛さん主演の映画の記者会見取材にいってきました!




盲目の徳市という按摩さんが、三沢美知恵さんという美しい女性に恋をするそのさまが、これまた美しい温泉場を舞台にえがかれます。映像がなんとも綺麗で、盲目のお芝居が草薙さんすばらしくて、これは必見!!の素晴しいしあがりです。
 そんなストーリーにちなみ、取材にテレビ局のスタッフといけば、なんとくさなぎさん本人にマッサージしてもらえるという特典つき!!
「スッキリ」のスタッフさんから「smapのくさなぎさんはおすきですか?レポーターとしてあってもらえるならマッサージしてもらえるんですけど」という電話が入ったとき、「行くにきまってんじゃん!!」ト即効返事したワタクシ。わたし本当にくさなぎくんすきなのです。陰影があって、文芸作品からコメディまで幅広くできそうなお顔だし、何より人柄のよさがお顔にでている感じで。
 そしてお台場の「大江戸温泉物語」にいったわたくし。ここの大広間で記者会見なのですよ。したてら大広間いっぱいの人、人、ひと!!







 いやー、さすがに私のライブとは桁がちがいます。あはは、当然か。
で、わたしは「早くマッサージしたいなあーー」と座布団に座って待っていたのでがーーー。
「さかもとさん、質問しなきゃだめですよ。草薙君に必ず質問してくださいね」

スタッフから指令が!!えええ?この大人数のまえで草なぎ君に質問?そんなの、上がってぷるぷるしちゃいます。
言ったのですがスタッフさんはひきません。「いーや、できなかつたからマッサージ゜なしですから」
そんなあ!!
私は会見が始まってからもう必至ですよ。質問まとめて、質問タイムに手をあげてーーーー。でも司会者さん、私を当ててくれないよ!???
「どうしようー。当ててもらえないとしつもんできないよーーー」あせりまくるわたくし。でももついに「最後のひとりですー」というときに、当ててもらいましたよ??





「切ない恋の経験はありますか?」という質問に、くさなぎくんはとても真剣に答えてくれました。こんな風に人をはぐらかしたりしない誠実さが、人気の秘密なのかな。私はますます好きになってしまいました・
 マッサージタイムでもすごく丁寧にマッサージしていただき昇天してしまいそう!!くさなぎさん、マジでうまいです。マッサージ。
本当に楽しく10ふんこ゜一緒させていただき。私のへたくそな漫画も貰ってもらい。



あ、写真は私の書いた絵に丁寧に消しゴムかけてくれるスタッフさん。ありがとうね。本当に幸せだったのでした。日本テレビとスッキリのみんな、本当にありがとう!!草なぎさん、ありがとう!!
 山のあなたは五月24日から東宝系公開。なんとチケットは心を癒して欲しいという会社の方針で「心の入浴料1000円」にて
ご覧になれます!!

goo | コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

東京ゴールデンタイム

久々に歌ってきました。








といっても少しまえで、二月一日。シャンソン歌手のソワレちゃんがオンエアウエストの7th floorでイベントやるからどうかしら?つて言ってくれたから参加したんだけど楽しかった!!
ソワレちゃんのほかに役者件俳優のイーガルくん、お歌ユニットのセロンカプリスちゃんたち、そして私。伴奏はエトワール板橋さん、ベースうのしょうじくん、パーカス藤崎卓也くん。

当日はスッキリ!の藤田大介くん、川柳作家のやすみりえちゃん、写真家の初沢亜利ちゃん、癒し系女王様の青山愛ちゃんとかきてくれて、うれしかった!!






練習はゴールデン街のソワレちゃんのお店でやりました。ソワレはね、一階がバーで、二階は畳と板間の四畳半くらいの屋根裏部屋で練習ができるようになっていて、時々ミニライブとかあるのね。で、たまに結婚式とかあると、階段代わりのはしごから二十人くらい降りてきたり、上でみしみし、キャーキャー何やってるんだ??みたいな不思議スペースなんですよ。ドラえもんのポケットみたいだよね?










私はソワレちゃんのお店が大好き。いつもアーティストが集っていて、みんな私より全然若いのに優しくしてくれて。いつでも仲間にいれてくれるの。超嬉しい。今度ソワレで会った炎子さんという帽子デザイナーさんに、帽子も作ってもらうのですよ。こんな仲間がいれば、何回でもやり直せるなって思う。いまみたく集中して漫画かかないとといけないときに、家族とかいないと不安になっちゃうんだけど、(私、パパとママが死んだらどーなるのって最近思うのね。今でもほとんど会っていないけれど、生きていてくれてるだけで安心なことってあると思う。ずっと喧嘩してたし、最近もたまーに掃除してもらったりとか、甘えてるだけの関係なんだけど、いやね、だからこそ、いなくなったらパニックなのきっと)こんな仲間とか音楽とかして遊んでもらえる時間があれば頑張れるのかなって。みんな頑張っているし。まずしくてもね。でも夢はいっぱい。わたし、42歳だけど、そういうところは20歳の時と変わらないっていうか、むしろもっと夢いっぱいかも!!だから頑張るの。今連載中ののんちゃんもそんな思いこめたいし、準備中のものも真心いれて書きたい。音楽と仲間はそういうパワーを私にくれます。








でね、本番では「トムピリピ」「シェルブールの雨傘」「マイファニーバレンタイン」「ムーランルージュの歌」を歌いました。シャンソンなんてまるで知らない私に、ソワレちゃんが曲を選んでくれて、伴奏もセンスよくしてくれて、気持ちよく歌わせてくれたのです。本当は炎子ちゃんの帽や衣装もも間に合えば良かったのだけれど、今回は私服で歌いました。なんとか、ひどく音程もはずさないで歌えたみたい、すっごい下手なの最初からきいてくれるお友達たちが「結構良かった!!」っていってくれた。よかった!!聞いてくれたひとも、伴奏やいろいろ助けてくれた皆そしてソワレちゃん、ありがとうね。





今回は写真を週刊朝日なんかで宝塚の女優さんを撮りまくつている、女性を撮れば天下一品!!の初沢亜利ちゃんが撮ってくれましたよ!!自分でも恥ずかしいくらい一生懸命な感じを良く撮ってもらいました。どうでしょうか??
 

写真。初沢亜利
goo | コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )
  



Vol1. Portrait by BENJAMIN LEE

Vol.2 REBIRTH IN FASHION 〜新刊「35歳からのモテる♂への変身術」誕生秘話

Vol.1 YASUKUNI BRIDES 〜友と共に花嫁になりたくて

Blog Archive

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月