坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

坂井の一般質問は9月9日。道路、同性パートナーシップ制度、給食調理業務委託。

2019-08-28 | 2019年9月議会


坂井の一般質問は9日の10時からです。今回は3項目取り上げます。

1 “はけ”と野川を壊す都市計画道路はいらない。
都市計画マスタープランに「3・4・11号線推進」が明記された詳細の経緯は不確かであること、前市長は「困難」である見解も示していたことがわかった。
(1) 「都市マスを尊重する」という市長の意思を改めて問う。

2 多様な市民ニーズをカバーできる同性パートナーシップ制度を。
導入に向けたスケジュールや要綱設置が示されたが、市の意思を再確認したい。
(1) 公正証書等の提出を選択できる制度導入を。
(2)市長は、制度導入によって、どのような効果を期待しているのか。

 3 学校給食の質の維持のために、2021年4月委託は急ぎ過ぎではないか。
職員団体に、給食調理業務の更なる委託(2021年4月に一小と三小、2026年4月に東小と本町小)が示された。市は、委託の根拠や市が担う責任を明確にし、給食の質を守る機能を維持し続けるべきである。
(1)2021年4月である必要性の説明を。
(2)2校を一度に委託する根拠は。
(3)直営校をゼロにする理由は。
(4)委託決定前に整理すべき事項は。
(5)小学校給食調理業務5校委託4校直営体制における直営校の役割は。
(6)毎年行っている委託校及び直営校の事業評価の維持する体制は。
(7)学校給食における市の責任は。                  



コメント   この記事についてブログを書く
« 玉川上水&野川公園の生物多... | トップ | 8月31日18時から市議会主催の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019年9月議会」カテゴリの最新記事