坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

【予算の賛成討論掲載】2019年度予算は可決~坂井は議員になって初めて当初予算に賛成。

2019-03-26 | 2019年第1回定例会

 最終日は、久しぶりに日をまたぐ会議となり、AM0時40分ごろに本会議が終りました。
(AM0時15分に開会したのですが、深夜なのに「おはようございます」と始まるんですよね。)

 今定例会でいちばん大きいのは、2019年度1年間の予算。賛成多数で可決しました。ほか、特別会計予算や他の市長提案議案をすべて可決しました。

 

 坂井は、今回、賛成としました。議員になって、当初予算に賛成するのは初めてのことです。以下、討論原稿です(読み上げ原稿なので実際とは若干異なるところがあるかと思います)


 緑・つながる小金井として、議案第6号2019(平成31)年度一般会計予算に賛成の立場から討論を行います。議員になって、当初予算に初めての賛成です。
 本予算に賛成はしますが、はじめに7点について要望します。
 一)難病者福祉手当条例改定にあたって、市への問い合わせはかなりあることがわかりました。現在行っているニーズ調査を反映し必要な施策を行い、個々のニーズに応じた支援につなげること、一)同性パートナーシップ制度については、人権に関わることで早期導入が必須です。制定時期を明確に示し、早期実現に取り組むこと、一)母子・父子自立支援員、婦人相談員は職責の重さから、少なくとも常勤1名を置いた複数体制とすること、一)女性が管理職に就けるようキャリア支援研修の充実に取り組むなど、管理職の女性比率をあげること、一)制定1周年を迎える障がいのある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例の周知啓発に取り組むこと、一)保育計画策定と公立保育園民営化は、齟齬が生じぬよう整合性をとり保育の質の議論を進めること、一)武蔵小金井駅南口第二地区再開発事業に関して、駅前一極集中の開発には大反対の立場であることに変わりはありませんが、2020年春竣工を目前とした補助金投入の最終年度であり、一定の環境への配慮がなされていることも改めて確認したので、今後、懸念されるビル風など周辺環境への影響を最小限に留められるよう再開発組合との調整することを求めることとします。

 つぎに、端的に賛成した理由を述べていきます。
 本予算は、早期竣工を望む新庁舎・(仮称)新福祉会館建設の基本設計委託料のほか、小金井市の最上位計画である第5次基本構想・前期基本計画を始めとし、(仮称)第6次男女共同参画行動計画、環境基本計画等、種々、計画策定の委託支援料が含まれています。これからの小金井市の方向性をつくっていくための重要な予算です。
 そのほか、放射能測定器購入費や、民間保育所補助金、病児保育に要する経費、児童発達支援センター巡回相談事業や、小金井市立小中学校における医療的ケア実施委託費が含まれていること、また、この間、提案要望してきた非常勤嘱託職員の待遇改善や、障害平等研修、12月市長選において音声の選挙公報発行に要する経費などが含まれていることも評価します。
 以上、改善を要望すべき点はいくつかありますが、小金井市のこれからをつくっていくにあたり欠かせない予算が含まれておりますので賛成とします。


 おわりに、西岡市長の政策意志がみえにくく、市長答弁も抽象的であいまいな表現や精神論を語られる場面が多くみられます。また、公約実現に関し自己評価をたびたび問うてきましたが、未だに答弁がでません。西岡市長には、3年3カ月を振り返り、公約実現の自己評価をすること、市政運営における課題に対し、軸をもって意志を示し、具体的な答弁に努め、説明責任を果たすことを求めて終わります。

 そして、議員になって初めて決議の提案をしました。3・4・11号線に対して迅速な対応を求める決議。内容はやさしめに作りました。というのは全員賛成で市議会の意思を示したかったからです。おかげさまで23人全員賛成となりました。西岡市長には、市議会全体の意思を受け止め、尊重してくださると信じます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第1回目 小金井市保育計画策... | トップ | つながる小金井通信41号を発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019年第1回定例会」カテゴリの最新記事