坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

【2021.12.12 内容修正】"市でのしっかりした分析は行わない” 議会答弁をひっくり返す市長見解!? 〜はけと野川を壊す都市計画道路

2021-12-06 | 2021年第4回定例会

一般質問、終わりました。

今回は大きく2項目取り上げました。

*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・
1 はけと野川を壊す道路はいらない!
 動画(Youtube)→前半 後半
(1)東京都が行った環境概況調査(動植物)について 

①結果を把握しているか  
②市民への周知は  
③環境への配慮について市で分析を行おう
(2)都市計画マスタープランについて 動画(Youtube)はここから
①中間報告(案)のパブリックコメント後、都市計画道路の記述はどう変わったのか
②2020年5月に提出した西岡市長の要望書の内容を満たしているのか
③今後のスケジュールは

2 気候危機対策はまったなし! 動画(Youtube)はここから
(1)小金井市気候非常事態宣言(案)はパブコメ後、どう変わったのか

(2)市役所本庁舎及び西庁舎の再生可能エネルギー100%電力の導入の検討状況は
(3)教育長連名での宣言はおそらく国内初!具体的な取り組みを進めよう

*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・

今回から、使用した資料(PDF)を坂井公式HPにアップしました。
 都市整備部都市計画課提出資料(都市計画マスタープラン)
 本人提出資料

(今回の本人提出資料は、”見せる”ことより”記録性”を重視したので8ページになりました)

 

まずははけと野川を壊す道路はいらない!の振り返りです。
気候危機対策はまったなし!の振り返りはこちら

現状は、東京都が3・4・11に関する環境概況調査(動植物)を終えたところ。

環境概況調査(動植物)では、すべての動植物にとって道路建設の影響があると考察している。
 坂井は、環境概況調査結果報告書を情報公開請求で手に入れました。考察を読むと、すべての動植物に道路建設の影響があることを示唆しています。知人の環境調査会社の方に結果を見ていただきお話したところ、個別の種への対応で守り切れるものではない。ここの場所を残していくことが大切という結論に至りました。本人提出資料にも考察部分をまとめてますのでご覧ください。

小金井市は、東京都が行った環境概況調査(動植物)の結果の一部を把握している。 
 小金井市は、全28ページの抜粋版の情報提供を受けたそうです。抜粋版は、結果のみで結果から導かれる考察は入っていません。資料全編については、情報提供を受けるための手続きを行っているとのことでした。

 ちなみに、北多摩南部建設事務所のHPに掲載されているのも、考察部分が入っていない抜粋版です。全文載せることが必要と考えます。

「小金井3・4・11だより」について、一定の効果があると評価。市としての周知は行わない。

 

 

「小金井3・4・11だより」について、小金井市としての評価は、”調査範囲、環境調査のあらまし等について記載されている。市民の皆様に周知する方法として、一定の効果があると受け止めており、環境調査の結果について、市としての更なる周知は考えていない”とのこと。
 私としては、「小金井3・4・11だより」には、”すべての動植物にとって道路建設の影響がある”という考察は入っていないので、入れていただきたかったです。道路整備を前提とした発行物は控えていただきたいとも考えています。

環境への配慮について市で分析は行わない。
 2019924日の予算特別委員会で、市長は、「この環境への配慮についての考え方は、市としてもしっかりと分析などしていく必要はあると考えております。」と答弁したので、有言実行を求めました。
 すると、今回は、「東京都から示される様々な技術的な方策については、市としても十分な確認や理解が必要。東京都から示される保全対策に注視し、必要に応じて要望などの対応していきたい」という答弁になりました。

 今回の一般質問で、いちばん理解できなかった答弁です。予算審査の際は、「市としてもしっかりと分析」としていたのに、今は「都に示されたものに対する確認と理解」に置き換わりました。 
 議会答弁の信頼にも関わると思うので、質問し直しましたが、「分析する」という答弁はでませんでした。

パブリックコメント後の都市計画マスタープラン、優先整備2路線も含む表現になっている
 都市計画道路の整備方針の中に「今後、長期間にわたり事業化する時期が未定の広域幹線道路及び幹線道路については、社会経済状況及び地域のまちづくりの変化などを踏まえ、東京都及び関係市と連携して都市計画道路の検証を行い、見直すべきものは見直すとともに、必要に応じて、市は課題解決に向けた対応を東京都に要望します。」とあるんですが、この表現の中に、優先整備2路線も含むということでした。
  もう少し、わかりやすく書いてもらえると理解が進むのですが。

【2021年12月12日追記】市民の方からご指摘いただき自己が答弁を捉え違えていることに気づかされましたので、”見え消し”にしました。ご指摘いただいたことからの振り返りは現時点では、都市計画マスタープランに”はけと野川を壊す”2路線の道路は含まれていない!?←坂井ブログ)で。


 都市計画マスタープランに関しては、市議会全員協議会でも協議していくことになるので、またその時に確認していきます。

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 12月議会、はじまる。 | トップ | 2021年1月1日、小金井市気候... »
最新の画像もっと見る

2021年第4回定例会」カテゴリの最新記事