坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

坂井の一般質問。~諦めずに継続して質問し続けることの大切さを知る

2018-09-05 | 2018年第3回定例会

 

 今回は大きく4テーマとりあげました。

1 車椅子使用の児童生徒と学校~Part3
(1)支援員の配置状況は
(2)車椅子や歩行器使用のガイドラインについて
(3)宿泊を伴う校外学習について
(4)障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例、10月1日施行に向けて

2 閉店を余儀なくされて、はや2年半。福祉売店「りんくの店」の今後は
(1)イトーヨーカ堂での物品販売の協議状況は
(2)常設での店舗設置を

3 政治分野における男女共同参画推進法の成立を受けて
(1)性別役割分業について
(2)地方公共団体の責務について
(3)管理職や理事者に女性を
 
4 非常勤職員の待遇について
(1)現状は
(2)待遇改善に向けた取組を

 

1,2,4はこれまでにも取り上げてきた内容。

動画はこちら(youtubeにとびます)1時間1分30秒あたりから

ざっくりとこんな答弁&坂井の意見要望でした。
正式な議事録ではなくて坂井メモであることをご了承ください。

1 車椅子使用の児童生徒と学校~Part3。

支援員
答弁:1校1人配置を進めていて小学校では実現。中学校では調整中。車椅子使用の児童生徒に1対1での介助員はついていない。

ガイドライン
答弁:児童生徒や保護者の声も聞きながら、「学校と保護者が子どもの成長のために何ができるか」話し合い、良い関係を
築くことができうよう「合理的な配慮の提供」を確実にできるよう作っているところ。


宿泊を伴う学校行事
答弁:今回保護者の方が同行せずとも実施できた(※これまでは同行をお願いしていた)。これを仕組みとして整えるには4つの必要条件がある、と。「責任者」「同性の介助者」「車椅子に装着する補助器具」「高さ調節できる肘付き椅子」。
坂井:前者2つはその時に判断することになるけれど、後者2つは必要条件としているんだから、教育委員会として持っておくべき。いずれも借り物だったようなので、しっかりと必要条件を満たすよう対応してくださいと要望しました。

条例施行に向けて
坂井:災害時の対応について聞きました。児童生徒の体格や教師や支援員の体力によらず、また児童生徒が3~4階にいても素早く非難できる体制を整えることが大切。先日、都庁にいった時にみつけた”階段避難器具”は、階段のみならず、廊下でも使える。踊り場での旋回もスムーズにできるとのこと。学校が子どものいのちを守るといった時に、これは必要なもの。条例には合理的な配慮の提供について「過重な負担にならないもの」と記載ありますが、それにはあたらないと思います。基礎的環境整備のひとつとしてすぐにでも対応すべきと強く提案しました。

2 閉店を余儀なくされて、はや2年半。福祉売店「りんくの店」の今後は

当選してからのおよそ2年半、ずっと追い続けているこのテーマ。

イトーヨーカ堂での物品販売の協議状況は 
答弁:11月7,8,9日で行うことが決定したとのこと。

坂井:イトーヨーカドーさんの御協力に感謝!担当職員のご尽力を評価させていただきます。ありがとうございます。継続して行えるようイベント販売終了時にはしっかり振り返りをしていただくよう要望しました。

常設での店舗設置を 
新庁舎新福祉会館には常設せず、お昼時のワゴン販売やイベント販売でいくという答弁がでていたのですが…
答弁:ワゴン販売は例示

坂井:ワゴン販売以外、ほかの可能性もあるということを確認。団体と協議の場を持つよう要望。新庁舎新福祉会館竣工までおよそ4年半あります。それまでは何も対応しないということにもならないと思うので、あらゆる可能性を探って頂くよう要望。

3 政治分野における男女共同参画推進法の成立を受けて

性別役割分業 
答弁:「男性は外で働き、女性は家庭をまもるべき」を是とする考えはまだ残っている。男女に関わらず仕事と家庭の両立が図れる環境整備に向けて周知啓発に取りくむ

地方公共団体の責務について 
答弁:第5次男女共同参画行動計画にもとづき施策を推進している。

管理職や理事者に女性を
 午前中に白井議員が同義の質問をされていて同様の答弁になる&時間がせまっていたこともありので割愛。

4 非常勤職員の待遇について

現状は
答弁:報酬については、2016年4月に全職種月額1000円アップ。2017年には休暇制度について、結婚休暇の新設、忌引き休暇を正規職員と同日数に。2018年4月には病気休暇の一部有給化含めて、主に出産育児・介護の休暇制度8制度新設&3制度拡大。

待遇改善に向けた取組を
答弁:正規職員給与や他市状況との均衡など…全体みながら検討していく。
 
坂井:非常勤職員の方なしには、小金井市役所の業務は成り立たない。しかし、基本的に1年雇用で不安定な雇用。本来は、無期雇用の常勤より対応を厚くすべきと来年度からの待遇改善を要望しました。

 

今回の一般質問の振り返り】
 
一般質問でこれで満足!って絶対にないだろうな…と毎回反省しています。詰めが甘いんですね、私。

 一般質問は担当職員の方と事前に質問内容の確認をしているんです(答弁する側も準備が必要とのこと)。担当との確認段階では、ものすごーいひどい答弁が出そうで、これはもう厳しく指摘せねばと思っていました。前夜に脳内で一般質問しながら怒りモードONだったのですが、実際はひどくない答弁がでてきてびっくり。この2年半ずっと残念な答弁だったけれど、諦めたらいけないものよねということを、実感することとなりました。

 



ちなみに。本人提出資料は以下の2ページです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 市議会は、副市長人事に同意... | トップ | 職員給与に関する条例&それ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年第3回定例会」カテゴリの最新記事