坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

庁舎福祉会館の特別委員会。

2018-09-18 | 2018年第3回定例会

 開会前に、6会派で市長に申入れに行きました。6会派とは6月議会で補正予算の付帯決議の作成に関わった6会派(自民・信頼、公明党、こがおも、ネット、カエル会、緑・つながる)です。

 休憩を挟みながら議会は行われたものの、質問に対する答弁はなく、市長の申し出により、答弁調整のため、20日の予備日に持ち越しとなりました。

 審査した陳情10件と議案1件も保留に。


6月議会で出した付帯決議


 

 決議について、市は発注方式の見直しをしており、複合化の方針(案)も提示したところですが、特に、清掃関連施設については、市役所と複数会派の認識が埋まらないまま、今日を迎えました。

 発注方式の見直しによって、竣工の1年延伸が示されたところなので、市提案の4案をベースに柔軟な検討ができるのではないか。新たな配置案を検討しませんかという提案をしたのです。

具体には、
1 清掃関連施設の敷地内暫定移設は行わない
2 新福祉会館を先行竣工する
3 敷地内の東側の樹木を残す
4 新庁舎の免震構造の地下は駐車場利用する

 

ということ。
 
 市役所も議員も早期建設を望んでいるのに…。坂井としては、前に進めるためにも、1案の提案&検討は必要と考えました。


 さて。委員会では、議員提案の条例案の審議中です。 

 基本設計委託やコンストラクションマネジメント業務委託も所掌に入っているので、先に進むには早く結果を出すべき案件と考えていますが、委員会の判断はいかに。


議員提案条例

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 予算特別委員会。採決は20日... | トップ | 市議会は予備日。職員給与条... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年第3回定例会」カテゴリの最新記事