坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年補選で初当選し、2017年本選でも再選致しました。議会ホーコクや日々のことを発信しています

行財政改革推進調査特別委員会

2017-12-19 | 2017年第4回定例会

 市議会は、行財政改革推進調査特別委員会。

 一点、気にかかっていることを質問しました。

 行革の中では常勤職員削減が進められていて、概ね、電話・窓口対応、庶務事務、定型・定例業務について、非常勤を活用していくということなのですが、現在、常勤1の「母子・父子自立支援員及び婦人相談員業務」を非常勤2にするという方向性が示されています。

 業務多忙のため1人では対応困難とのこと。2人化によって相談対応、緊急対応が可能になると。必ずどちらかがいるように、時間差勤務、業務管理をしていくとのこと。

 とはいえ、責任おもき相談業務。懸念が残ります。

ちなみに…

(社会保障審議会児童部会ひとり親家庭への支援施策の在り方に関する専門委員会 会議資料)


 2013年から10回にわたり行われた社会保障審議会児童部会ひとり親家庭への支援施策の在り方に関する専門委員会では、現状として「非常勤、勤続年数は5年。充分に対応できない可能性を懸念」「相談件数増、一般の生活相談や就労相談に対応できないのではないか」としています。

 

(資料は、ひとり親家庭等の支援について/厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課・平成29年4月)

 2017年4月に法改正(婦人相談員…売春防止法/母子・父子自立支援員…母子及び父子並びに寡婦福祉法)で非常勤規定が削除され、自治体の判断で常勤をおけるようにした、という国の動きにも逆行している?


そして近隣市の状況は…
1)1人体制は、多摩26市で小金井を含む3市のみ。

2)非常勤が相談員をしているのは26市中6市。

 複数対応は必要ですが、非常勤化については懸念が残ります。すでに非常勤化しているところからは常勤に戻す要望もでているということ。


 小金井市では2018年度から非常勤化とのこと。今後、応募かけていくことになりますが、適任者が現れるのか。そもそも非常勤が相談業務を担うには、待遇のわりに責任が重いのではないか。他の自治体でも、募集しているが応募がないという話、定着率が悪く続かない事例もあること、聞いています。

 最終的に、相談者の不利益になりかねないのでは?との懸念がぬぐえませんので、常勤維持は求めていきたいと思っています。人員が必要なら非常勤を置いていただきたい。”人員の適正配置”という視点に立っていただきたいところ。

 

コメント

予算特別委員会

2017-12-14 | 2017年第4回定例会

市議会は予算特別委員会。坂井は委員でないため傍聴。

審査案件と採決結果====

議案第64号 平成29年度小金井市一般会計補正予算(第5回)
 →保留

議案第65号 平成29年度小金井市国民健康保険特別会計補正予算(第5回)
 →可決(全員賛成)

議案第66号 平成29年度小金井市下水道事業特別会計補正予選(第5回)
 →可決(全員賛成)

================

「市歌」について、ピックアップ。
市政施行60周年のいち事業として行われます。

庁内各課からは、さまざまアイディアが出されています。さまざあって興味深いですね。

 CoCoバスチョロQは、費用が400万円からということで実施に至らないのに、同程度の予算での市歌は採用されている。

「市歌事業」採用の理由は、議会、市民から要望があったため。(※正確に言うと議会の総意ではなくて、ある議員の提案です)ちなみに、多摩地域では20市程度が市歌を制定済み。平成に入ってからつくったのは4市だそうです。

  私はかつて、音楽(ピアノ、中学校ではバイオリン)をやっていましたし、歌…音楽のもつチカラがあることは充分に承知していますが、いま、小金井市が行う事業としてはどうなのか。。

 市長は「一定のご指摘をいただいている。担当は、他市事例研究し、債務負担行為として予算計上した。市議会の議決を得れば、今後の選定委員会には専門家や市民もはいる。選定委員で楽譜の必要性、市はコスト意識を持つことが必要。市民に愛される歌、いい歌をつくっていきたい。」と最後発言されていました。
 また、「レガシーをのこす」とも言っていました。改めてレガシーとは?インターネットで調べてみると、「 1 遺産。先人の遺物。2 時代遅れのもの。」遺産には、負の遺産もありますね。





コメント

総務企画委員会 ~旧福祉会館跡地の地上権について、答弁調整の休憩多く

2017-12-13 | 2017年第4回定例会

 市議会は総務企画委員会。坂井は委員でないため傍聴。10時開会~11時頃休憩、そのまま昼休憩。13時再開~14時休憩、そのまま15時休憩。15時50分再開~17時前休憩。17時15分再開~18時35分。1時間の夕食休憩に入ったところで、私は離れました。がその後は19時50分に再開し、21時過ぎに終了しています。

 

審査案件と採決結果。

陳情===============

29陳情第19号 福祉会館跡地の地上権価格の把握に向けて複数社による適正な不動産鑑定を求める陳情書
否決退席1:板倉、賛成2:沖浦、渡辺大三、反対4:鈴木、河野、五十嵐、宮下)

29陳情第20号 福祉会館跡地の地上権に関しては、市(市民)にとって最も有利な処理をすることを求める陳情書
否決賛成3:板倉、沖浦、渡辺大三、反対4:鈴木、河野、五十嵐、宮下)


29陳情第23号 諸賢のお知恵を拝借するための陳情書
→保留

29陳情第26号 夫婦別姓の実現を求める意見書提出に関する陳情書
否決退席3:鈴木、宮下、渡辺大三、賛成1:板倉、反対3:沖浦、河野、五十嵐)


29陳情第27号 元号利用の廃止を求めることに関する陳情書
否決退席1:鈴木、賛成1:板倉、反対5:沖浦、河野、五十嵐、宮下、渡辺大三)

29陳情第30号 福祉会館跡地の地上権価格について、市議会として不動産鑑定を発注すること等を求める陳情書
否決賛成1:渡辺大三、反対6:板倉、鈴木、沖浦、河野、五十嵐、宮下)


29陳情第31号 東小金井駅北口まちづくり事業用地整備活用計画に関する陳情書
→継続審査(資料要求「事業期間内の財政計画」)


議案================
議案第67号 小金井市都市計画条例の一部を改正する条例
可決(全員賛成)

議案第70号 地上権設定契約の合意解除に係る和解について
可決賛成6:板倉、鈴木、沖浦、河野、五十嵐、宮下、反対1渡辺大三)

 

行政報告==============

 1 平成29年度課別時間外勤務時間数等について(職員課)
 2 小金井市サイバーセキュリティに関する協定書の締結について(経済課)

 

==============

 時間を要したのは旧福祉会館跡地の地上権設定契約の合意解除に係る和解について。質問に対して市が答弁調整のため休憩を求めたため、小刻みに休憩を挟みながらになりました。

この件、質疑を聞いていて思うのは
事実経過(5W,1H)の説明は必須ということ。

今回の案件が、一般の不動産売買に即して取り扱う案件なのか否かの判断が委員によって違うということ。
9月議会で取り下げられた議案は、市議会が理解できるような手続きは取られていなかったこと。

 自分の意見はありますが、総務企画委員会には会派から委員が出ておりません。
本会議で態度を示しますので、現段階ではネット上での態度表明は控えます

===========

今朝の駅頭は、武蔵小金井駅nonowa口北側。

時間によっては、学芸大付属校、中大付属校に通う子どもたちがたくさんで、他の改札口とは雰囲気が異なります。オトナと子どもの持つエネルギーって違うなぁ、と感じています。

コメント

建設環境委員会 ~はけと野川を壊す都施行の道路計画について、市は傍観者のような答弁。

2017-12-12 | 2017年第4回定例会

市議会は建設環境委員会。10時から14時半頃で終了。

審査した内容と採決結果。

議案===============
議案第68号 小金井市生産緑地地区に定めることができる区域の規模に関する条例
議案第69号 小金井市自転車等の駐輪秩序に関する条例の一部を改正する条例


所管事務調査===========
 駅周辺整備に関する調査
 市内都市計画及び住環境に関する調査
 資源循環社会形成に関する調査

行政報告=============
1 小金井市清掃関連施設整備基本計画検討会議について(ごみ対策課)
2 小金井市清掃関連施設整備基本計画(案)に関する意見募集について(ごみ対策課)

=======================

議案第68号 小金井市生産緑地地区に定めることができる区域の規模に関する条例
→ 可決(全員賛成)

生産緑地地区の指定について、これまで法律では定めを500㎡としていたのが、条例で自治体が定められるようになりました。小金井市では、下限値を300㎡に。

ーーーーーーーーーー

 議案第69号 小金井市自転車等の駐輪秩序に関する条例の一部を改正する条例
→ 可決(全員賛成)

放置自転車の撤去手数料を、1,500円から2,500円に。放置原付の撤去手数料を3,000円から4,000円に。撤去する費用は1台12,000円程度かかっているということ。やむを得ないと判断し賛成しています。

 ーーーーーーーーーー

清掃関連施設整備基本計画(案)は12月1日の市報ですでにパブリックコメントが始まることが広報されています。しかし、ごみ処理施設(中間処理場)の建設予定地近隣の協議会では理解が得られていない状況。しかしながら、市としての責任でパブリックコメントに踏み切った、とのこと。

 近隣の皆さんには、理解するしないの前に、二枚橋の焼却施設を受け入れざるを得ない状況にあったと認識しています。非常に難しい状況です。ゴミを出している立場としては更なる減量努力を。 市としては引き続き地元地域の方との協議の場を持ち続けていくべき。

ーーーーーーーーーー

はけと野川を壊す都施行の道路計画について。

現状の認識と今後について、質問をしました。

◆都が予定している1月26日の意見交換会については、1月15日の市報に掲載するよう広報の準備を進めているということ。

◆3月25日(土)午後、26日(月)夜に南小体育館で行われる数百人規模の説明会&意見交換会について、当該路線に近い東中もしくは東小での開催が望ましいが、空いていなかったため、南小体育館での開催。市民の参加しやすさを考えると、日程優先ではなくて場所を優先するべきではないか?この日程で行わなければならない理由があるのかないのかは都の考えがあるのかもしれませんが。市としての見解を問いましたが答弁はなく。しかし、この旨、都に伝えますとのことでしたので、次回はその回答を確認していきます。

◆建設局が主催にもかかわらず、「事業化にあたっての意見交換会」と市が認識していなかった理由は「7月頃、意見交換会のあり方についてヒヤリングを受けた時に、”事業化前提でなく意見を聞きたい”と言われたから。」ということでした。

◆11月17日の会議録の公開は、意見交換会参加者に内容を確認してもらう作業が入るので、1月末頃ということ。次回意見交換会が1月26日です。そこで初めて傍聴に来る方もいるでしょうから、遅くとも1月半ばに出してもらえると良いのですが。

他の委員からでた意見・主張の要旨(坂井メモより)
◆建設的な意見交換会になることを望んでいる。◆道路は必要と思うが、賛成かどうかは別。反対の声がでている。市長として意思を明らかにするべき。決められないなら市民投票で市民の声を聞いて。◆意見交換会は是非をとうところでないことを明らかにして欲しい。市の意思が不明確だ。◆3.4.11をつくらないのは小金井市としてありない。トンネルなら賛成するが、切通しでの公園分断は賛成できない◆市長は全体をみたうで判断を。自分も近隣に住んでいたら反対するが、離れた地域に住んでいるので違う声も聞こえてくる。

事態を動かすような答弁は出てきていません。

意見交換会について、市は「丁寧な対応を望んでいる。市民の意見が届いて都が配慮することを望んでいる。地元との理解深めていだだきたい」と、さながら傍観者に思えるような発言が多い点、とても、とても残念です。

コメント

厚生文教委員会 ~作業しながらの傍聴でした。障がい者差別解消条例(案)の答弁をピックアップ。

2017-12-11 | 2017年第4回定例会

 市議会は厚生文教委委員会。10時から、翌0時半頃まで。日付をまたいでの委員会は久しぶりでした。前回の厚生文教員会が、市長公務により時間を区切って行ったことも影響しているか、と思います。明日の建設環境委員会の準備をしながらの傍聴でした。

 

本日の審議事項================

陳情

29陳情第2号 (公財)小金井市体育協会への補助金交付の一時停止を求める陳情書
29陳情第15号 公益財団法人小金井市体育協会への補助金の一部返還に関する陳情書
29陳情第18号 大腸がん検診の充実を求める陳情書
29陳情第24号 国に対して「待機児解消、保育士等の処遇改善のための財源確保を求める意見書」の提出を求める陳情
29陳情第25号 「もくせい教室」の環境改善を求める陳情書
29陳情第28号 公立図書館における成人図書等の別コーナー設置を求めることに関する陳情書

議案
なし

所管事務調査
所管事務調査(子ども施策に関する諸問題の調査)
所管事務調査(小金井市保健福祉総合計画の策定と運用について)

(行政報告)
1 高齢者インフルエンザ予防接種助成期間延長について / 健康課
2 学校事務の共同実施について /  指導室
3 新しい時代の公民館の在り方について(小金井市公民館の中長期計画策定に当たって)/ 公民館

================

気になる陳情、29陳情第25号 「もくせい教室」の環境改善を求める陳情書は全員賛成で可決。

 

================

保健福祉総合計画の枠組みのなかで、障がい者差別解消条例(案)について、先日のシンポジウムの報告と質疑がありました、書き起こせていない件もありますが、傍聴しながらの速記メモを載せます(確定議事録ではない旨ご了承、ご理解ください)。

条例について

シンポジウムで自立支援協議会が「遺憾」と表明したことついて
→7月21日委員会で一定委員の創意を汲んだ原案とりまとめ。8月から庁内調整した。10月20日委員会で示した内容と違い、削除・変更あったので非常に残念と意見をいただいた。

削除、変更箇所
→8条 合理的配慮について、かなり省略可された。理由は、庁内調整の結果。法務担当からどのような時が道理的配慮なのか?文言整えた。◆社会的障壁の項目 一定削除。理由は、そもそも法の趣旨を踏まえた条例。法に規定あるため削除。
委員から残念だと意見いただいたところ。

第10条の両論併記
→パブコメ出す際にはきちんと10条として示す予定。

パブコメスケジュール
→12月6日臨時の自立支援協議会で今後のスケジュール案を示した。12月今月下旬からパブコメ予定。今年度中制定に努力している。逆算すると今月下旬か年明け早々示さないと間に合わない。会長と相談して、パブコメ実施する。会長と相談しながら、全体の合意が必要。スケジュール調整。

条例の目的について「誰のための条例なのか」
→障がい者の差別の取り扱いの禁止、合理的配慮を行うことが障害者差別解消法にうたわれている。一義的には障害のある方、よりよいものになる。が、市条例案のタイトルに「障がいのある人もない人も~」とある。障がいの特性理解は、市民にも必要。障がいのある人にとっても、障がいのない人にとっても。条例については、もちろん障がいのない方、市民の方が障がい特性を理解していかないと進まないのは当然のこと。先日のシンポジウムでも、当事者の方「白杖をついているが、通りかかった方は視覚障がい者と思わない。杖だから足が悪いと思われる。白杖のこと知らない。障害のある人に差別をしていることに気付かない人がいる」という意見。広く市民が、障がい特性を理解しないと差別禁止、合理的配慮できないと認識している。

シンポジウムで出た7人の市民の意見
→1人目「10条(案)は両方良い」◆2人目「10条、両方使えたらいい」◆3人目「第1案については、9条の相互理解促進にはいるべき」◆4人目「第2条の障害者の定義、”身体、知的、精神(発達)”について発達は手帳の有無が条件になるのか?」◆5人目「条例内容というより実際生活に置いての対応が必要。障害のある方に電車で席ゆずることが必要」◆6人目「環境整備に努めるという文言について。小金井市の学校、狭く、床や壁汚い。至急対応を」◆7人目「お子さんが市内支援学級に在籍しておるということで、小学校入学の際、普通級を望んだが、その場合、支援は難しいという話をうけた。」

周知
 →今年度中に、委員と調整して市民向けにパンフレット制作を検討している。パブコメの際には、市民説明会。制定後も改めて説明会。周知に努めていく。条例は、もちろん市民全体の条例。そういった観点から周知測る。

条例は市長の諮問なのか
 →市長の諮問事項ではない。H27,5自立支援協で委員発議で議論してきた。

今後のスケジュール
 →まだ示せない。自立支援協議会は、1月中旬開催予定、委員の合意どうやって得るか会長と調整。

 

====

シンポジウムの様子や10条のことは障害者週間シンポジウム(←坂井えつ子ブログ内記事)で。パブリックコメントが年内~年明け早々にはかけられると思いますので、改めて条例読み込みます。


朝の駅頭は、東小金井駅北口でした。朝、バタバタしていてアームウォーマーを忘れてしまったため、極寒。回復に時間がかかりました。皆さんも寒さ対策は万全に。

 

 

コメント