癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

今シーズンのクロカンスキー大会を振り返る

2017年02月28日 | スキー・クロカン

第32回湧別原野オホーツク85kmのゴール場面(テツさん提供)

 1/22の「HBCハウス」(15km)を皮切りに、2月は4週連続のクロカンスキーレース、「札幌国際」(50km)、「おおたき」(15km)、「恵庭」(30km)、「湧別原野オホーツク」(85km)の5大会を悔いは残ることもあったが、すべて完走できたことを素直に喜びたい。しかも、すべてが、その大会の最長距離の部門ばかりだ。ただ、今年は、昨秋の台風の影響で「十勝大平原」(42km)が中止になったのは残念だ。今年は昨年同様暴風雪が1回もなかったことがうれしかった。

 このための車の移動距離を計算したら、ざっと3000kmになる。滑走距離のトータルは約200kmだった。4週連続だなんて、クロスカントリースキーだからできることである。これが、走るマラソンならとても考えられない。しかし、自分と同じように4週連続出場している人もたくさんいる。

 特に1/14~15に大滝で開催された、かつてのオリンピック複合団体金メダリストの「阿部雅司さんのクロカンスキーキャンプ」に参加した。結果、左足に前よりしっかり乗り込めるようになったことと、レースではたまにしか使えないがスーパースケーティングが少しできるようになった。

 さて、結果だが、「順位やタイムは気にしないで、年齢相応の滑走を楽しむ」ことを目標にしているとはいえ、順位やタイムが出ると、どうしても気になってしまう。やはり、一応は挑戦なのだから、のんびり楽して滑ることにも満足できないのが困るところである。ついつい頑張ってしまう。

 その点、「HBCハウス」は、距離も短いし、順位が出ないので気が楽だ。シーズン初めの足慣らしには絶好の大会だ。

 今年の大会で共通したことは、後半あまり疲れがなく、辛いなりに最後までヘロヘロになることはなく、いずれのレースも気持ち良くゴールできた。

 しかし、一番辛かったのは、毎年いきなり50kmの「札幌」だ。60歳前後のときは4時間切りを2度経験しているが、アップダウンがきついこともあり、昨年までの2年は5時間も切れなくなかった。しかし、今年は5時間を切ることはできたし、順位もここ3年間では一番良かった。

 次の「おおたき」は、15kmが最長距離になった。「70歳以上の部」があるシルバー思いの大会だ。これも、順位は、昨年より1番だけだが上がることができた。

3回目の「恵庭」(30km)は、良く滑ってダメージもないまま気持ちよくゴールできた。タイムも上出来の2時間19分だったが、順位は「50歳以上の部」で、65/87名中(完走者)で、昨年より10位も下がっていて、ちょっとがっかり。

 最終レースとなった「湧別原野オホーツク(85km)」は、自分としてはメインレースである。昨年のワーストタイムよりは35分ほど速く、目標とした7時間は切ったが、順位は昨年より10位ほど下がっていた。しかし、まだなんとかギリギリ参加者の半分以内の順位に留まることができたが、来年はやばそうな感じだ。

 タイムはその時の条件で大幅に違うが、順位は正直だ。とくにこのクロカンスキーのための意識的な練習やトレーニングを全くしていないので、加齢に伴う低下はやむを得ない結果だった。70歳代でも、ものすごい怪物はたくさんいる。

 このままズルズルと年齢相応に落ちて行くのはちょっと悔しい。もう少し走りこみや家でできる筋トレなどに日常的に取り組むようにしたいと考えている・・・とはいつも思うのだが?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 流氷空振り、鴻之舞金山遺構... | トップ | ライフスポーツ第8回スキー... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした! (わんわん)
2017-02-28 22:31:09
4週連続レース参戦お疲れ様でした。帯広が中止ならなければ、5週連続ですね!
素晴らしいとしかいいようがないです。しかも運転して現地まで行かれるのが凄いです。

僕はこの5年位前から年2回北海道遠征してまして、美瑛と旭川、札幌と帯広、札幌と旭川、湧別と旭川などの組み合わせでレース出てます。旭川バーサーが一番多くて競馬場時代から9回行ってます。来年からは湧別が一つ枠決まってしまいました(笑)


sakagさんのご活躍ぶりは見習う事ばかりです。今後ともよろしくお願いします。
わんわんさんへ (sakag)
2017-03-01 06:35:34
スタート地点では、わざわざ探していただいての挨拶、ゴール地点では、私のゴールまで待ってくれてのお出迎え、本当にありがとうございました。
それにしても、昨年より2時間近い短縮、お見事ですね。来年以降が楽しみですね。
また、来年もお会いしましょう。
「旭川」頑張ってください。
タフですね! (tony)
2017-03-01 19:15:09
4週連続で完走,後半の失速もない素晴らしいレース。
年齢を考えると恐ろしい底力ですね。
私は昨年以来落ちるばかりであまり愉快ではありません。
少しでも見習って維持に努めようと思います。
お疲れさまでした。クロカンの楽しさが伝わって
もっと愛好者が増えたらいいですね。
tonyさんへ (sakag)
2017-03-01 19:27:53
4週連続、ランなら絶対できないことですが、このクロカンスキーならできてしまうところにおもしろさがあるのかもしれません。
私も60歳前後がピークでした。今は、いつまでできるのか、どのくらい落ちるのを防げたか?が興味のあるところです。
大阪のわんわんさんは、昨年より2時間近く短縮できたそうです。20分以上も差をつけられました。
tonyさんも、来年はぜひ参加しましょう!絶対ハマります。
レベルアップされていますよ! (ちから!)
2017-03-03 08:07:39
4週連続大会出場、お疲れさまでした。
疲労など溜まりませんでしたか?

湧別原野では、朝までの40㎝ほどの降雪と吹雪に、その日の苦戦を予想しましたが、スタートしてしばらくすると天候、コースコンディション共に安定し、悪天候のなかコース整備にあたられた大会運営スタッフのご尽力に感謝する大会となりました。
チューリップおばさんともお話しする機会がありましたよ!

札幌国際は僕も苦手意識の強い大会です。
シーズン始めにあの激坂に挑むのには相当の覚悟が必要です。

年代別は、毎年ごとに下の年代から若い選手が上がってくるので、順位を維持するのは厳しいです。
湧別原野では大幅にタイム短縮ができているので、総じてレベルアップされたシーズンだったのではありませんか?

そろそろシーズンオフですね。
この時季は「来シーズンに向けてランと筋トレを強化しするぞ!」と、僕も同じように決意するのですが、その決意はなかなか果たせないままです。
僕もsakagさんを目標にレベルアップを果たすぞ!
と言いながら、しばらくは山スキーで遊んでいます!
ちから!さんへ (sakag)
2017-03-03 08:23:14
レベルは違いますが、お互いにお疲れさまでした。
ちから!さんの言われるように、スキーキャンプの成果もあり、総じてレベルアップとは行かないまでも、加齢に伴う低下は防げたと思いたいです。

「湧別」のコース整備、エードの雰囲気など、地元住民の関係者には頭が下がります。それだけに参加者が減少気味なのが残念です。
今年の「湧別」のトップ集団は、東大と一橋大の学生が2,3位に入り、学力テストの結果みたいでしたね?(笑)

私も、これからしばらくは山スキーで遊びます。道路に雪もなくなったので、4/16の「伊達ハーフ」に向けてぼちぼちランもと思っています。
今頃ですが (チューリップおばさん)
2017-03-09 18:27:02
 今、コメントしても、もう誰も読まないだろうな・・・ と思いつつ、一応書きます。
 ちから!さんとは昨年のこの欄で間接的にご挨拶していましたが、今年は実際にお会いできてうれしく思います。大変明るい方で、インタビューの良い映像ができました。
 その後は失敗した撮影も多いのですが、今回も沢山の皆様とお話が、できて、映っている方々にはなんとかDVD をお届けしたいものだと考えています。
 sakag さんのゴール後、出待ちのファンに囲まれるアイドルのような状況も、バッチリ撮れています。
 今シーズンの好調は、昨年3月のブログに載っていた「毎朝、筋トレなどしている」ことによる効果なのだろうと思っていた私ですが、違っていたようですね・・・ 
 また、今後のさらなるご活躍を期待しております。スキーシーズンお疲れさまでした。
チューリップおばさんへ (sakag)
2017-03-09 18:53:02
DVD作成編集、大変でしょうが、楽しみにしております。
ちから!さんは、常に明るく、私のような低レベルの年寄りに対しても、気持ち良く接してくれる素晴らしい方です。
家での筋トレも、サボりながらも前年よりは多くやっていましたので、少しは効果があっと思いたいです。

コメントを投稿

スキー・クロカン」カテゴリの最新記事