癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

3日目 〈高柳旅館〉~84屋島寺~83一宮寺~〈鬼無駅〉〈27.6km〉〈合計84.7km〉

2018年03月13日 | 登山・旅行
<高柳旅館>6:40~84屋島寺~83一宮寺~15:20〈JR鬼無駅〉 (8時間40分)

◎筋肉痛と風邪気味と疲れの三重苦の辛い1日 

 朝起きたら、風邪の症状は少しは楽になっていたが、筋肉痛がさらに酷くなっていた。やはり、1日目の急な登り下りと、昨日の女体山越えが思ったより堪えていたようだ。考えてみたら、スキーばかりで、夏山登山はいきなりだった。
 特に、屋島寺から下りて、高松市内の単調な国道や県道歩きは、疲れのピークになる午後3時以降の体調だった。15分おきに休んでいた。

◎今日も、急な山越えからスタート 

     
 宿を出たら、目の前にこれから越えなければならない標高284m の屋島の山が見える。地図を見たら、ほとんど直登である。

     
 この屋島の近辺は源平合戦の舞台で、いろいろな歴史的遺産が多い。

     
 辛い登りの足元にスミレの仲間がもう咲いていた。

     
 急な石段の道を喘ぎ喘ぎ登っていく。

     
 8:15、84番霊場屋島寺に到着。
 下りは、毎日登っているという地元の同年代の男性と話ながら歩いたが、下りは筋肉痛が辛かった。

     
 下りは大きくジグザクした広い表参道である。途中から、これから下りていく高松市街地が見えるが、霞んでいて瀬戸内海は見えなかった。

◎疲れと戦いながらの本当に辛かった、単調な市街地の国道や県道歩き 
 
     
 橋の欄干の那須与一のレリーフ越しに越えてきた屋島を眺める。

     
 市街地の単調な歩きのせいもあるかもしれないが、過去にこれほど辛い歩きは経験がないほどだった。15分も歩けば、どこかに腰を掛けて休むので、全然距離が稼げなかった。
 咳をすると、喉がいたいので、ドラッグストアを見つけて、喉スプレー買った。

     
 国道や県道歩きから解放されたら、家並みの小路の中の歩きとなる。
 そんな中に、電柱に貼られた、初めて目にした「逆打ち」のシールがあった。うれしい限りだ。

     
 こんな農道のような遍路道が非常に多かった。
 このような道は、遍路地図より、遍路道と現在地が表示されるへんろ道標が役にたった。
 途中でラーメン屋を見つけて、昼食タイム。休んだことと腹に物が入ったので、少しは元気がでた。

     
 もどかしいほどの時間を要して、13:00、83番霊場一宮寺に到着。
 この時点で、どこか近くに宿が取れたら、早めに切り上げるつもりだった。次の別格19番霊場香西寺まではとても頑張る元気はなかった。
 一宮寺から6kmほどのところに宿があったので、電話したら、今日は泊まれないとのこと。仕方ないので、その近くの鬼無駅から国分駅まで移動して、80番国分寺の前のえびす旅館を予約した。

     
 こんな家の間の小路のような道もある。これは、地図だけでは無理である。前回はちゃんとあるいたのだろうか?

     
 ときおり、このような古い道標石もある。

     
紅梅と白梅の揃い踏み

     
 15:20、鬼無駅到着。15:37の電車に乗り、16:00前には国分寺前のえびす旅館に到着。
 旅館で、お接待で洗濯をしてくれるという。ちょうどしなくてはと思っていたところなので、非常に助かった。

◎思いがけない訪問者、14年ぶりの再会 

     
 お風呂に入ろうと思ったら、宿の女将が「どなたか訪ねて来ていますよ」とのこと。この宿に泊まることは、誰にも知らせていない。
 ふと、「もしかしたら、前回もお寺で待っていてくださって、2日連続お会いした高松のたかさんかもしれない?」と思った。案の定、そうだった。しかも、注文して買っていただいた説著も持参しておられた。

 「歩くのが速いから、もしかしたら国分寺まで来ているのではないか」と思ったらしいが、今日はとても無理である。なんと言う勘の良さなのだろう。もしも、最初の宿が取れたら、会えなかった可能性が高い。

 こちらのブログ更新の時間にまで気を遣っていただいて、お接待のクオカードを置いて早めに帰っていかれた。

     
 えびすや旅館。宿泊代6800円。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2日目 〈民宿八十窪〉~87長... | トップ | 4日目 〈鬼無駅〉~別格19香... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気負わず (oriai)
2018-03-13 21:12:12
逆打は初日から4日目あたりまでが難易度高いと思います。
体調すぐれないなか、車道歩き疲れたことと思います。

白峰と根香をクリアーすれば、弥谷寺まで平坦かな?
いやいや、その前の出釈迦寺の奥の院を是非!

うるう年に逆打を始めて、えびすやさんで私も泊まりました。女将さんのパワーに目を丸くしました!
明日も晴れ (法起坊見習い)
2018-03-13 23:47:48
別格19香西寺から82番根香寺の間は登り道ですが
穏やかな美しい瀬戸の海が望めます
ゆっくり歩いて下さい。
oriaiさんへ (sakag )
2018-03-14 05:38:39
山歩きは好きなはずなのですが、筋肉痛が消えると、快調に歩けると思います。
それまでは、自重しながら歩きます。
法起坊見習さんへ (sakag )
2018-03-14 05:40:49
昨日は霞んで瀬戸内海は見えませんでしたが、今日は見えるかな?
体調が戻るまで、ゆっくりのんびり歩きます。

コメントを投稿

登山・旅行」カテゴリの最新記事