癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

五稜郭公園堀のヒツジグサ(スイレン)ほか

2018年06月20日 | 花・紅葉だより

五稜郭公園裏門橋下のヒツジグサ(スイレン)

 春からサクラ、フジ、ツツジと楽しませてくれた五稜郭公園は、今は堀に咲くヒツジグサ(スイレン)が見頃を迎えている。

 未(ひつじ)の刻(午後2時ごろ)花を開くと考えられていた為、ヒツジグサの名があるが、実際には午前中から夕方まで咲いている。スイレンの名も眠るハス(睡蓮)の意味で名付けられた名前であるが、由来ははっきりしないようだ。 


白い花(これは日本古来の品種らしい)


赤い花(明治時代以降に輸入された外来種らしい)


橋の上から良く見ていると、コイとカメが泳いでいた。


カメのズーム。このほかに2匹目にした。

※ハスの花との違い
 スイレン(睡蓮)は水面で花が咲くが、ハス(蓮)は丈夫な茎で水面よりかなり上で花を付ける。ちなみに、レンコン(蓮根)はハスの地下茎。

ハス(蓮)の花


◎高速ウォーキング7km
 五稜郭公園へ行ったのは、ウォーキングのためである。3日連続の山のあと2日間休んだので、函館マラソンの練習の一環として、今日は高速ウォーキングをにトライ。
 ウォーキングでどのくらいの速さで歩けるか計測したことがないので、7kmを歩き、1kmごとのラップを試しに測ってみた。
 ①9'37 ②9'48 ③9'52 ④9'13 ⑤8'48 ⑥9'07 ⑦9'13 
 後半ペースを上げたら、9分前後で歩けることが分かった。
 トータルで、1時間05分39秒 平均ラップ9分23秒。結構汗を掻く運動量だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ラッピング車両“道南 海の恵み” | トップ | 函館マラソンまであと10日~1... »

コメントを投稿

花・紅葉だより」カテゴリの最新記事