お薬通信・薬局日記

サカエ薬局

青森県新型コロナウイルス感染症感染拡大傾向時の 一般無料検査事業に参加しています。

2022-02-06 21:47:34 | 日記

青森県の感染拡大傾向時の一般無料検査事業は、感染不安を感じる無症状の青森県民に対して、PCR、抗原定性検査を無料で実施する事業です。

今回、サカエ薬局から、青森市内のサカエ薬局県病前、板柳町のサカエ薬局板病前、八戸市内のサカエ薬局田面木の3薬局が事業に参加しました。抗原定性検査を行っています。

そのなかで、板柳町では事業参加がたった一つとなった、サカエ薬局板病前の奮闘記を、管理薬剤師の西澤稚子さんにインタビューする形で、ご紹介いたします。   

     

Q1.なぜ事業に参加しましたか?

A1. 弘前保健所管内は新型コロナウイルス感染が急拡大しており不安な気持ちで過ごしている方が多いと聞き、地域の薬剤師として、不安な気持ちで過ごしている方が少しでも安心できるようにとの想いからこの事業に参加することを決めました。

 

Q2.無料検査をはじめた当初の状況はいかがでしたか?

A2. 事業に参加する前から、板柳町周辺で事業に参加している事業者が少ないことは聞いていましたが、初日は20名の方が検査を受けました。実施マニュアル、電話対応のフローチャートを作成し、実際に受検者の方の受け入れをしながら動線の確認をしました。

保育施設や小学校が休園・休校になっていることもあり、ご家族で受検される方が多かったです。

 

Q3.受検された方の感想はいかがでしたか?

A3. ドライブスルー方式での受検だったので、小さなお子さんがいる方は車に乗ったまま検査ができるのでとても良かったとの声をいただきました。

                                      

 

Q4.どんな点がたいへんでしたか?また工夫した点はありましたか?

A4. 受付を行い、動画を見てもらい、その後実際のキットをお渡しする時にポイントを説明し実際に検査をしてもらいました。駐車場に停めた車から降りて窓口に歩いてくる方もいて、簡潔に検査の内容や手順を説明することの難しさを実感しました。

検査不良になった方がいなかったことが良かったです。

 

最後に、地域の方へひとことどうぞ!

電話予約の際や検査結果を待っている間に、検査を受けた訳を話される方が多く、濃厚接触者の家族や、職場に濃厚接触者がいたから等、不安な気持ちで過ごしている方がすごく多いとあらためて思いました。今回は無料検査事業に参加するという形でしたが、これからも地域住民のためになることは積極的に参加していきたいと思います。

                 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 12月 お薬通信 「薬物療法... | トップ | 新型コロナウイルス感染確認... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事