栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

天井埋込型のエアコンを入替

2019年06月25日 19時43分29秒 | はじめての方へ
天井に埋め込まれたエアコンの事を通称天カセと呼ばれています。

吹き出す方向や数によって一方向、2方向、4方向とあります。

今回2方向の天カセエアコンを交換しました。 


既設のエアコンを調べる事から始まります。 
能力、配管のサイズ、天井裏の様子、ドレン配管の状況、室外機の置き場所。
そんなところを事前に調査をします。 

一般の家電のように、カタログ見てコレちょうだい!とはいきません。 

一件一件仕様が違うのです。 

商品は既製品ですが、施工はオーダーメイドなのです。

事前に調査した結果、今回は既存機種の後継モデルにすることにしました。 
この方が、天井の開口寸法が同じだからです。 

サイズが合わないと、拡張パネルを使ったり、オプションが増えてしまいます。 


既存のエアコンを外しました。このように天井裏に配管や電線があります。 

既存の配管を流用することになります。ただし、昔の仕様と今の仕様は使う冷媒ガスも違うし、配管サイズも違います。 昔は配管内の洗浄をしましたが今は不要なので、今の配管サイズに合わせる継手を使い配管を合わせました。


天カセエアコンは本体とパネルが別々なのが普通です。 
天井に合わせた色があるからです。 

飲食店などは特に気にします。 
今回は無難な白にしました。



天井裏の接続作業なので、少々狭いところでの作業となります。 
腕に切り傷つけながら施工。 
完了しました。

実はこの案件、2ヶ月くらい前にご依頼。ちょうどメーカーのモデルチェンジや暑さもまだ序盤という事で、お待ちいただきました。

夏本番前に終わってよかった。 

ご依頼ありがとうございました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 送り付け商法を寛大に受け止める | トップ | 危険だけど安全に留意して工... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はじめての方へ」カテゴリの最新記事