栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

江東区亀戸、浴室暖房換気扇の交換、TOTOから三菱へ

2018年05月14日 19時11分29秒 | 商品案内
江東区亀戸のお客様より、浴室暖房換気扇の交換依頼のご相談を受けました。 

特に不具合が見当たりません。 

何が?不満なのか? 

その辺をお聞きしたところ、古くなった事と、フィルターの掃除がやりにくいという事でした。 

そこで、今回は同じメーカーのTOTOではなく、三菱電機製の浴室暖房換気扇への交換にしました。 

三菱電機の浴室暖房換気扇は、比較的フィルターの掃除がしやすいように出来ています。 


まずは古い浴室暖房換気扇を外します。



外しました。開口寸法は若干三菱の方が大きいのですが、誤差の範囲で収まる予想でしたが。。。 



取り付け枠を開口部にあてがってみると。



あらら。。。



ホンの2mm開口寸法が小さい。 これだと少し大きくしなければなりません。 

もう少し寸法が違うなら切るという手段で大きくしますが、今回は2mmという寸法です。 

この場合は削るという手段にしました。 


この作業の違いは使う道具が違うのです。 

大根を切るのは包丁で、大根をスルのは大根おろしを使うでしょ。 

木を切るのがノコギリで、削るのはカンナでしょ。 

今回もそんな感じで道具は削る道具を使いました。(サンダーという道具だけど、一般の人は分からないよネ)


この作業は、粉塵が出るので作業は相棒の高橋に任せ(ズルいね)

私はリモコンの交換作業にかかりました。



古いリモコンの通信線を利用して、新しい通信線を引き直しをしました。 



リモコンを取り付け、本体も無事収まり。

完成しました。



親指のテープはお約束の指を切ってしまいました。 即席でマスキングテープを巻いて止血。

スチールのダクトは角が鋭利でいつも最初は気を付けていますが、作業に夢中になっていつの間にか手袋をを外してしまい、ご覧のアリサマです。 

この業界に入って25年近くなりますが、全く進化しません。 

痛い思いをしないと・・よく言いますが、何回も痛い思いをしています。 

もう、どうしょうも無いね。

もし、私の指先にテープが巻いてあったら、またやりやがってと笑ってくださいませ。 

もしかしたら痛い思いより、笑われた方が改心するかも。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« エアコンクリーニングの考え... | トップ | 亀戸3丁目深型レンジフード... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

商品案内」カテゴリの最新記事