あのコルトを狙え

TOKYO2020 子供たちに負債を(笑)

国吉駅まつり 行ってきました。

2019-05-15 20:50:11 | Weblog
4月28日
いすみ鉄道の国吉駅 春の鉄道祭りに行ってきました。
ゴールデンウィーク初日で東京湾フェリーも大盛況で初便06:20発も満車。
船内も見た事が無い程の乗客で溢れていました。
普段からこうなら存続の件も安心なのですが。
やっぱり東京湾フェリーは乗るだけで楽しいです。アクアラインは安いけど楽しさはあまり無い。

夏になれば納涼船も始まります。

さて、国吉駅にはボランティアスタッフさん達がボンネットバスをぽっぽの丘まで運行されていました。


まずは駅前の出店で「たこ飯」とトン汁を買い腹ごしらえ。

(140コロナさん撮影)国吉駅の旅館の方々が作っています。

で、スタッフでも無い私は何をするかというと
ただ周辺を走るだけ(汗)
周りから見れば古い車が走っているだけで楽しいかと思うので。スタッフをまとめるまにまにカレチさんもそれでいいって言ってくれたし。

今回は私の他に旧車は見かけませんでした。

ボンネットバスは3台あり他の2台は国吉駅周辺を走る周遊コース。

私は乗らなかったが同行してくれた140コロナタクシーさんが乗り写真を撮ってきてくれた。
ちょうどキハが通る時間でタイミングを合わせてくれたようです。







(140コロナさん撮影)

ぽっぽの丘に向かうバスに追走しようとしたのだが見事に見失う(涙)

普段は駅からぽっぽの丘まで行くにはタクシーかレンタル自転車を使うしかないのだが
今日は無料のバスが出る。しかも普段は乗れないボンネットバス。

コルトでぽっぽの丘に行ったら特別に入り口近くに置いてくれた。

バスが国吉駅へと発車し後を追尾しようとしたが
沿道にはバスを撮影しようとしている人たちがいた。

走るバスを撮影しようとした方々からは邪魔になるのでは、と申し訳なく思ったが
140コロナタクシーさんから
「バスの後ろにプリウスが付くよりはいいでしょ」
と言われ気が楽になった。

キハ52のタラコ色は近々塗り替えられます。


イベントも終わりバスが並べられたが
運転手さんはやっと弁当にありつけたようです。
前日から準備や休み無く運転していたので
頭が下がります。


鉄道をなんとか存続させようと
いすみ鉄道応援団、ボランティアの手で開いた今回のイベント。
本来なら商工会議所とかがやるのではと思うけど
。見ていると行政のバックアップは無さそうでした。
と言って私も何もしない。

イベントスタッフの皆さんありがとうございます。行って良かったです。

帰りのフェリーボートも満車で臨時便が出るほどの盛況でした。


詰め込んでいます

この日のコルトの走行距離は270キロ。快調に走ってくれました。


国吉駅でポップコーンを買って帰宅後に
父の仏壇にお供えしました。
コメント (4)