教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

Iさんの新作日本画(019)

2019年08月23日 | 教室風景

Iさんは初めて絹に描かれました。


「華菊」 日本画 色紙大

赤紫色の艶やかな管菊が花開き始めています。絹の裏から金箔を
おした背景はほのかに輝き晴れ晴れとした秋の日を思わせます。
重なる葉はぼかして広がりを感じさせ軽やかな作品となりました。

近づいてみました。

初めて取り組む絹本に戸惑いながらも今までの箔押しの経験が
いかされ美しい仕上がりとなりました。刺繍を施した手作りの
軸もぴったり。活力に溢れたIさんらしい華やぎのあるお花です。

好奇心旺盛なIさんの作品はどれも力強く彩り豊かなのです。
過去の作品はHP「上郷森の家絵画教室及川みほクラス」内の
作品集のなかのIさんのページに掲載されています。
ぜひこちらもご覧ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« 8月四回目の教室 母蝶舞う森 | トップ | 8月最後の教室 小雨降る森 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事