教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

Aさんの日本画完成

2012年10月30日 | 教室風景

Aさんは心を動かされた石仏との出会いを描かれました。



「 忘 却 」    日本画   P10

地域が廃れてしまい人影のなくなった街道のひとすみに
ひっそりと佇む石仏。寂しい風景のなか、常に変わらない
穏やかなお顔は仄かに輝くようにさえ見え、心のうるおいを
失いつつある人間たちを優しく見守ってくれているかのようです。

近づいてみました。



慈愛に満ちた心にしみいる表情はもちろんのこと
今はおとなう人もないことを如実に語る、表面を覆う
さまざまな苔までも粘り強く描ききり命をふきこみました。
厚い岩絵の具の層はうごめくような生気に満ちて
寒色を中心に使いながらもあたたかさを感じる作品です。

今作は「森の家絵画教室なかま展」(上郷森の家・本館ロビー
にて、来月10日午前11時~20日まで)に出品される予定です☆
過去の作品はHP「上郷の森日本画教室」内の“作品集”の中の
Aさんのページに掲載されています。ぜひこちらもご覧ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« 黄色い花園 | トップ | 秋の樹海をあじわう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事