教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

7月二回目の教室 リスアカネあらわる

2019年07月09日 | 教室風景

朝のうちは気温が低く爽やかな風が吹いていました。


くさむらのなかでくつろぐタマさん。
猫は居心地のよい場所を知っていますね。

7月2回目の教室日は肌寒かった前日とは違い過ごしやすい陽気でした。


梅雨時はどうしても乾き待ちの時間が増えます。
そんなときはお仲間の制作風景を見学し刺激を受けつつ気分転換。


午後にIさんが完成させた日本画作品を撮影することができました。
順次ご紹介してまいりますのでお楽しみに☆

歩くと少し汗ばむくらい。今年の梅雨は気温が低く感じられます。


緑のトンネルをぬけると濃厚な草の香りがしました。

いつもと違う道をゆくと


たくさんの花をつけたヤマユリの株がありました。
今年初めて、やっと撮影できた。。

満足して歩きだすと目の前をカラスアゲハのオスが横切りました。
目で追うと、さっき撮影したヤマユリで蜜を吸いだしました。

それ走れっ!


必死に、でもぱたぱたと歩くよりもやや速いスピードで戻り
2枚撮影したところでカラスアゲハは飛び去ってしまいがっくり。
なかなか会えないカラスアゲハ、しっかり見たかったな~。


慰めるようにひらりと舞い降りてきてくれたウラナミアカシジミ。
もうそろそろ見納めの時期です。


池の近くにリスアカネが3匹等間隔でとまっていました。
あんなにいたクロスジギンヤンマはどこに。

緑の勢いは少しずつ増して確実に季節は動いています。
真夏の青空が見られるのももうすぐですね。


コメント   この記事についてブログを書く
« 青紫色にかがやくチョウ | トップ | Yさんの新作水彩画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事