教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

トラツグミでなくソウシチョウに会う

2017年01月23日 | 生き物

晴れた休日。あの池にカエルは来ているだろうか?
確かめたくて遠くの公園に行ってみました。


10ヶ月ぶりでしょうか。小さな池はまだ静かでした。
産卵に訪れるアズマヒキガエルとヤマアカガエルを見るために毎年
来ていますがこの5年でだいぶ変わってしまいました。
どんどん木を切り落葉を吹き寄せ大きな池を埋め立て広場にし
見られるカエルと卵塊は激減しました。


人がほとんどいない鬱蒼とした森は明るくなり、親子連れが増えました。

見られる鳥も減りました。向こうの方まで見通せるので小鳥たちにとっては
過ごしにくいのかもしれません。
それでもここではトラツグミやルリビタキやモズやアオゲラに会ったことが
あるので期待は膨らみます。


ん?メジロに混ざって少しカラフルな鳥がいる!
小さな群れで移動しているようです。


ソウシチョウでした。
ソウシチョウは帰化鳥で本来中国南部、ベトナム北部、ヒマラヤ西部など
にいるはずの鳥。特定外来生物に指定されているそうです。
見ていると日の当たらない地面で枯葉をひっくり返していることが多く
ガビチョウに似ているなと思いました。さえずりも美しいし。。 


古い木が多く今まであまり手入れをされていなかった公園なので
住みやすいのかな。でもここ数年、大がかりな伐採がおこなわれ環境が
変わっているはず。面積は変わらないのに狭くなった感じがします。


こんなにスカスカじゃトラツグミの隠れる場所がないね。。


この森のクヌギ林はフユシャクが期待できるところなのですが、人工的に
落葉が吹き寄せられており森奥深くでちらっと飛んでいるのが見えたのみ。
つまらないな~と見上げた樹皮にヨコヅナサシガメの幼虫の集団越冬隊が。

未だ工事中のつぶした池を見ると胸が痛くなるのでそちらを見ないように
歩いていたらあっという間に回れてしまいました。
次回はあたたかい雨の日に来ようと決めてすっかり賑やかになった
公園をあとにしました。
 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 冬の水鳥たち☆陸に上がったバン | トップ | 猫の集会所にある枯葉の山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にゃんけろりん)
2017-01-23 22:47:26
去年のカエル上陸、すごくたくさん居るんだ!と思ったけど、あれでも減ってる方なんだ(ノД`)

絶滅を危惧するのも、絶滅に追いやってるのも、同じ人間なのが、なんとももどかしい。。。

でも、減ってるとは言え、こうやって観たことのない景色や動物を、おいちゃみさんが見せてくれるのが、とても大切で欠かせない今日この頃です(*´▽`*)
Unknown (おいちゃみ)
2017-01-23 23:55:40
埋め立てられた大きな池の方に多くのヒキガエルが集まってカワセミなどもいたのですが。
去年はカエルも卵塊も全く少なかった・・とくにヤマアカガエルは壊滅状態です。

カラカラに乾いているように見える森のどこかにアゴをヒコヒコさせているカエルが潜んでいるとは。
りんさんのおかげで楽しい想像ができます♪
今週末あたり、あたたかい雨が降ったら確かめに行こうと思っています。会えたらご報告しますね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事