教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

ベニシジミでにぎわう

2013年06月25日 | 生き物

横浜自然観察の森で朝歩いていると



この猫によく会います。
凛とした表情は立派な野良の証?
小雨をものともせずに静かに佇んでいました。

少し雨が上がったと思ったら



キチョウ母さんが産卵を始めました。

その葉を見てみると



クリーム色の紡錘形卵がひとつ。
とても小さなものでした。



丈高い草に埋もれるように咲くネジバナには
ベニシジミ。ツバメシジミも来ていたのですが
傘をあっちこっちやっている間にシャッターチャンスを
逃してしまいました。

今年はこんなに見たことがないというほど
何処を見てもベニシジミ、ベニシジミ。



梅雨時の今はちょうど恋の季節のようで



このような光景があちこちで見られました。
つぶらな瞳が可愛らしいですね♪

ベニシジミ大発生の年なのか、私が今まで
この時期のベニシジミを気にしていなかったのか
わかりませんが・・とにかく数が多く感じられます。

あれっ、不自然な形。



と思ったらこのベニシジミはササグモに襲われていました。

子孫を残して、違う生き物の糧となる。
野原の小さな世界にたくさんのドラマがありました。

コメント   この記事についてブログを書く
« トンボ羽化途中 | トップ | 梅雨時のクモたち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事