教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

8月三回目の教室 変わらぬ暑さ

2019年08月10日 | 教室風景

雲ひとつない青空が爽快です。


立秋を過ぎてどうかなと思ったけれど夏は健在☆

8月三回目の教室日でした。

作品展間近、いつも通り集中し熱心に出品作に取り組む皆さん。
描きながら自分と対話しいつの間にか無心になれる。よい時間ですね。


午前中、Oさん、Iさんがそれぞれ日本画作品を完成させました。
順次ご紹介してまいりますのでお楽しみに☆

お昼休み、木陰を選びながらいつもとは違う道をゆくと


大きな黒いアゲハがふわり。
黒いアゲハといえばクロアゲハ、モンキアゲハ、オナガアゲハ、
ジャコウアゲハ、ナガサキアゲハ、他にもいますが尾状突起の形から
クロアゲハかモンキアゲハどちらかで迷いました。
飛んだ時、後翅に白い紋がないように見えたのでクロアゲハに決定。

クヌギのある所に行くと

久しぶりのルリタテハ!


ルリモンハナバチも。
瑠璃、が名前につく生き物はどれも美しいですね。


ほの暗いところで数が増えているのはリスアカネ


遠くでよく写せなかったのですがおそらくヤブヤンマ
湿った土手に一生懸命産卵していました。


コオニヤンマ、かな。
オニヤンマ並みに大きいサナエトンボの仲間。
水辺の低いところを飛びながら縄張りをパトロールしているようでした。

トンボの池まで行きたいけれど体がついてこず。。
気合いだけでは距離がかせげません。




コメント   この記事についてブログを書く
« 夏の花と久しぶりのカブトムシ | トップ | Uさんの新作水彩画2点(081/0... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事