教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

I さんの新作日本画

2012年11月25日 | 教室風景

I さんは気迫みなぎる一瞬をとらえました。



「ウイニングショットの瞬間(とき)」   日本画   F10

長身のテニス選手が腕をいっぱいに伸ばしてぎりぎりの
ボールをとらえています。服の上からもわかる鍛え上げられた
体幹の筋肉の表現はデッサンの段階から追い続けたところ。
一瞬をとらえながらもスピード感のある、力強い作品です。

近づいてみました。



背景から人物の筋肉、衣装まで全てタッチと厚みを変えたことで
質感の違いがよく表現されています。深みのある背景の表情が
画面全体に動きをあたえ、丹念に重ねた岩絵の具の艶やかで
美しい発色とともに、この作品の魅力のひとつとなっています。

Iさんの近作は、光と影を大きなテーマにしたものから
人物から発散される力強いエネルギーに注目したものへと
変化しているように感じます。次作も楽しみです☆
過去の作品はHP「上郷の森 日本画教室」内の“作品集”の中の
Iさんのページに掲載されています。ぜひこちらもご覧ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« 緑残る森の生き物たち | トップ | ご近所の彩り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事