教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

食虫植物展

2010年08月28日 | 教室風景
藤沢市の長久保公園では
「食虫植物展」が催されていました。
炎天下公園内を歩き回ってクタクタだったにもかかわらず
あやしいもの好きの家族は展示を楽しんでいました。
なんといっても食虫植物!魅力的です。



気に入ったものしか撮らない母が
一枚だけとった食虫植物のウツボカズラ。
こんな大株が家にあったら
市販のコバエを集めるゼリーなんて用無しですね♪



この植物もウツボカズラと同じく落とし穴方式だそうです。



ハエトリグサもみているとワクワクします。



矢印の2箇所に短い間隔で虫が触れないと
葉は閉じないということですが、いたずらに
閉じさせるとエネルギーを使ってしまって
株全体が消耗し枯死してしまうこともあるそうです。

モウセンゴケも外せませんね♪



この植物はナガハノイシモチソウ



接写の鬼(姉)がリコーCX-1の
マクロ機能を駆使して、粘着物質のキラキラを
執拗に撮影していました。



きれいです~♪
虫を捕らえて丸まったところも見てみたいものです。



展示の自生地MAPを見てびっくりしました!
食虫植物というと、人も来ないようなジャングルに
ひっそり生息するというイメージを持っていたのですが
日本にもたくさん自生しているのですね。
国の天然記念物「成東・東金 食虫植物群落」は
案外近くにあるではありませんか♪
これはぜひとも行かなければなりません。

この「食虫植物展」は8月31日までです。
コメント   この記事についてブログを書く
« ナスはナスでも | トップ | ヨコスカの海と空(その二) »
最近の画像もっと見る

教室風景」カテゴリの最新記事